平成の薩長土肥連合なるものにもの申す

ある本を読んで、その冒頭に書かれていた文字にただただ唖然とした。昨年3月頃、もう1年も前から、とんでもないイベント企画が進んでいたと言うことを知って。

 

イベントの名は『平成の薩長土肥連合』、明治維新150年(2018年)の記念イベントとして展開されているのだが、もちろんただの観光キャンペーンだから目くじらを立てることもないと通り過ぎてもいいのだが、なんでこんなタイトルなのだと引っかかってしまった。

 

薩長土肥、歴史に疎い人には分からぬかも知れないが、幕末に「雄藩」と呼ばれた4つの藩、すなわち薩摩藩、長州(正確には周防・長門)藩、土佐藩、肥前藩のことだ。この4藩が結束して「明治維新」を実現したのだと歴史には記してある。

 

歴史を正しく学ばなければならない、日本人として「国」を知るためには歴史を学ぶことだと、私も強く思っている。今の日本(人)に足りないものの一つが、歴史教育であるとも。

 

しかし繰り返すが、それは本当の正しい歴史すなわち真実でなければならない。正しい歴史とは何だ、我々はハッキリと問い直さねばならないはずだ。少なくとも一方からだけの観点から書かれた歴史は、正しい歴史とはいえまい。それは中韓を見れば明らかだ。

 

戦後教育が間違っていると叫ぶ人たちはたくさんいるが、実は日本の教育の誤りは「明治維新」とやらから始まっていると言っていい。というよりは、明治維新のとらえ方に問題があるのだ。

 

歴史は為政者の都合によっていかようにでも書かれ、書き換えられる。それを地でいってPhoto いるのが明治初年以降の日本の教育だ。それは薩長土肥、とりわけ長州に非常に都合よく作られ、語られ、教えられてきた。

 

しかし長州の「志士」たちは幕末に何をやったか、暗殺というテロ活動、シンパの公家を利用して作らせた偽勅の数々、あろうことか禁門の変では御所に大砲を撃ち込んで、孝明天皇から明確に「朝敵」とされたではないか。

 

やがて朝敵については「公式」には取り消されたが、実権を握って強引に行ったに過ぎない。そして偽の錦旗を作り、「官軍」と自称して、本来なら江戸城開城で戊辰戦争は終わっているのに、東北へ進軍し、そして越後で、会津で、庄内などで何をやったのか。

 

会津攻めなど、朝敵にさせられた過去の恨みを晴らすだけの戦いに過ぎなかった、という思いが東北人には根強い。会津若松市も、長岡市も、よくは知らないが「明治維新150年」を心から祝う気持ちにはなれないのではないか。

 

幕末の歴史を双方の記録から公平に眺め、きちっと追いかけていけば、「維新」などという名前は恥ずかしくて付けられまい。西郷がなにをやったか、大久保は、木戸は、岩倉は、伊藤は? 三井の大番頭とまであだ名(そう呼んだのは西郷だ)された井上(馨)はどうだ。

 
そんな中での『平成の薩長土肥連合』イベントだ。関連4県の知事が連携協定を作って、このイベントを活用した観光推進をやっているという。それに、時の総理大臣殿がしゃしゃり出て活性化を煽っている(未確認情報だが)とも。

 
その総理大臣は長州の出身、長州人としては9人目の総理大臣だ。越後は田中角栄という傑物を総理大臣として出したが、会津は一人も総理を出していない。なぜか、人物がいなかったわけではない。戦前は薩長土肥、とりわけ長州閥が押さえつけてきたからだ。

 
なのに、『平成の薩長土肥連合』なる恥知らずな名称をつけてはしゃいでいる。越後や、会津や、東北人の心を慮ったら、こんな名前は付けられないはずだ。

 
恥知らずめ!

窮鼠猫をかまして見せたら面白かろうぜ

2つの「豊」によって、世の中が放浪されている。一つは「豊」洲で、もう一つは「豊」中である。前者の方は来週、都議会の100条委員会が開かれるので、少し動きがありそうな感じもするが、くれぐれも選挙前のパフォーマンスにならぬように願いたい。

 

後者の方は、ますます混乱が広がっていくようで、真実が今一つ見えてこない。当事者どもが自己保全に走って、本当のところを胡麻化しているからだろう。昨日、小学校の認可申請を取り下げ、学園理事長も辞任と伝えられたが、、、

 

この当事者たちが本当のことをしゃべっているのかどうか不明の上に、言い逃れ的に、早い話が責任が自分にはなくて他者にあるという話し方なので、歯車が噛み合うわけもないか。

 

国の官僚どもは、いわゆる官僚的発言というのかどうかは知らぬが、のらりくらりと真実のポイントをうまく避けながら、それでいて決して自分の不利にならぬように、肝心なところはボカシてしまっている。

 

そして、最も真実を知っているはずであろう学園の前理事長(夫妻)は、嘘が多くて「オオカミ少年」化しているので、果たして何が真実なのかのつかみようがない。

 

それをまた取材能力に乏しいマスコミどもが、面白おかしいところだけをピックアップして語Photo り合うものだから、さっぱり本質のところに話が届かない。不可思議さが日々倍加していくだけで、全くらちが明かない。

 

こうなれば、前理事長オッサンが国会に参考人で出てきて、たっぷり時間を上げるから何でも言いたいことを言え、とやった方がいいと思えるのだが、政権政党は拒否姿勢だ。なんで逃げるか!?

 

逃げるとは言っていないのだろうが、要するに国会の場で「爆弾」を投げつけられないかとビクビクしているのだろう。どうみてもそうとしか思えない。野党も野党で切り込む情報を持っていないから、それ以上どうしようもない。

 

そこでアベの「切れた(ように見せている)」パフォーマンスに振り回され、せいぜい「なんでむきになっているのか」と切り返しにもならない言葉を吐くだけ。

 

そうだよ、オッサンに「1時間やるから何でもしゃべれよ」と言えばいいのだ。国会の場でなくてもいい、TV局はどうせつまらん番組を並べているのだから、「特別ゲスト」に呼んで独演会をやらせばいい。

 

何が出てくるかワクワクしないか。窮鼠猫を噛むってこともあろよなぁ。まさか、それを恐れているのか? アベや政権与党は。隠すからややこしいんだよ。コウノイケのオッサンも、役者としては大根だったなぁ。

 

もう、ええ加減にせえや。

とてつもなく「頭の悪い」連中が決めた!?

先月の24日、最初のプレミアムフライデーが実施されましたが、皆さんの会社ではどうされたでしょうか。テレビ報道などでは、ちょっとはしゃいでいたようですが。

 

実際に個人消費が伸びたのかどうかはわかりませんが、いくらか恩恵を受けたお店などもあったようですね。とはいえ、それは『純増』だったんでしょうかねぇ。

 

遠征中の私は、その日だけ朝から休暇日にしていましたが、例えば15時過ぎのローカル電車に勤め帰りの人たちが多かったという感じはしませんでした。

 

夕方乗り込んだフェリーには、ゴルフや観光帰りと思われる人たちが乗り込んできましたが、この人たちは明らかに私と同様、朝からお休みだったのでしょう。

 

サービス業の会社では、お店もそうですが、全員が15時で退社というわけにはもちろんいPhoto かなかったでしょう。普通の会社でも、全員は無理、ということが多かったのでは。

 

では、15時で退社できた人と、提示まで仕事をしていた人との給料は違いが出るのでしょうか。15時退社の人は2時間分給与カット、、、なんてことはなかったでしょうね。

 

でも「不公平だ!」ってことにはならないのでしょうか。15時以降働くと割増賃金とすると、企業負担が増えますからとんでもないってことになりますかね。

 

いずれにしても、経営者トップ連中と国とが結託して「いい加減に」決めたもので、別に守る必要もないわけですが。それでも、「できる」会社がいい会社で、「できない」会社は悪い会社だなんて評価が生まれるのはどうかな。

 

ところで、次回の実施日は3月31日です。多くの会社が年度末でしょう、金融機関のみならず、実施できる会社や店がどれだけあるのでしょう。

 

ちなみにその次が4月の28日、ゴールデンウィーク突入の前日です。プレミアムフライデーを決めた連中は、それも分かっていてきめたのでしょうか?

 

となると、とてつもなく「頭の悪い」連中だなと思いませんか。

プレミアム・フライデーまで秒読みだぁ

いよいよ、明後日が始めてやってくる例の日です。

 

プレミアム・フライデー、月末の(最終)金曜日に定時より早めに退社し、買い物や旅行を楽しんでもらい、結果として個人消費を増やそうという試み。

 

今月24日がその最初だが、企業側の対応もどうもまちまちな様に思える。というより、戸惑っているといったところか。どうもな

 

その狙いはというと、こうである。

 

個人が幸せや楽しさを感じられる体験(買物や家族との外食、観光等)や、そのための時間の創出を促すことで、

 

 (1) 充実感・満足感を実感できる生活スタイルの変革への機会になる
 (2) 地域等のコミュニティ機能強化や一体感の醸成につながる
 (3)(単なる安売りではなく)デフレ的傾向を変えていくきっかけとなる

 
どうもなぁというのが、私の正直な感想だ。確かにプラスの影響もあるだろうが、それって広がりを持つとは思えないんだなぁ。
Photo
 
今回の第1回目は、何となく最初だからというので少し盛り上がるのかもしれないけれど、3月4月となっていくと、どうなんだろうか。

 
びっくりするほどの個人消費アップは、とてもないんじゃないか。

 
尻すぼみにならないことを祈ってはいるけれど。

メール案内の暴力はこりごりだよね

メール案内やメルマガが毎日いくつも届く。真面目に数えたことはないのだが、おそらく100通近く着信していると思われる。

 

PCの方ではメール設定を頻繁に更新しながら、見たくもないものは「迷惑メール」に振り替えてしまっているが、タイトルだけ見て中身を見ないものはなお20通以上ある。時には見たい情報も送ってくるので、入り口でオミットできない。

 

ネット注文したり、宿泊のネット予約などをした際に、ご案内を送りますがいいですか?とのメッセージが出ていたりするが、気を付けていれば『要らない』をチェックするのだが、つい忘れてスルーしてしまうこともある。

 

でもほとんどの場合は、送られてくるメールにたいてい「配信停止」の案内がある。それをクリックして、二度と届かないようにもできるので困ることは少ない。

 
携帯電話やスマホの方にも、PCよりははるかに数が少ないが、それでも毎日いくつかのメPhoto ール案内が入ってくる。スマホはPCとリンクしているので問題はない、困っているのは携帯電話だ。

 
ざっと5社のメールが入ってくる。その内4社は一応必要メールと意識しているので良いが、残り一つは読む気も起らないので配信停止したいと思っていた。

 
それは日本で一番売上高の大きい、某家電量販店だ。ありていにいえばヤマダ電機だ。長岡在住時代から長い付き合い(ざっと25年以上)で、けっこうよいお付き合いをしてきたと思っている。

 
ところが昨年からいろんな問題が発生した。ポイント会員なのだが、使っている携帯でポイントが使えなくなった。さらに携帯変更しても、状況が変わらなかった。

 
さりながら、案内メールだけは毎日数通届けられるので煩わしい。ポイントが使えない(貯まるだけは貯まるのだが)ならヤマダで購入する必要性は少ないし、案内も不要だ。

 
そこで配信停止をしようとした。ちゃんと停止への案内もあるし、すぐにできるのだろうとクリックしてみた。ところがこれが、サッと簡単にできた、とはいかないのだ。何だか訳の分からぬサイトに誘われる。

 
実はこれを数回繰り返して頭にきた。当然、その間の通信費用は私持ちだからだ。停止できればまだしも、結局「分からない」でそのままだ。

 
こうなったら力づくだ、と友人たちにも意見を求めたが、意外とたくさんの仲間が同じように困っていることが分かった(ヤマダだけではないが)。

 
最終的には、携帯での「メール拒否」設定をした。一両日メールが届かなければ、成功したということになるだろう。

 
いずれにしても、同じようなことで腹を立てている人も多いのではないか。若い人なら何でもないことでも、高齢者やネット音痴には困っている人が多いだろう。

 
お客様のことなど、大して考えてはいないんだなということだけがハッキリ分かった。

恵方巻は伝統的行事ではない?

昨日は立春、暦の上では春ですが北国の春はまだまだ先のようです。それでも、青空の雰囲気は気のせいか柔らかになったようにも感じます。

 

その1日前、つまり一昨日が「季節を分ける」節分でした。節分は本来各季節にあるわけですが、昨今は初春前だけがクローズアップされて、節分と言えばこの日という感じにいるようです。

 

で、節分と言えば豆まきと恵方巻に代表されます。豆まきは古代中国から伝わったそうですが、平安時代頃から一般的になってきたようです。かつては弓矢で邪気をはらっていたのですが、いつしか大豆を蒔くようになったとか。

 

鬼というのは邪気の象徴であり、大豆は「生命(力)」の象徴らしいですね。しかも炒り豆に限りますが、これは生豆だと拾い忘れた時に芽が出てくるのは縁起が悪いのだそうです。

 

豆まきはこのように古代日本で行われてきた伝統行事ですが、もう一つの恵方巻の方はPhoto ハッキリしません。諸説ありますが、関西方面から始まったことは間違いないようです。

 

しかしいつ頃始まったのか、どこから始まったのか、どうもはっきりしません。ちなみに私は大阪生まれの大阪育ちですが、大学卒業の頃まで恵方巻を知りませんでした。少なくとも我が家では、伝統行事ではなかったようです。

 

一説には、江戸時代の末期に浪花の商人たち、とくに船場商人たちの間で縁起担ぎという形で始まったということですが、確証はありません。

 

商家の旦那衆がお茶屋で芸者と遊ぶ際に、太巻きを芸者衆に咥えさせたナンていう話もありますが、これは俗説としか思えません。そういうお遊びもしたかもしれませんが。

 

それでも、80年代頃から大阪や京都方面では、「丸かじり寿司」として一般家庭でも食べ始めたようです。それが恵方巻という名で全国に広がったのは、セブンイレブンの商略でした。1998年だと記録されています。

 

また一説には、海苔業界の拡販戦術だったとも。いずれにしてもあっという間に大流行になったのは、バレンタインのチョコレートとか、昨今ではハローインのお祭りなどと同根でしょう。日本人はノリやすいということ。

 

今年は(もちろん何年も前からあったのでしょうが)、スーパーやコンビニチェーンなどで店員たちに「ノルマを課す」ことが問題になりました。販売数目標を設定するのは悪くはありませんが、それをバイトも含めて従業員に押し付けるのはねぇ。

 

私の友人の間では、「今年はもうやめた」などという声も聴かれました。中には1本2千円を超えるような「豪華な」恵方巻もあるとか、味わって食べる、感謝していただくという食の心に反すると思いますがね。

 

ま、私はいただきましたが、安い丸かじり太巻きを。

真珠湾に出かけてなぜ会津には行かないのか

アベさんがハワイ、真珠湾を訪れてアリゾナ記念館で追悼の献花を行った。立派な演説も行われ、ハワイのみならず全米での評価も高かったようだ。

首相として初訪問かと思ったが、訪米の帰途などで(当時は飛行機の航続距離が短くハワイで給油が必要だった)、3人の首相が真珠湾の傍までは行ったらしい。吉田茂、鳩山一郎、そしてアベさんの祖父に当たる岸信介。さぞ、アベさんもご満悦だろう。

戦後70余年、真珠湾攻撃から75年を経過しての訪問、もちろんそれなりの大きな意義を認めないわけではない。対米的のみならず対外的に、評価も上がったことだろう。それはそれで良い、成果は素直に認めよう。

しかし、アベさん、いや、アベよ!(彼の方が年下だから呼び捨てもいいでしょう)

訪問して追悼、慰霊すべきところ、そして心から謝罪すべきところはもっともっと身近にあるんじゃないのかな。日本の国内に。それは会津だ、会津若松でしょう。

明治維新(本当は御一新というのが正しい)に際して、西軍とりわけ長州の奇兵隊と名付けられていた部隊の連中が、二本松でそして会津若松で何をやったのか。戦後の明治政府が会津藩に何をやったのか、歴史をきちんと理解するというのであれば、Photo そこのところもちゃんと学び知るべきだろう。

奥羽越列藩同盟の藩に加えられた、武士道の風上にも置けない仕業、それはハッキリ言って筆舌に尽くせないものがある。ようやく最近になって、色々なことが明るみに出て、表で語れるようになったことも多い。もちろん、一方からだけ見ることは危険だが、それにしてもひどすぎる。

だいたい長州藩(正確には藩とは言わない、防長毛利家かな)は、一時ではあれ朝敵であったわけだ。偽の密勅を画策したり、志士と称して今日の都でテロを行ったり、挙句には御所に大砲を打ち込んだ(届かなかったが)わけなんだから。吉田松陰を、志士という名のテロリストたちの親分だとまでは言わないが、あれは本当に正しい教育だったのか。毛利家重臣ですら持て余していた(が、明治以降は「先生」になった)。

伊藤(俊輔のちの博文)も井上(聞多のちの馨)、あるいは高杉(晋作)にしても品川御殿山の英国公使館に火を付けたり、松陰ご本人も幕閣要人暗殺を企てた。義弟の久坂(玄随)も禁門の変の主役なのだが、その松陰(長州では先生と呼ばねばならぬ)を尊敬してやまないアベ。

歴史から学ぶことが多いというアベなら、奥州鎮撫軍の参謀・世良修蔵がなにをやって、どういう末路だったかご存じだろう。そして会津若松に攻め込んだ西軍部隊が、どんなに卑劣だったかも。新政府とやらが、会津武士たちを斗南という寒冷不毛の地に「流刑」したことも。ちなみに斗南とは「北斗七星の南、すなわち地の果て」の意とか。

もうやめよう、年末の締めくくりにふさわしくなかった話題だ。しかし、なんとなく浮かれているアベや、その取り巻きや政府要人たち、そして西軍が模様替えした新政府とやらから今に引き継がれている「歴史教育」を、疑問にも感じていないあなたに、ちょっぴり辛口で迫ってみただけだ。

2017年が良い年でありますように。そして正しい歴史が伝わりますように。

書く気も起らぬが書いておこう

大きな期待などしてはいなかったけれど、終わってみたら「ああ、やっぱりなぁ」という感じがしたのではないでしょうか。たぶんこのようになるのだろうなと、考えていた通りに終わったのだから良し、とはいかないですよねぇ。

日ロ会談、「シンゾウ」「ウラジミール」と呼び合ったそうだが、それがなんぼのもんじゃい。半歩は前進したなどというつまらんアナリストもいるようだが、半歩前進どころか、ある意味Photo では後退したんじゃないか。譲歩や妥協を強いられていたのは、どう見ても日本の方であったし、外交下手の本性が見事に表れた感じで情けない。

日本の外交下手は今に始まったことではなく、おそらく古代からの伝統だと思うのだけど、とくに昭和以降はひどすぎないか。といっても、外交をつかさどる外務省とやらの連中には、蛙の面に小便のようだが。

もちろん、外交は外務省だけがやるのではなく、政府だけがやるものでもないのだが、頼りにならない政治家よりはマシだな、と思わせる力もないのはガッカリだな。

なんだかこれ以上書く気も起ってこない。それでいて、相変わらずアベ内閣の支持率が高いそうだ。そりゃぁそうだろう、民主党政権へのトラウマがそのまんまに放置されていて、後継の民進党やらは今回の国会でも醜態をさらけ出している。レンホーなどにも期待はしていなかったが、見事に期待を裏切らないドタバタぶりだ。

衆議院の解散はどうやら少し先になりそうだが、それとて「今選挙をやったら、(過半数を割り込むのではなく)2/3を維持できないから」といわれている始末だ。それだけバカにされても、ぐうの音も出ないだろう。

民間人は、社会の片隅で精いっぱい努力するのみだな。

プレミアムフライデーとかという堕落の道

プレミアムフライデーなどという制度を試行してみようという。2か月に一度くらい、月末金曜日を15時までの仕事で切り上げ、早く帰ろうということらしい。早く退社して、買い物をしたり飲食をしてその分個人消費を増やそうというのだそうだ。

確かに、GDPの60%を占めるとも言われている個人消費が、ずうっと伸び悩んでいることは承知しているのだが、こんな小手先のことで回復したり増えたりするなどと考えているのは、かなりお目出度いのではないのか。

まぁ、効果が全くないとは言わないけれど、どうもこの国の役人どもやトップ層の人間たちは、頭のネジが緩んでいるか、数本足りなくなっているのではないか。アメリカのブラック・Photo フライデーあたりを真似たのだろうけど、こんなキャンペーンで何がどう動く?

おひざ元の役所は喜ぶだろうな。ただでさえ、時間を超えて働くなどとはとんでもないと思っている階層だし、給料がそのままで仕事時間は僅かでも短くなれば、そいつは御の字だ。まず役所が率先してやってやろうとでも、考えているのだろう。

しかし、そうは問屋が卸すだろうか。月末の金曜日がどういう日なのか、愚かな役人どもは分かっているのだろうか。現場を知らない、浮世離れしている学者センセーや、自分の意思で働く時間がどうにでもなる財界のおっさんたちが、深い考えもなく決めようってんだろう。

例えば銀行屋さんなどはどうだろう。月末金曜日などは残業をしても、仕事に追い付かないのではないか。月末に走り回ることの多い中小企業の社長や社員はどうだ。16時までやっているはずの、郵便局も15時でやめちゃうのか。

とくにその日の次が土日で「今月は終わり」などとなったら、混乱が見えるようだ。何にしても「あんまり働くなよ」ということなのかどうかは知らんが、時間給とか日給月給の人たちはどうなるのか。

休日・祝日も多く、全世界的にも「働かない」日本人を、ますます働か無くして浪費だけさせようというのは、無理押ししているカジノ法案にも通じる精神があるやに思える。

おいらは働くよ。そして使う時にはドカンと使うよ。

カジノ法案をホンマに通してしまうんか?

アイアール法案ってなんや? ええっと、、、Integrated Resort の略やそうな。どう訳す?統合型リゾート(法案)ちゅうらしいで。いったい、なんや、それって。複合型観光集客施設とでもいうのやそうやで。

なんでも横文字にすれば良いってもんじゃないない上に、どうもその目玉というか、何で儲けるかというとカジノらしいんやな。それならスンナリ「カジノ法案」と呼びゃあエエもんを、わけのわからん横文字でごまかしやがって。

その法案が衆議院(の委員会と本会議)で強行採決されたとかで、またえろう揉めてるみたいやな。この間はTPPで揉めて、次は年金の改正(改悪?)とかで揉めて、まだあるんかという感じやけど、カジノ法案じゃ通りが悪いわけやな。

確かにマカオやシンガポールにはそういうのがあって、えらい繁盛してるとは聞いてる。マカオには、もうだいぶん前になるけどカジノに行ったことがある。シンガポールに行った時Photo にはまだできてなかったのかな、なんでもその統合型施設の中では収益の80%がカジノやそうやないか。

日本でもそのつもりなのかな。大阪の松井知事はんがえらい熱心に推進を叫んどるそうやけど、地盤沈下した大阪をナントカ盛り返そうと言うんやろうな。その主旨は買えるけど、カジノを大々的に政府や地方自治体公認で作るいうんはどないやろな。

要するにカジノっちゅうのは博打場やないか。平たく言えば賭場(どば)やろう、パチンコも似たようなものやが、動く金の量が天地の差やろなぁ。賭博を奨励するっていうわけなんかいな。すでに都会には、そういう施設ができるを見越して、たとえばルーレットのディーラー養成学校なるもんも、できとるんやそうな。

まぁしかし、そんな学校行きたい言うて生徒が進路指導の先生に相談したら、先生はどう答えたらエエんやろかいな。

カジノはどうやって儲けるんや? ありていに言えば「負ける人がぎょうさんおるから儲かる」ってわけなんやろ。カジノが金を発行しているわけやないから、誰かの金が誰かに流れていく、前者が多数で後者はほんの一握りで、その流れの中に手を入れて儲けを掬うわけやろ。

そうまでやって、発展をしたいんか、松井はん!「3年待ったんや、急いでるんやない」とうそぶいとるが、そうやこの法案は以前に一度廃案になったんや。それがまたゾンビのように生き返って、その上に強行採決や。本会議もその伝でいくんやろな。

公明党もだらしないな、創価学会は反対しとるで。自民党には若手議員も、母親議員もいてるはずやけど、健全な若者の未来を思うたら賛成できるんかい? しかも今回法案は骨格だけや、中身はこれから議論するやて。どうせ、世間知らずの役人があれこれごった煮にして「ハイこれ」って、出してくるんやろな。

あぁあ、日本の未来は暗~いわ。。。

より以前の記事一覧