気を遣いすぎずほどほどに

健康に気を付けているか、と言われるとそれなりにと答えるだろう。


これと言って重篤な持病はない。しかし、小さい頃には小児喘息を患っていたので、呼吸器は強い方ではない。特に気管支が弱いので、ある食物アレルギーにかかると真っ先に気管支がやられるので、十分に注意している。


5年前の健康診断ではやや血圧が高めだと指摘され、保健指導を受けて7~8キロの減量を実行した。現在は特に意識はしていないが、ウエイトはすぐに上がる体質なので気を付けている。でも、食事は普通に摂るし、酒もお菓子も人並みだろうと思う。


血圧はその後降圧剤を飲むように言われたので、これは現在も続けている。2ヶ月に一度は通院してチェックをしてもらっている。今朝も行って来たのだが、先日発表された厳しい基準を下回っていた。薬はもらってきたが。


胃カメラ検査も毎年やってもらっている。その時に主治医から逆流性食道炎になりかかっていると指摘されたので、その薬も隔日に服用することにしている。今のところ常備し持ち歩いているのは、以上の二つの薬だ。


その他にもイザという場合の準備はしているが、かといってむやみに気にし過ぎはしていない。必要以上に気を遣いすぎて、ストレスを溜める方がかえって良くないのではないかと思っているからだ。


その他には歯の手入れには気を遣う。歯医者からはまだまだと言われるが、数年前から比べると自分でも良くなったと思っている。4ヶ月に一度はかかりつけの歯医者さんで、歯石の除去などをやってもらっている。


衛生士さんにも、歯磨きが上手になったといわれるようになった。満点にはまだ遠いが、歯間ブラシの使い方も上手になった。「80/20」というのが目標だが、今のところは上下29本(親不知1本含む)の自分の歯が健在だ。これを保っていきたいものだ。


健康に気を遣うのは、これからもしっかりと仕事を続けていきたいからだ。今年は特に土日を中心とした仕事、遠方への遠征も多く、気を付けていても疲れは出てしまう。若い頃は1日あれば、数時間の睡眠だけでも体力は回復したが、今はそうもいかない。20190317-mg8


考えてみれば既に67歳、体力的に無理のできる年齢ではない。空いた時間をうまく休みながら、マイペースでやるしかないだろう。体はもちろん、心の健康にも気を付けていこう。幸いそちらの方は自信を持っている。


なぜなら、共に学ぶ仲間が周りにたくさんいることだし、師である西先生の存在が大きい。今週の土日は上越MG、当面は土日も休みなしが続くが、気持ちが張り詰めすぎないよう気を付けよう。


何より笑顔がいちばんだね。

久しぶりの壱岐MG参加

壱岐(島)は、博多港から67kmの玄界灘上にあります。


古代史に興味のある方には、一大國(魏志倭人伝)とか一支国(隋書東夷伝)といえばピンとくるでしょう。福岡市や県庁のある長崎市よりも、韓国のチェジュ島や釜山市の方が近いかも知れませんね。


そんな壱岐島に九州はもとより、全国からMGの仲間(50名を超えるシーガルたち)がたくさん集まりました。第17回の壱岐MG、私自身は2004年の第2回に初参加し、その後2008年、2012年にも参加しています。すなわち今回で4度目の島渡りになります。


今年は脳力開発講座を福岡で初開講し、その流れでマイツール教室を土日に行ったあと、一昨日月曜日の午前便(フェリー)で郷の浦港に到着しました。実はその後に別の港に着く高速船もありましたが、島入りはゆっくりがモットーですのでフェリーを選びました。


着いたその日の午後は「OA大会」、マイツールの事例発表大会です。のんびり皆さんの発表を聴いて楽しもうと思いましたら、いきなり審査員の一人にご指名があり、なおかつ総括講評のトップバッターも務めました。
20190617-154133

OA大会参加者(MG前泊者)たちの前夜祭は29名、地元の魚料理と美味しいお酒、焼酎をメインに大いに盛り上がりました。それに続いて昨日の朝から、西先生を講師にお招きしてのMG研修。9卓の賑やかな学びと交流です。


さて、そんな遠征中に留守家族のいる新潟(と山形)で大きな地震が発生しました。新潟市内は震度4だったようですが、多くの友人がいる県北の村上市では震度6強だったとか。幸いに家族にも、友人たちにも被害はなかったそうでホッとしました。


また、多くの方からメールやFacebookでもお見舞いメッセージをいただき、心より感謝です。こういうご縁のつながり、胸が熱くなりました。本当にありがとうございます。


今回の遠征も今日が実質の最終日、壱岐MGの2日目を終えましたら夕方の高速船で福岡市に戻り、明日の午前中には自宅に戻ります。家族や友人たちの無事も確認できましたので、自分磨きという最終ミッションをしっかり終えたいと思います。

これから壱岐島に渡ります

福岡市でのセミナーが無事に終わりました。


14日の金曜日が終日脳力開発講座、福岡では初の開催講座でした。14名の方にご参加をいただき、ゲスト講話も含めて人間行動学について学んでいただきました。


土日は前半後半と分けてマイツール教室、延べで20名の方にキーボードを叩きながらマイツールの面白さを体験していただきました。1人でも2人でも、実際の仕事で使えると感じてもらえる人が増えれば良いなと思っています。


セミナー終了後の交流会も盛り上がり、前向きな話も出てきて良かったです。今年の福岡ではこのあと2回の脳力開発講座を予定していますが、もう1回マイツール教室をという声もいただきました。


セミナーが終わって、今日からは海を渡って壱岐に向かいます。午後からマイツールのOA大会、そして明日明後日は壱岐MGに参加です。壱岐MGへの参加は2012年以来ですから7年ぶりになりますが、多分3度目だと思います。


主催されていている市山さんも、第1回開催の頃はまだ独身でしたが、現在は自社の後継社長としてがんばっていますし、すでに2児(だったかな)の父です。


福岡港から高速船でも1時間余の離島ですが、そこに九州だけでなく全国かもら仲間がやってきます(私もその一人ですが)。


ホントに楽しみです。いい船旅(往路はフェリー、復路は高速船です)になりますように。

Photo_40

意識のリセットが必要ですね

今日から週末のセミナー遠征です。今日は晴れそうですが、週末はもしかしたら雨、そのまま梅雨入りになることもあるのでしょうか。


今回もゆっくり乗り鉄を愉しむ時間はなさそうですが、空旅と海旅が愉しめそうです。


昨日は県央の三条市で、MUGゆきぐにの三条セミナー・マイツール勉強会を開催しました。『マイツール・逆引き辞典』の佐藤雅栄(Mヒデ)さんを講師にお迎えして、じっくり「リテラシーの楽しみ」を体験しながら学びました。
20190612-155058

私自身、MGを学び始め頃からマイツールも使い始めましたので、30年以上仕事に遊びに使い続けていますが、それでもいつもいつも新たなことを知ることがあり、奥の深さを感じます。


昨日もやはりそうで、普段使っていることに慣れてしまって、新しいことをやってみようかという意識がセッティングされていないことを自覚しました。「もっとうまく、楽にやれないか」と意識してみることが必要です。


そういう気持ち体験を、週末の福岡での「MT教室」でも参加して下さる皆さんに伝えましょう。


そしてMT教室に先立って、明日は今年から初開催の「脳力開発講座(シニア)」です。数年前まで、地元の河合製氷冷蔵さんのバックアップをいただいて、毎年九州各地で脳力開発セミナーを開催していましたが、今回はより基礎的な講座です。


すでに神戸と東京で昨年から開催している講座の福岡版、おかげさまでたくさんの方に受講いただくことになります。また、初回にはゲスト講話者として田上康朗さんをお招きします。田上さんとは同じ脳力開発を学ぶ同士として、永いご縁を結んでいます。


そんな楽しみ一杯の九州に出発します。新しい出会いと学びを楽しみに。

先週は充実のミッションでした

先週後半4日間は、学びのセミナーで充実の時間でした。


木曜日の午後はクライアントの会社でマイツール教室。操作技術ではなく利用技術(リテラシー)を学ぶことが前提、今回も住所録のデータベースを作成し、年齢を計算して並べ替え(ソート)してグラフ化して見る体験をしていおたきました。


次回は営業データを色々な角度から加工してみて、そこから何を見るのか、次の仕事にどう生かすのかを体験してもらう予定です。このパターンは、今週末の福岡でのマイツール教室でもやります。


金曜日は脳力開発講座の第2講、梅雨入りを思わせるような激しい雨の降っていましたが、セミナーが終わる頃には雨も上がり、情報交流会も盛り上がりました。


さらに土日はキャッシュフロー経営セミナー(CFMG)、神戸ではコンスタントに3ヶ月おきの開催がずっと続いています。今回は参加者の半数以上がCFMGは初体験。MGの期数を重ねている方でも、初CFMGの時にはまた新鮮な思いがよみがえるそうです。


いつものMG(MQ戦略ゲーム)に、売掛と買掛の2つ要素が加わるだけですが、たったそれだけのことで全く変わってくるのです。それを味わっていただけるだけでも大きな効果があると思うわけです。


初日(土曜日)の交流会も、中には二次会以降まで行かれた方があったようでした。私はさすがに一次会で帰りましたが。


神戸の梅雨入りはまだだったようですが、自宅のある新潟は金曜日に梅雨入りが宣言されたとのこと。当分は曇り空で時々雨の天気が続くようです。気分をリフレッシュして、また木曜日からの遠征に備えましょう。


そして今日は春以来のお墓参りです。幸い雨は午前中は大丈夫そうですし。

20190609-093259

紫陽花の季節に亡き母を思う

東日本の関東甲信越地域は梅雨入りしたようですが、関西地域は雲の多い空模様ですが、まだ梅雨入りは発表されていません。


昨日の気象番組では、太平洋高気圧の張り出しがまだ強くないとかで、梅雨前線もとくに西の方では南に下がっているそうです。この高気圧が徐々に上がってくると本格的な雨になるのでしょうが、それはいつ頃かな。


エルニーニョ現象が強まってきて梅雨が長引くといった予報もあって、ちょっと気になるところです。


そしていったん雨が降ると集中豪雨のように降るということなので、やっぱり日本を取り巻く気象状況が異常になってきているのでしょうか。世界的にも異常気象が出ているという情報もあり、やはり環境問題が起因になっていると考えられますね。


環境への国際会議もそれぞれの国もエゴが丸出しになっていたり、すなわち「我々は地球人だ」という意識がまだまだ小さいのかとがっかりしてしまいます。


それはともかく紫陽花の美しい季節です。紫陽花には雨が似合うといいますが、遠征中は雨には降られたくないなとも思います、大きな荷物を抱えていますからね、でもわがままですか。


今日は夕方まで神戸・元町でセミナー、その後は大阪に移動します。明日は両親の墓参り、とくに去る2日が母の祥月命日でしたので、念入りにお掃除をしてきます。


母が亡くなって丸4年、今でもその日のことを鮮明に思い出します。明日はゆっくりお参りして、近況を報告して安心してもらおうと思っています。紫陽花の花をお供えしたいところですが、花屋がまだ開いていないかも知れませんね。その時は気持ちだけでも。

Photo_37

ミッションは3プラス1です

今日から遠征です、目的地は神戸。


ミッションは3つ、その他に私的なミッションも1つ。後者は墓参りで、6月2日が4年前に亡くなった母の祥月命日だったので、遅ればせながらの墓参りです。フライト時刻が決まっているので、その前にやや急ぎ足で。


前者の3つのミッション、まずは今日の午後神戸についてすぐ、クライアント会社での「マイツール」研修。操作技術ではなく、利用技術の基本を学んでいただきます。もちろん、キーボードを実際に叩いての行入です。


金曜日は脳力開発講座、3月にスタートした講座の明日は第2講です。テーマはひと言で表せば『現状打破』の姿勢、口で言うのは誰でも言えますが、実際行動が伴わなければ効果も成果も出てきません。でも難しくはありません、誰でもできますから。
201305

そして週末土日はキャッシュフロー経営セミナー(CFMG)、参加メンバーは11名(2卓)の予定。今回はいつも使う間接法の第6表に加えて、先日西先生に監修していただいた「直接法」による表とCF分析を、初めて使います。良ければ、正式版として今後も活用します。


以上のミッションで、毎日充実の遠征になるでしょう。先週は乗り鉄旅付きの遠征でしたが、今回はその時間はなく往復も空便です。どうも途中は曇り空のようで、見晴らしも今ひとつかも知れません。


そうなれば、移動時間は貴重な読書時間。セミナーの中でも使えそうな内容を見つけられるとラッキーですが。


セミナー後の交流会も楽しみの一つ、セミナーの中では語り尽くせなかったことも話せることがありますし、また本音の感想を聴くこともできます。交流会での雑談が、新たなセミナー開催のきっかけになることもあります。敢えて期待はしませんが。


いつものように氣愛を込めていきましょう、全身全霊で。

6月1日は創業記念日

実は昨日が創業記念日でした。創業を長岡税務署に届け出たのは6/6ですが、これは娘の誕生日に届け出ようと思ったからです。


2008年の3月末で前職の会社を退職し、翌日4月1日から実質的には仕事を始めていましたし、長岡商工会議所の中小企業応援コーディネーターの仕事を始めたのは、やはり4月の半ばからでした。


でもやはりどこかハッキリした区切りの日を設けたいと思いましたので、6月1日を創業の日として選んだのでした。その以前の「長岡MG研究会」という個人の任意団体の終結処理を行い、新創業社に引き継ぐ形を整えるのに2ヶ月必要という意味もありました。
Photo_35

それから早いもので11年が経ちました。創業した途端にリーマンショックが起こって、スタートの勢いに急ブレーキを掛けられてしまいましたが、まだ足下をしっかり固めていなかったことを反省する機会になりました。「慌てるなよ」ということだったのでしょう。


おかげさまで、応援コーディネーターという仕事を通じて多種多様な会社と接する機会をいただき、また創業を目指す人たちとの気持ちの共有もできました。もし、その3年間がなかったら、それまでに自分が体験した狭い世界しか知らないままだったでしょう。


そしてコーディネーターの仕事が満了する直前には東日本大震災、これもまた新たにセミナーや講演中心の事業をメインにしようという矢先でしたが、拙速はいかんよという天の声だったのかもしれません。まだまだ深く学ぶべきという警告だったかな。


それを機会に、スケジュール表を埋めていくという気持ちを捨てました。その時までは、スケジュール表に空白が多いことが不安だったり、開催するセミナーに参加申込が少ないと焦りを感じていたのです。


でも大震災をきっかけとして、感謝の気持ちを強くしていこうと切り換えました。現役社長時代に起こった中越地震の記憶も蘇り、自分は幸運に支えられてきているんだ、これからも「生かされている」感謝の気持ちを忘れずにいこうと。


何よりも感謝は、安定した仕事の最後の何年かを捨てて独立した私を、いちばん支えてくれた家族とりわけカミさんに対してです。年収も激減した中でもバックアップしてくれた彼女に、心からありがとうという言葉を伝えます。


さて、昨日から12年目がスタートしたことになります。コンサルティングの仕事、人財づくり・企業研修という仕事、セミナーの開催と運営という3つの柱も確立できました。これからも、小さくても色んな企業の力になれればと思います。


独立当初は会社を大きくしたい、いずれ法人化もしようなどとも考えていましたが、今は身の丈の自然体で進めていくのが私の戦略です。


今後ともよろしくお願いします。感謝。

三題噺「ゴミゼロ・掃除機・消費者」

今朝の新潟市の気温は13~14度、さすがに空気がヒヤッと感じます。日中は気温も上がって紫外線指数も上がるようですが、先日のような猛暑にまではならないようです。今朝は表題の三題噺。


今日は「ゴミゼロ(5-3-0)の日」だそうです。目に見えるゴミも気になりますが、大気中の見えないゴミ、宇宙に散乱しているゴミ、海の中のゴミ、さらには社会のゴミなど気になるものが多いですね。


そろそろ目立ち始めた、いやいやずっと目立ってきているのは政界のゴミどもでしょうか。7月には参議院選挙もありますが、国会の会期延長がないそうなので公示・投票日も確定したようです。問題はダブル選挙があるかどうか。
69e0d2d52415d0b5a449e3c17721aa7e

あるのかないのか、ありそうでなさそうで、でもやっぱりやるんじゃないかなど予測も分かれています。どちらにしろ、ちゃんと「ゴミ掃除」をしてくれるような結果になれば良いのですが、そうなりそうもないですよねぇ。


ゴミの日に合わせたわけでもないのでしょうが「掃除機の日」でもあるとか、政界ゴミを一掃してくれるような強力掃除機はないのかな。掃除機を使いこなせる有権者が多ければゴミも少なくなるのでしょうけど。


そしてもう一つが「消費者の日」、1968年(昭和43年)に消費者保護基本法が公布・施行されたのを記念されたのを記念して、その後政府が定めたそうですが、美事なザル法であることを祝う気持ちにもなれないですね。


法律自体の主旨は良いのですが、運用がどうにも消費者側に寄り添っていない。たいていの法律というものは、細かいことはその後に細則を政府すなわち官僚どもが決めて実行するわけですが、お前らどっちの味方なんだ!?って感じですからね。


ちなみに第二条にはこうあります。「国は、経済社会の発展に即応して、消費者の保護に関する総合的な施策を策定し、及びこれを実施する責務を有する。 」ですって。で、要はあとはお任せってこと、何しろたった20条の法律ですので。


そこである意味、官僚どもがやりたい放題できるとも言えるわけです。もっとも彼らも周囲に「忖度」しなければいけないようので、同情の余地は少しありますけどね。その周囲というのが政権や業者が主体では困るのですが。


つまらない三題噺になりましたが、人に優しい政治にはほど遠いなあということが言いたかったのです。では、ゴミでも捨てに参りましょうか。自分自身が粗大ゴミにならない内に。

次につながる遠征を終えました

昨日は「ブログ休日」ではなかったのですが、朝バタバタしていて書くことができませんでした。早く目覚めたのですが、ゆっくりお風呂に入っていたら(ホテルに大風呂がありました)、ついつい書くのを忘れました。


とまぁ言い訳から始まった今日ですが、連載しようとしているコラムのタイトルがなかなか決まらないというのがホントの理由です。私の場合は、まずテーマなりタイトルを決め、それから何回くらい書くかを構想してから書き始めるのです。


そんな風にかっこよく言っていますが、要は怠け者なのでキチッと決めておかないと平気でサボってしまう(昨日のように)のです。そして実はまだタイトルが決められていません。書くことはだいたい決まったのですが。


何とか明後日くらいからは連載を始めたいと思っていますので、よろしくお願いします。


さて、先週の東京遠征に続いての関西遠征も昨日で無事に終了しました。セミナーとコンサルティングのミッションがいくつかあり、それぞれに今後のスケジュールも固まりました。


おかげさまで、今年年内のスケジュールがまた増えました。幸いにこれまでのスケジュールに追加する形ですので、空のチケットを1つキャンセルして予約し直すくらいのことで済んでいます。
20190519-103030

ただ、旅鉄(乗り鉄)の予定をなかなかはめ込めないのがちょっとザンネンで、当面は我慢するしかないようです。旅鉄予定を組み込むことができないわけではないのですが、そうなるとゆっくり体を休める時間が縮まります。


それに平日に孫ちゃんの面倒を見ているカミさんの、手助けをできる時間が減ってしまいますので。その辺りのバランスはしっかりと考えておかないと、笑顔で遠征に送り出してもらえませんからね。


まずは収穫の多かった今回の遠征、クライアントの皆さまに深く感謝を申し上げます。ありがとうございます。

より以前の記事一覧