無料ブログはココログ

2020年11月27日 (金)

『私とMGと経営』こぼれ話(36)

1990年1月の下旬、社長より販社出向の内示がありました。


すでに予告を受けていましたので、あとはどこに行くことになるのかということだけでしたが、


新潟・長岡市の販社((株)トンボ繊維=現在は新潟トンボ(株))と聞いて、少し驚くと共に因縁を感じました。
Photo2_20201127080401

それというのも新潟は妻が生まれ育ったところで、地域は違いましたが長岡にも少なからず縁がありました。


販社の経営内容については、経営管理室という仕事がら一応の知識は持っていました。


決算書はもちろん、毎月送られてくる試算表にも目を通して、常務会に提出する資料作りも部下に指示していました。


数年前から赤字を計上し、「財務上の膿」を出すために「出血手術」を行ったこと、


それによって創業社長等が退陣されて、当時の現社長が販社社長を兼任し、本社からの出向が始まったこと。


その方(販社専務)が財務の立て直しを2年半くらい行なわれて、親会社からの支援も行われていたこと。


支援の内容も、毎年交わされる「契約書」(経営管理室で作成)によって概要は確認していました。


しかし、当時の私はまだ表面に現れていることだけしか知らず、とくに損益計算書(PL)の数字に目を奪われていました。


実質経営者の派遣出向による再建、確かに単年度利益が出ていて成功途上にあることをうかがわせる内容でした。


販社会議における専務の報告でも、うまくいっている旨が語られ、私もそれを信じて疑いませんでした。


無知ということは怖いものですね。


知らないことが多すぎましたし、すでに出ている資料の中からも実は読み取ることができたのです。


しかし、当時の私はまだPLだけに目を奪われていて、数字が語っている事実には気付かなかったのです。


ましてや、そういう一連の事態がいつからどのようにして起こって今に至るのかということなどは、


おぼろげなことは聞いていましたが、殆ど理解していないに等しかったのです。


それを知るだけの時間もないままに、現地での住まい探しや仕事の引継などに追われるばかりでした。

2020年11月17日 (火)

『私とMGと経営』こぼれ話(35)

1990年(平成2年)の新年は、一般参賀の儀が中止された年の幕開けとなりました。


因みに来年2021年も中止が検討されているということで、31年ぶりの中止になるやも知れません。


前回は昭和天皇崩御から1年崩御から1年ということでしたが、今回は新型コロナウイルス感染(再拡大)の影響です。


さて、その90年が訪れる前年の暮れに、実は当時の社長から「まだ決まっていないが」という話をいただきました。

Photo4_20201116101201
それは、本社勤務(企画部門=開発部そして経営管理室)も14年とかなり永くなったので、そろそろ転出もどうかという打診でした。


現業部門(営業部あるいは生産部)にでしょうかとの問いかけには、外に出てもらうかも知れないとの返答。


その時には、支店・営業所(東京か福岡)あたりかとも思ったのですが、


選択肢としては直営系の販売会社(北海道か大阪)あたりも可能性があることを感じていました。


本社の外に出る場合の慣例として2月には内示があるはずでしたので、それまでは「まな板の鯉」でした。


新年はまず東京・木原商店さんでMG、その後すぐに高松・瀬戸塾の新年MGに参加して幕が開きました。


さらに1月中旬に名古屋に遠征、初めて「愛環塾MG」に参加しました。


愛環塾の3人(岡田さん、水野さん、加藤さん)とは88年頃からご縁がありましたが、主催MGへの参加は初めてでした。


その後の頻繁なMG交流につながるきっかけになったのがこのMGでした。


また、西先生からルール説明を始めとして度々「指名」を受けるきっかけとなったMGでもありました。


そうこうしている内に、2月を待たずして「出向の内示」を受けました。


支店・営業所か直営の販社という読みは外れ、意外な出向先が内示されました。


それが新潟県長岡市に所在するトンボ繊維、実質子会社ではありましたが予想していなかった販社名でした。


これが私の人生を大きく変えていくことになろうとは、その時には全く予想もしていませんでした。

2020年11月10日 (火)

『私とMGと経営』こぼれ話(34)

親会社時代の1989年秋、社内MGの帰り道、駅までの短い時間の間に「不良在庫」の話が盛り上がりました。


切り出したのは三福水産(当時)社長だった河村公樹さん(故人)、西先生もすぐに応じられた。


会社盤の上に大量に在庫を積むのは良いのだろうか、という問題提起から始まりました。


駅までの間では十分な話のにつまりまではいかず、「宿題」とすることになりました。


私自身も親会社や販売会社の在庫問題では頭を悩ましていましたので、考える仲間に加えていただきました。
Photo1_20201109220501

それから何度か河村さんからは直接電話をいただきました。


当時のことですから携帯ではありません、出張中は連絡をもらって公衆電話から100円玉を積み上げておいて電話したことも。


こんなことを考えたのだがどうだろうかという内容でしたが、当然ながら西先生にもお電話をされていたようです。


ならばやってみようかということで、最初は確か「会社盤の上に●●個以上ある時」だったと記憶しています。


はみ出した数は全て不良在庫ということになるのですが、案の定不満を漏らす声が出てきました。


そこから色々と試行錯誤をした中で、半年後くらいになって現在のリスクカードができましたが、これは後日談。


リスクカードを引いた際に、会社盤の上に20個を超える製品・仕掛品・材料があれば、


超えたものが「不良在庫」となってストッカーに戻し、保険金(現在は1個10円)を受け取る。


河村さんと話し合っていたこの時には、ゲーム上の不良在庫としか意識がありませんでしたが、


実際の会社経営において不良在庫の酷さに直面しようとは、その時には予測もしていませんでした。


そしてそんな中で、いよいよ運命の1990年を迎えました。

2020年11月 3日 (火)

『私とMGと経営』こぼれ話(33)

親会社時代の秋、西先生をお迎えしての社内MGは1989年11月22-23日に開催しました。


会社のMGによる学びを導入されたY専務の後押しで実現しました、会場は市内の岡山青年館。


しかも私のたっての希望も通り、ゲストとして下関の三福水産(当時)、河村社長をお招きすることができました。


初日3期と夕食が終了したあとに、1時間ばかりの講義をお願いしました。


実際に会社で使われていた、マイツールによるマトリックス会計表をそのままズバリ見せていただきました。


月次決算だけでなく、日々の決算や週次決算にも使われているということで、私にはとてつもない驚きでした。


ただ、親会社の社員(幹部クラス)にはレベルが高すぎた話だったように感じました。


MG、STRAC(戦略会計)を会社の中に落とし込んでしっかり使われていることだけは、参加者にも伝わったようでした。


また、9×9の大きなマンダラによる経営計画についてもお話しいただき、


これなどはやがて販社に出向した時に、私なりに応用する形で使わせていただきました。


もちろん、この時には自分自身が販社に出向することなど、微塵にも考えていませんでしたが。


河村社長の「迫力ある」MGも、参加者の皆さんの度肝を抜いたようでした。
20180128-mg5

なにしろ青チップをガンガン積み増ししながら、ひたすら20円のプライスカードで突き進まれるのですから。


なお、この時には西先生にフルインストをお願いしたのですが、ルール説明など一部私に振っていただきました。


開発者のそばでインスト代行をやることなど、足が震え、口の中がカラカラになったことを覚えています。


もう一つ大きな出来事がありました。


それは西先生と河村社長、そして私の3人が会場や移動する車の中で話し合ったことで、


これが後に『不良在庫ルール』として、形になることになるのでした。


「冷蔵のタコも不良在庫化するんだよ」とおっしゃった、河村さんのドスのきいた声が脳裏に刻まれています。

2020年10月27日 (火)

『私とMGと経営』こぼれ話(32)

MG100期に到達までは、最初のMG(1987年9月)から1年と3ヶ月半くらいでした。


さらに200期に到達が1990年の3月ですから1年と2ヶ月、ちょっとペースが上がりました。


この間はいろんなところへ出かけて行きました。


会社が認めてくれていたとはいえ、全部が経費で認められるわけではありませんでした。


販社に出向以後はまた後に触れますが、参加費のだいたい半分くらいは自己負担で参加していました。


当時は課長職(経営管理室長)でしたが、正直言いましてそれほど高い給料でもなく。


子供の教育費にも、また新築の家のローン支払などもあり、小遣いはそんなに多くはありません。


旅費については出張に合わせて参加できるMGを探して出かけていましたが、


当然ながら参加費の他に宿泊費なども、自己負担でやらなければならないことがありました。


可能な場合は夜行列車や夜行バスなどを使い、食費も可能な限り節約して家計に負担をかけない工夫はしていました。


こうして出かけたところは、神戸や姫路、下関の他に名古屋、佐世保、東京、徳島、高松、新潟(十日町)など各地に亘り、


200期を過ぎてからのことですが、西先生から「全国銘柄」と呼んでいただけるようになりました。


その頃にはMGのゲームの方も強くなり、というかその頃が一番「怖いもの知らず」だったのでしょう、


出るMGごとに表彰状がいただけるようになり、その内の2、3回に1回は最優秀でした。


またこれだけは負けられないということで、決算順位はほぼほぼトップだったように思います。

Photo2_20201026103101
その間、会社内の部署別MG研修は継続されることになり、インストもようやく板に付いてきました。


分からないことに気が付くと、MGジュニアに参加して西先生や先輩シーガルから話が聞けました。


そして大きなエポックが実現することになりました、西先生を招いての社内MG研修の開催でした。


1989年11月22-23日、本社、支店営業所の部課長クラスの主力メンバーを集めて5卓のMGになりました。

2020年10月20日 (火)

『私とMGと経営』こぼれ話(31)

1989年(昭和64年)1月7日午前6時33分 昭和天皇崩御、この日が「昭和」最後の日となりました。


昭和天皇(1月31日に追号)、神代の時代を除けば歴代の天皇でもっともご長寿で したね。


私は前日からの長い列車旅を終えて、その日の午後札幌駅のホームに降り立ちました。


土曜日でしたが、正月明けの販売小会社に顔を出して新年の挨拶を済ませました、「おめでとう」は封印でしたが。Photo2_20201019140701


当時(竹下内閣)の小渕内閣官房長官(平成おじさん)から、「新しい元号は、『平成』であります。 」と発表された様子は記憶されている方も多いことでしょう。


その平成最初の日、1月8日は日曜日で、この日に札幌市内でワンデーMGセミナーが開催されたのです。



その第1期目が私にとって記念すべき「100期」目であったのです。


その時のインストラクターは、クリエイティブ・マネージメントの野崎(晴行)さんでした。


第1回目の兵庫MG会・神戸MGから数えて477日目、1年と3ヶ月半といったところでした。


最近は1年も経たない内に100期を達成される方も珍しくないですが、


当時は西研MGを開催されているところも今のように多くはなく、情報も少ない中なので早いほうだったでしょう。


しかも私にとっては、101期目(当日の第2期)は「青チップの解禁」日でもありました。


大倒産のあとで「100期まで青チップを使わない」という誓いが、満了する時でもあったわけです。


もっとも、その日はついに青チップは使わずに終わり、その次のMGに持ち越しました。


100期達成のお祝いも、天皇崩御の翌日でしたから、札幌市内の居酒屋でホンのささやかに身内メンバーだけでした。


ところで、札幌へは「100期達成」の為にやってきたのではなく、あくまで本業の仕事の為でした、念のため。

2020年10月16日 (金)

『私とMGと経営』こぼれ話(30)

タイトルが『私とMGと経営』こぼれ話となっていますが、経営の話がとんと出てきませんね。


すみません、まだしばらくは一介の社員時代の話が続いていきますので、致し方がないのです。


MGを学ぶことによって、ゲームの中で(擬似的に)経営者になってみて初めて、その大変さを感じました。


経営は「絶え間ない意思決定」であると本の中に書いてあったことが、ゲームではあれ実感して感じることはできました。


しかし一方では、「経営者感覚や意識を持て」と言われることに違和感を感じ始めてもいました。


当時はまだ単なる天邪鬼社員としての感覚でしたが、経営を学べば学ぶほどにその思いが強くなっていきました。


確かに一般の社員でも、ましてや幹部社員なら経営者感覚や意識を持つことは必要なのかも知れません。

Photo1_20201015142001
現場においては、経営者に代わって判断し意思決定をした上に、責任もとらなければなりませんから。


しかし、あくまで経営者と「同じような」感覚や意識は持てても、ズバリ経営者とイコールはムリです。


なぜなら責任の取り方が全く違うのですから、つまり立場が違うわけですから「同じ」にはなりません。


このことは、脳力開発を学び進めていく中で確信になっていきました。


ならば、自分の役割としての経営者感覚や意識という範囲(ドメイン)でなら可能であり、役割を果たすことが大切だと。


そのように感じた中でMG100期が徐々に近づいて来て、ちょうど99期をもって1988年が終わりました。


明けて1989年、どんな年であるかは分かる人には分かりますね。


昭和天皇が病に臥せられ、余り盛り上がらないままの年末から正月明け、昭和という時代の終焉でした。


まさにその昭和が終わる1日前の1月6日、私は大阪から函館行きの寝台特急「日本海」に揺られていました。


目指すは北海道、暦が変わって列車が青函トンネルを抜けているさなかに昭和天皇崩御のニュースを知りました。


ラジオを聞いていた隣の寝台の方が起き出してきて、トンネルの車窓を眺めていた私に声をかけてくれました。


昭和が終わった実感は余りありませんでした。やがて雪に覆われた北の大地が、ほの暗い中で目に入ってきました。


函館で特急に乗り換え、札幌駅に着いた時に「そうか、昭和が終わったんだ」という思いが襲ってきました。

2020年10月13日 (火)

『私とMGと経営』こぼれ話(29)

さて社内のMG研修が本格化していく中でしたが、自分自身のMG受講もコンスタントに続けていました。


7月のMGシニアの1ヶ月後に下関MGがスタートし、ここで三福水産の河村社長(故人)に初めて出会いました。


工場や事務所も見学させていただきましたが、その強烈な個性や情熱にただ圧倒されました。Photo1_20201012135601


下関MGはその後2~3ヶ月ごとに開催(インストは主に藤原さん)されますが、ほぼ毎回のようにお邪魔していました。


それがご縁で、翌年の秋に開催した社内でのフルMGに河村さんをゲストでお呼びすることになりました。


また10月には、キャッシュフローMG(CFMG)との出会いがありました。


CFMGは名古屋のマスト21(横田真さん)さんが始められたもので、CF-STRACという新たなものに出会いました。


経営管理室で仕事をしていた私は、PLとBSについてはようやく一端の知識と実体験を積み重ねていましたが、


CF(キャッシュフロー)については、殆ど分かっていないというのが現実の姿でした。


なにしろ少し以前までは、「(BSの)別途積立金はどこの銀行の積み立ててあるのか」と経理部長に尋ねたほどですから。


もちろんキャッシュフロー計算書など知るよしもなしという状況でした。


もっともCF計算書はアメリカ等では使われていたものの、当時の日本ではまだほとんど用いられていませんでした。


神戸で開催されたCFMG、その時のインストラクターは牧口さん(現在公認会計士・岐阜在住)と、


サブインストが牧野さん(現在伊賀市在住で伊賀MGなどをやられています)でした。


その時にはまだCF計算書(現在の第6表)はありませんでしたが、第1表と5表はCFMG専用の用紙でした。


つまり現金項目と掛金(売掛・買掛)項目が分けられていたのです(現在は既存の表を使うため分けていません)。


また「集金」は、意思決定カードの半数(30枚)に小さなシールが貼ってあり、


そのカードを引いた時にだけ集金しても良い(売掛1件だけ)ということになっていました。


また、期首に金利と配当・納税を払うのに現金がない場合には、看板に「倒産旗」を立てることになってました(笑)。


以来何度かCFMGをやり、ここで「UZK&W」について学べたことは、後に販社に出向した際に役立ちました。


11月には藤原さんの誘いで高松MGに参加し、多くの瀬戸塾メンバーとの交流を楽しみました。


こうしていよいよ「MG100期」が目前になり、どこで達成するかをあれこれと考えていました。


昨今のようにHPやSNSもなく、MGの会場で出会った方や藤原さんからの情報がすべてでした。


そして、12月の神戸MGの際に狙いを定めて決定しました、その地は真冬1月の札幌。

2020年10月 9日 (金)

『私とMGと経営』こぼれ話(28)

親会社時代の1988年秋、本社や支店・営業所までの範囲でMG研修(ワンデー)をひと渡り終えました。


終盤にはインストラクターとしても進行がスムースになり、まとめの講義もゆとりを持ってできるようになりました。


MQ会計(当時は戦略会計・STRAC)を力を入れて講義しましたが、さてどこまで理解してもらえたでしょう。
000-strac

それでも営業・管理・開発部門を網羅して、次のステップは生産管理部門や販社にも拡げたいという思いがありました。


また、一通りワンデー3期をやっただけでは十分ではないという思いで、期末(6月)以降来期も継続を人事課の教育担当者にも伝えました。


そのくらいでやめておけば何ごともなく良かったのでしょうが、やっぱり調子に乗っていたのか、言わずもがなのことを幹部会議で発言してしまったのでした。


幹部会議は部長以上、一部課長クラスも参加する会議で、元々私も経営管理室長として事務局の立場で出席していました。


たまたま、MG研修が終わってその報告をするということになっていたのです。


一連の経緯と結果を報告して終わっておけば、それでチョンだったのですが、、、


最後の最後の「蛇足ですが」と付け加えてしまったのです。


今後もMG研修を継続されていくと思いますが、その体験期数を評価の基準に加えてはどうでしょうか、、、と。


人事部長の表情が変わるのが分かりました、かなり近い席でしたから。


それよりも早く、一人の営業担当部長から「板東クン、それは余計な越権発言だ」との鋭い声。


ハッとして、「申し訳ありません」というのがやっとで腰を下ろしました。


確かにそうです、私は本来教育担当者ではありませんし、人事の担当でもありません。


ただMGに関して、その研修のインストラクションを委嘱されているだけの立場だったのですから。


とくに人事評価のことなどは、人事課が素案を作り、最終的には部長会議・常務会で決めていくことですから。


もしかしたら、MG研修はこれでポシャってしまうかなと思いつつ唇を噛みしめました。


MGを最初に受講し、社内研修として提案された専務が助け船を出して下さったのですが、その言葉には上の空でした。


その後を引き継いで、人事部長から「今の板東さんの意見も検討の中に入れておきましょう」との発言があり、その場は収まったようでした。


ある後日談もあるのですが、それは語らないでおきましょう。


幸い、次の年度にもMG研修は部門研修として継続されることになりましたが、体験期数は評価対象にはなりませんでした。


当時37歳になったばかり、まだまだ修業の足りない頃でした。

2020年10月 6日 (火)

『私とMGと経営』こぼれ話(27)

初年度の上半期といっても、9月の上旬から12月の初めまでの3ヶ月間で、


本社ビルの部門、営業・管理・開発部門のスタッフ全員についてひと渡りMG体験研修をやることになりました。


12月の中旬以降は次第に繁忙期に入っていきますので、それまでに完了するためにタイトなスケジュールでした。


期数をこなされている皆さんならお分かりになるでしょうが、ワンデー研修はなかなかキツいものがあります。


しかも副課長以上の管理職を除くと、「MG初体験」になるわけですから参加者もインストも大変です。


体験者と言っても1~2回やっただけですから、初心者の面倒をと言っても余り頼りにはなりません。


その上にインストラクターが全くの若葉マークなのですから、大変を絵に描いたような研修になりました。


こちらも研修を通じて伝えたいこと、解説したいことを全部やろうとするものですから大騒ぎでした。


汗みどろになりながら、と言っても半分くらいは冷や汗だったのかも知れません。


毎回受講者の6~7割が初心者ですから、できるだけ分かりやすく詳しくと思うものですから、


時間がかかるわ、その割には参加者の顔を見ると首をかしげているような状態。


ゲームをやっても決算をやっても渋滞したり、立ち止まってしまったり、間違いがあったりでした。


とくにインスト初回の部門はもちろん、スタートから1ヶ月半くらいの受講部門は災厄だったでしょうね(汗)。


今から思い出しても間違ったことを言っていたようですし、しまった、しまったと思うことの連続です。


一生懸命に説明したにもかかわらず、「説明が分かりにくかった」などと感想に書かれるとへこんでしまいました。


こっちは自分の仕事も抱えながら、ときには休みも返上でやっているんだと思うものの、それは受講者にとっては関係のないことです。


そういう試行錯誤を繰り返しながら、それでも回を重ねていく内に「上手になって」いくものです。


まさにMGは期数、MGのインストもまた期数すなわち実践体験だということが、よく分かりました。


分かってくるとメリハリの付け方や、良い意味の手の抜き方もやれてくるものです。


例えばルール説明にしても最初は1時間近くかかっていたのが、最後の部門の研修では40分も掛からなくなっていました。

Mg0401
決算チェックもドンドン早くなるばかりか、ザッと見るだけでおかしなところを見つけられるようになりましたし、


立ち往生している人のところにもすぐに駆け寄れるようになり、間違い発見も早くなりました。


インストをやることで、実は私自身の大きな学びになってたということでした。


そこで得意の頂に登ってしまうところが、私のまだまだ甘ちゃんなところでした。


その鼻をへし折られるような事態が目の前に迫っていたことに、全く気付かないままに。

より以前の記事一覧

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28