藤原仲麻呂と孝謙上皇・道鏡との権力闘争

孝謙天皇が譲位され、後を継がれた淳仁天皇は、皇太子時代は大炊王と称されておりました。舎人親王のお子様ですから、天武天皇の孫になります。

 

問題は大炊王が、ずっと藤原仲麻呂と強く結びついておられたことでした。仲麻呂の長男が病死した後、その未亡人を娶られ、しかも仲麻呂邸にずっと住んでおられました。言い方は悪いですが、仲麻呂の操り人形的な存在でした。

 

とにかく仲麻呂の言いなりであり、例えば官名を唐風に改めたり、新羅遠征(実現しませんでしたが)を認めたり、さらには銅銭鋳造を認め兵の徴集も許しています。仲麻呂の権力はますます大きくなり、同じ藤原氏の中でも他家とは大きな格差がついていきます。

 
ついに仲麻呂は太政大臣(大師)に任じられますが、そんな中で光明皇太后が逝去されます。これがある意味、最大権勢の陰りのきっかけになったのかも知れません。そして次第Photo に孝謙上皇の存在が大きくなっていきます。

 
上皇との間を取り持っていた、正室を失ったことも痛手であったようです。上皇の元で看病禅師となった弓削道鏡が、寵愛を受けて勢力を伸ばし始めました。焦った仲麻呂は、息子たちや娘婿を立て続けに参議に任じますが、これがまた周囲の反感を買います。

 
さらには淳仁天皇にけしかけ、上皇を誹謗するような意見を奏上させますが、これが上皇の怒りを買います。結果、天皇の大権はほとんど取り上げられてしまい、上皇・道鏡側に権力基盤が移動してしまいます。

 
後世に言われるように、上皇と道鏡の間に男女の関係があったかどうかは分かりません。それをいうなら、仲麻呂との間はどうだったかという、低レベルの言い争いになってしまうでしょう。どちらもなかったとは断定できない、というところでしょうか。

 
そして仲麻呂は軍の掌握を意図しますが、これは上皇側に先手を打たれてしまい、ついに平城京から脱出して兵を挙げます。藤原仲麻呂の乱の始まりです。

「女帝の逆襲」が始まる前夜

藤原仲麻呂、一言で言い表せば「えげつない」男であったようです。それだけの力を備えていたことも事実ですし、光明皇后の甥であり信頼されているという立場を、最大限に利用して大臣(左右大臣)と同等の権力を手に入れます。

 

さらに聖武天皇が譲位し、孝謙天皇が即位すると、女帝は母である光明皇太后に頭が上がらず、皇太后の傘の下で仲麻呂の権勢はさらに強まります。

 

聖武上皇は遺言で、女帝の皇太子に道祖(ふなど)王を立てるよう指示し立太子はしたものの、仲麻呂の策略で廃され、仲麻呂の邸宅に居候していた大炊(おおい)王が皇太子となります。後に淳仁天皇として即位される方です。

 
それに強く反発したのが、橘諸兄の息子であった橘奈良麻呂でした。反対勢力と密議を繰り返しチャンスを待っていましたが、裏切り・密告により一斉に捕縛されてしまいます。このPhoto あたり、奈良麻呂も脇が甘かったと言えます。

 
しかし、当初は皇太后が仲介に入り、孝謙女帝も「死一等を減ず」として流罪にするよう勧告したのですが、仲麻呂はそれを無視してついに謀反に加担した一統を獄死させてしまうのです。一説には杖で打ちのめし、撲死させたと言われています。

 
こうして政敵を一網打尽にした仲麻呂は、名実ともに中央政庁のトップに立ちます。そして女帝に譲位を促し、淳仁天皇が即位します。さらには「恵美押勝」という姓名をいただき、得意は絶頂です。

 
しかし、この状況が仲麻呂のてっぺんであり、ここから一気に滑り落ちることになるとは、彼自身も予期していなかったでしょう。淳仁天皇は傀儡ともいえる存在で、ほぼ全ての実権を仲麻呂は握りました。だがそこに、油断があったのでしょう。

 
その発信源は譲位した女帝でした。まさに「女帝の逆襲」が始まったのです。

お飾り天皇と『光明=仲麻呂』体制

藤原不比等の孫、藤原鎌足の曾孫である藤原仲麻呂は、奈良時代に入る少し前に生まれ、時代の後半に歴史から消えているので、まさに「奈良時代のど真ん中」を生きたと言えます。

 

叔母である光明皇后に可愛がられ、聖武天皇と皇后の間に生まれた阿倍内親王(皇太子)が孝謙天皇として即位する(749年)と、参議であった仲麻呂は一気に大納言に昇進しPhoto ます。

 

その以前の参議・式部卿時代、政敵であった橘諸兄の側近たちを次々に配置転換あるいは免職し、諸兄の力を削いでいきます。式部卿はそういう人事権を握れる役職でしたが、その力の裏にとくに皇后の後押しがあったと考えざるを得ません。

 

諸兄は光明皇后とは異父兄妹ではありましたし、皇后は「県犬養(橘)」意識も持っていましたが、それ以上に「藤原」意識を持たれていたようです。また、諸兄はやり手であり、ある意味やりすぎたのかもしれません。

 

また、聖武天皇の第二皇子であった安積親王が恭仁京で急死していますが、これも仲麻呂の指金ではないかと疑われています。安積親王は皇后の実子ではありませんが、皇位継承候補でした。

 

そして大納言として朝堂中枢に座ると同時に、皇后の「役所」である紫微中台の令(長官)を兼務することになります。これをもって『光明=仲麻呂』体制が確立し、孝謙天皇が全面的にそれを後押しします。ある意味天皇はお飾り的存在だったかも。

 

そしてついに左大臣諸兄が「舌禍」事件で失脚し、右大臣藤原豊成(仲麻呂の兄)に対しては、紫微内相に就いて実質的には上位に立ちました。

 

その仲麻呂の前に立ちふさがったのが、諸兄の子である橘奈良麻呂でした。次回コラムはその二人の全面対決のところからです。

稀代の怪物・藤原仲麻呂の登場

奈良時代は「血塗られた時代」とも言われています。直前の天武・持統時代にも、有間皇子や大津皇子らの事件があり、聖武時代には長屋王が葬られました。

 

他にも天皇に即位できる資格を有する皇子や王が、何人か不審な死を遂げています。あるいは重臣の中にも、対立する重臣(ズバリ藤原氏)によって抹殺された例があります。

 

そしてまた、ここに一人の権力者が登場します。その名は藤原仲麻呂、藤原南家の武智麻呂の次男として誕生します。

 

武智麻呂たち四兄弟が相次いで天然痘で病死した際には、まだ30歳ちょっとで、聡明鋭敏Photo さは評価されていたものの、官位はまだ従五位下であり、政権を担う橘諸兄とは大きな差がありました。

 

しかし順調に階位を上げていき、743年に37歳で参議に昇任、つまり公卿の一員になりました。この頃から諸兄との対立を深めていったようですが、叔母である光明皇后の信任を得たことが大きな要素でした。

 

もっとも諸兄も皇后とは異父兄妹であり、どちらが「皇后を得る」かという権力闘争が強まったともいえます。そして結局、軍配は年若い仲麻呂に上がります。

 

749年に孝謙天皇が即位すると、仲麻呂は一気に大納言に上り、次いで、皇后のために設けられた紫微中台の長官に抜擢されます。

 

この役職はいわゆる令外官であり、中央朝廷である太政官とは別組織ながら、同じあるいはそれ以上の権力を持っていました。

 

755年に諸兄が左大臣を辞任し、ついに朝堂を追われてしまいます。右大臣は仲麻呂の兄である藤原豊成ですが、仲麻呂はこの兄の追い落としを謀ります。

 
そして756年に聖武太政天皇が崩御されると、政局は大きく動いていきます。

大仏建立の裏側で政権抗争が激化する

母も正妻も藤原不比等の子であるという、文字通り「藤原の子」であった聖武天皇の心の変化について、前回のコラムでお話ししました。

 

それは、永く引き離されて会うことのなかった母・宮子との再会が、大きなきっかけでした。精神の病に幽閉されていたらしい宮子と、天皇が出会ったのは実は光明皇后の邸であり、そこは不比等から譲られたものだったそうです。

 

すなわち、この邂逅を演出したのはどうも皇后であるように思われます。そういえば、皇后は聖武天皇の放浪ともいえる遷都行幸にずっと寄り添い、しかもその間大仏建立という大事業の意思決定に、背中を押されたようです。

 

天皇以上に「藤原の子」であった光明皇后も、またそこからの脱皮を図られたようです。不比等の娘であること以上に、橘三千代の子であることを意識し始めたのかも知れないということでした。

 

そんな中で大仏の製作が始まり、そこに膨大な費用と労役が投じられます。それに対するPhoto_2 庶民の怨嗟の声も上がったようですが、天皇は大仏の法力によって平和と安寧を実現したいという、強い思いを持たれていたようです。

 

しかし、大仏開眼の時には天皇はすでに譲位をされていました。開眼法要は752年の春、その3年前に皇太子である阿倍内親王に皇位を譲られたのです。

 
阿倍内親王あらため孝謙天皇は御年31歳、20歳で立太子されましたが、史上初の女性皇太子でした。ですが、それが故に生涯独身でなければならないという運命を背負うことになられたのです。

 
一方で、天武天皇直系の男系はここで途絶えることになりました。

 
さて、大仏開眼の裏側では、朝堂の権力者が入れ替わり始めていました。藤原4兄弟が天然痘で倒れた後で権力を握ったのは、橘三千代の子であり光明皇后の異母兄だった橘諸兄でした。

 
吉備真備や僧玄昉たちが周囲を固め、諸兄政権は盤石のように思えましたが、老いが彼らを政治の中心から去ることを命じます。それに代わって再び台頭してきたのが藤原氏、なかんずく南家の藤原仲麻呂でした。

 
仲麻呂は不比等の子であった武智麻呂の次男、叔母に当たる光明皇后に取り入り、その基盤を利用することで一気に地位を高めていきます。

 
そしてついに、諸兄政権を倒して朝堂のトップに躍り出てくるのです。次回はその仲麻呂の盛衰を中心に。

光明皇后は橘三千代の娘なり

繰り返しになりますが、聖武天皇は「藤原の子」でありました。母である宮子は、藤原不比等の娘であり、皇后である光明子もやはり不比等の娘です。当時は母方の邸宅で幼少年時代をすごしますから、聖武(首皇子)も藤原邸でお育ちになられたのでしょう。

 

しかし変化が起こり始めます。そのきっかけの一つは、長屋王事件であり、それからしばらくして起こった不比等の4人の子の病死(天然痘)でしょう。

 

天皇は、長屋王が何ゆえに嵌められて失脚し、自死されたのかを薄々知っておられたでしょうし、その裏に藤原4兄弟の存在を意識されていたでしょう。

 

端的に言えば、藤原氏によって死に至った長屋王の祟り、すなわち怨霊です。この時代にはまだ怨霊という考えがなかったというのが通説ですが、そんなはずはないという考えも多く、私も同感です。

 

天皇は長屋王や、その他藤原氏によって失脚した人たちの怨霊に、おびえられたのではないでしょうか。そういう怨霊のはびこる平城京を捨てて、東国を御幸され、恭仁京や紫香楽の宮に遷都されたのもうなづけるところです。

 
さて、もっと大きな出来事が起こります。

 
母である宮子は、皇子をお産みになられた後どうもご病気に罹られたようです。その病はおそらく鬱病の類ではないかといわれていますが、皇子からも天皇からも離され幽閉されていたと思われます。

 
それが、橘諸兄政権の顧問格であった僧玄昉の治療で、病が平癒したようなのです。そしPhoto_2て、ある屋敷で天皇との「偶然の」再会を果たすのです。

 
そこはかつての不比等の邸宅、当時は光明皇后に譲られて皇后邸となっていました。ということは、その筋書きを演出されたのは光明皇后ご自身であったと考えるのが妥当です。

 
どうして!?という疑問がわきます。皇后こそ「藤原の子」ではないのか。藤原にとって隠さねばならない皇太后(宮子)を、夫である聖武に引き合わせる、それって、、、

 
この時、光明皇后も「藤原の子」であることから抜け出されたのではないか、そうとしか考えられません。確かに父は不比等ですが、では皇后の母は?

 
皇后の母は県犬養(橘朝臣)三千代、そう橘諸兄の母でもあります。一説には不比等に寝取られたとも伝わりますが、その母の思いを受け継がれたのではないか、とも考えられるところです。

 
藤原氏が行ってきた謀略を眼のあたりにしてきた皇后が、その祟りあるいは怨霊におびえると同時に、母の思い(藤原への復讐?)を感じたというのは、うがちすぎでしょうか。

藤原の子から抜け出そうとした聖武天皇

さて、聖武天皇です。通説によると、体も心もややひ弱であられたらしく、とくに遷都を繰り返された頃から政務を顧みない状況が続いたとも。

 
聖武天皇(幼名は首皇子)は「藤原の子」と、異名されました。父は文武天皇(天武天皇の孫で草壁皇子の子)ですが、母は藤原宮子、すなわち不比等の娘です。

 
故あって、母親とは分け隔てられて育たれたようですが、幼い頃は藤原一族の庇護のもとにありました。母・宮子はどうやら、気鬱(ノイローゼ)症状があったようで、天皇は母の愛を受けることなく過ごされました。

 
そして、后にはやはり不比等の娘である光明子(幼名安宿媛)が皇太子時代に選ばれ、729年に皇族以外では初めての皇后となります。以後は藤原氏の娘が皇后になるという先例にもなるわけですが、光明皇后自身も「藤原の娘(藤三娘)」意識を持たれていたと推察Photo されます。

 
天然痘の猛威から3年後の740年から、聖武天皇の彷徨遷都が繰り返されるのですが、それは心の弱さの故かも知れませんが、もしかしたら「藤原の子」から脱却するための彷徨であったのかもしれません。

 
政は橘諸兄が中心になり、滞りなく進められています。「諸兄政府」に反対して反乱を起こした藤原広嗣はすぐに成敗されてしまいます。

 
都を転々とされる間に、全国に国分寺と国分尼寺を建てる詔が出され、その集大成として大仏建立が具体化していきます。そして天皇は、この大事業に民間の力を活用しようとされています。

 
その中心人物が僧行基です。その死後「行基菩薩」としてあがめられたこの人物、元は朝廷から弾圧された民間宗教集団のリーダーです。その行基を大仏建立の責任者に抜擢した聖武天皇、その底流に「反骨の精神」があったと私は想像するのです。

 
その大仏殿、天皇は紫香楽宮周辺に創りたかったようですが、様々な事件、例えば森林火災などが起こり、最終的に東大寺が創建されます。この火災、どうやら藤原氏の暗躍ではないかと思われるのですが。

戦国時代の女は決して弱くなかった

今年のNHK大河ドラマは「おんな城主 直虎」ですね。主人公である井伊直虎は、戦国時代後半に生まれ、波乱の生涯を送った女性であり、タイトルにある通り井伊谷の女城主となったようだ。

ようだ、というのはドラマが始まる寸前の12月に、「実は直虎は女性ではなく、別人の男性であった」という史料が見つかり、通説を否定する見解がなされたからだ。

もっとも、この資料がどこまで信用できるものであるのかはまだ確認されておらず、今後どPhoto_2 ういう展開になっていくのかは全く不透明だ。

いずれにしてもドラマは年始から始まった。歴史に興味を持っている私だが、実のところこの女城主のことは知らなかった。戦国武将で「徳川四天王」として名を馳せた、井伊直政のことは知っているが、その養母(義母)である存在は知らかったのだ。

女城主と言えば、やはり戦国武将の立花宗茂の妻である立花誾千代のことだけしか、頭にはなかったので、大河ドラマで取り上げられると聞いた時には「なおとら、WHO?」という感覚だった。

それから色々な本に目を通して、一応の知識を得たわけではあるが、ドラマでは展開が早くて何とも佳く分からない。もちろん、史実とドラマとでは細かなことが違うし、脚色されたところもあるからやむを得ない。

これからどういう流れになっていくのかもよく分からないが、戦国時代の女性が男に好いように利用された「弱い存在」だったという先入観念は、否定されそうで嬉しい。

実際に、この時代の女性は確かにたくましい。登場人物の一人である今川義元の母親だって、相当の女傑である。寿桂尼と呼ばれたこの女性は、京の中御門家出身だが、今川氏親に嫁ぎ、氏親、さらに長男の氏輝亡き後の今川家を背負っていた。

義元を還俗させて、後継者争いを勝ち抜かせた手腕は男顔負けでもある。次郎法師として出家していた直虎が還俗する頃に、尼は亡くなっているが、もしかしたら何らかの接点があったとしたら面白い。(22日放映の録画を見たらもう会われていますね)

さてさて、これからのドラマの成り行きに注目していくか。まずは、遠征中で見られなかった日曜日の録画に目を通そう。

聖武天皇彷徨の末に変化の兆し

聖武天皇時代の大きな事件は、前回お話ししたように天然痘の大流行で、政治の中枢にいた藤原不比等の4人の息子「藤原四兄弟」が同じ年に相次いで病死します。

これに代わって朝堂の中心に躍り出てきたのが橘諸兄です、この時すでに53歳。皇族(敏達天皇5世孫)でしたが、臣籍降下して橘姓となります。母が県犬養橘美千代で、不比等に再嫁していて光明子(皇后)の母でもあります。

諸兄は下道(吉備)真備を登用、学僧である玄昉とともに政権運営に当たります。これが737年から翌738年ごろのことです。これに不満を持ったのが、藤原式家・宇合の息子である藤原広嗣でした。

当時広嗣は大宰少弐に左遷されていて、諸兄政権に不満を募らせていました。そして740年の秋、ついに1万の兵を率いて九州で反乱を起こすのでした。しかし追討軍に敗走し、松浦で追捕され処刑されてしまいます。
Photo
ところがこの反乱の最中に、聖武天皇は突然遷都を決意し、伊勢に行幸後そのまま恭仁宮(平城京から木津川を越えたところ・現在の加茂付近)に留まってしまいました。実はここは諸兄の本拠地でもありました。

大極殿も移されてきますが、天皇は突然造営を中止させて紫香楽宮(信楽)に移転、さらに744年難波宮に遷都、そして745年に平城京に戻るのです。この彷徨が何を意味していたのかは類推するしかありませんが、不安定な精神状態であったことは確かでしょう。

一時は紫香楽宮付近に大仏殿を造ることも考えられたようですが、結局元の平城京に大仏建立を目指すことになります。この間に、息子であった安殿(あて)親王が突然亡くなります。

この死は病死(脚気)となっていますが、藤原氏による毒殺の噂もあって、真偽のほどは不明です。親王は光明皇后の実子ではなく、そのために排除されたのではないかという疑いがあるわけです。

こうして後継ぎをうしなった天皇は、初の女性皇太子になっていた(738年)阿倍内親王への譲位を考え始めるとともに、大仏建立に心血を注ぐことになるわけです。ただ、どうもこの頃から気持ちの変化が始まったように思われます。

すなわち、「藤原の子」からの脱却です。それについては次の機会に。

長屋王の怨霊が混乱の元であったかも

聖武天皇の即位から13年、長屋王の変から8年、737年に世の中をひっくり返すような出来事が起こりました。長屋王亡き後、朝堂を牛耳っていたのは藤原不比等が遺した4兄弟、武智麻呂(南家)、房前(北家)、宇合(式家)、麻呂(京家)でしたが、この4人が相次いで病死するのです。

原因は天然痘でした。元々日本には天然痘はありませんから、おそらく中国大陸から朝鮮半島を経て九州にもたらされ、それが一気に西日本に広がって、平城京を襲ったものと思われますが、中央政府のトップの半数以上がなくなるという猛威でした。当然政権はガタガタになります。

聖武天皇は震え上がったことでしょう。当時は病の原因もほとんどわかっていませんでしたから、天然痘の猛威ももちろんですが、何よりもその裏に「祟り」があるのではと思われたことでしょう。つまりは怨霊の仕業だと。誰の怨霊?

もちろん長屋王です。その自死に対して天皇自身は手を下されてはいないでしょうが、変の原因の根元には自分の存在があることは、感じておられたに違いありません。おそらく「自分に天皇としての徳がないからこの疫病が流行った」、そして長屋王の怨霊がよりひどい状況をもたらせていると。

前者については、自ら仏弟子となって徳を高めるとともに、仏の功徳を世に広めるために何ができるかを考えられたことでしょう。そこで全国に国分寺と国分尼寺を建立する詔を出Images されます。そしてその中心になるべき存在として、大仏建立を発意されたのでしょう。

一方長屋王の怨霊に対しては、どうされたのでしょう。残念ながら、何をどうされたのかについては記録が残されてはいません。これをもって、この時代はまだ(平安期に見られるような)怨霊思想はなかったという歴史学者がおられるようですが、バカじゃなかろうかと思います。あったに違いない、私の結論です。

後世の、例えば早良親王に対するような、あるいは菅原道真に対するような対応・対処が、宮中で秘かになされたと考えるのが当然だと思いますよ。

光明皇后が施薬院や悲田院をつくり、そこで活動をされたことも、あるいはそこにつながることではないかと。とくに皇后は藤原氏の出であり、亡くなった4兄弟は異母兄たちですから、余計に強い思いを感じられたことでしょう。必死であったというと、大げさすぎるでしょうか。

ところで朝堂、政治の中心は藤原4家の柱がいなくなったことで、橘諸兄がその任に当たりました。諸兄は橘三千代と先夫(美努王)との子で葛城王と呼ばれていましたが、臣籍降下して橘姓に。三千代は藤原不比等と再婚し、その子が光明子ですから皇后と諸兄は義キョウダイ(異父兄妹)になるわけです。

ところが、このあたりから聖武天皇の混迷が始まるのです。

より以前の記事一覧