西郷が待ち望んだ江戸藩邸襲撃

徳川慶喜が大政奉還を申し出ると同じタイミングで出された討幕の密勅(実は偽勅)、その先兵として西郷隆盛の命により、江戸に送り込まれたのが薩摩藩士の益満休之助と伊牟田尚平であった。

 

すでに江戸三田の薩摩藩邸には相楽総三が、尊皇攘夷の浪士や不逞の輩を数多く(一説には500人とも)集めていた。益満と伊牟田が司令塔となって江戸市中での組織的な乱暴狼藉、放火、略奪、暴行が開始された。

 

大政奉還の直後に討幕の実行延期の沙汰書がなされ、討幕の密勅は事実上取り消されのだが、その報せが江戸に届いたのはずっと後だったし、走り出した過激な動きは止めようがない。

 

しかも乱暴狼藉や略奪、強姦の類は実行部隊の「実益」なので、いかんともしがたかった。幕府よりと目された商家への押し込みにはまだ理由が明確だったが、その内に見境がなくなる。

 

幕府も手をこまぬいていたわけではない。主力部隊は京都に出向いていたので、慌てて陣容を整えたが、その主力となったのが庄内藩であり、幕府傘下の新徴組であった。

 

取り締まりは強化されたが狼藉部隊は神出鬼没、しかしその内に「基地」が三田の薩摩藩邸であることが明白になってきた。藩邸というのはいわば治外法権だから、幕府といえども簡単には手を出せない。Photo

 

しかし証拠は明らかであり、凶行はエスカレートしている。その範囲は江戸市中のみならず、周辺にも広がり集団も大規模になっていく。その連中も皆、薩摩藩邸に逃げ込むのだ。

 

逃げ込むところを捕まえようとしたのだがうまくいかないし、藩邸に逃げ込まれてはどうしようもない。逆に、新徴組の屯所や庄内藩の屯所が銃撃され死者が出るに及んで、ついに堪忍袋の緒が切れた。

 

ついに薩摩藩邸に出向き、浪士や狼藉者の武装解除と引き渡しを通告したが、藩邸の留守役がこれを拒否。それを契機に庄内藩兵が一気になだれ込み、銃撃を行いさらに火をつける。

 

何しろ多勢に無勢で薩摩藩邸は全焼し、一部は逃亡に成功したが、150人以上の浪士が殺されるか捕縛された。これが世に言う「薩摩藩邸焼き討ち事件」である、時は慶応3年の暮れ。

 

西郷はこの報せを、今か今かと待っていたという。つまり相手から「手を出させた」わけで、戦いへの名分ができたことになる。しかも、江戸から知らせを受けた大坂の幕軍はいきり立ち、討薩ムードが高まっていく。

 

こうなると慶喜や老中たちもこれを抑えきれない。抑えつけようものなら、逆にキレられてしまう感じだったようだ。慶喜たちも意志を固める、そして年が明けて慶応4年冬、ついに京都への進軍を開始したのだ。

 

西郷のもくろみが成功したわけだ。しかし、そのために江戸市中の罪もない人がどれだけひどい目に遭ったか、正に手段を選ばずという姿勢が見えてしまう。

 

しかもなお後日談がある。それは江戸の狼藉部隊を率いた相楽総三のことだ。いかに西郷が非情の男であったか、それを追ってみることにしよう。

 

今日はここらでよかろうかい(と「西郷どん」風に)。

あまりにお粗末な「西郷どん」の筋書き

22日夜のNHK大河ドラマ「西郷どん」を見た。ちょうど、禁門の変を巡っての動きであったが、見ての感想はあまりに西郷を美化して描きすぎだなということだった。

 

まぁ、小説をさらにドラマ化したものだから目くじらを立てる必要はないが、それにしてもここまで「持ち上げる」というのはいかがなものかなぁ。

 

史実であるところの、薩摩の高崎正風(佐太郎)が会津の秋月悌二郎に接触し、長州藩の追い落としについて合意を取り付けたことには全く触れられていない。薩会同盟とも言われるが、これは無視されている。

 

これがあったからこそ、西郷に率いられた薩摩軍は蛤御門を守って劣勢に立っていた会津を救援に駆けつけたのだし、大将(来島又兵衛)を討たれた徴集兵に投降を呼びかけたなど、笑止千万なことだ。Photo

 

長州兵たちは明らかに御所に向けて大砲や鉄砲をぶっ放したのであり、この瞬間「朝敵」に成り下がったわけだから、それを赦すなどということがあるはずもない。現場指揮者がやったら、それは越権行為だろう。

 

この時期、西郷はまだまだ「重要人物」ではありえなかったし、前回も書いたように薩摩の中でもまだ「浮いた」存在であった。

 

実際、この禁門の変で勲一等は高崎佐太郎であったし、かれは京都留守居役という重要職に就いている。しかも高崎の方がむしろ戦を否定する立場を貫いた。薩摩の実権者である島津久光の意を介して動いているはずだ。

 

とくに高崎は、幕府に対しての戦事(武力討幕あるいは倒幕)にはずっと否定的であり、そのために西郷と対立したために結果としては失脚する。よって、当初は新政府に出仕していない。

 

おそらくこのドラマの中では、長州兵の投降を赦さず皆殺しを命じた徳川慶喜の存在を浮き上がらせ、西郷との人間愛の差を際立たせる筋書きであろう。

 

次第に西郷が、慶喜との考え方の差を浮き彫りにしていき、やがて幕府を倒す方向へと舵を切る、そのきっかけの一つとして活用するのだろう。

 

そんな私の感じ方が合っているのだとしたら、ひどく底の浅いドラマだなぁと言いたくなる。もっとも原作を読んでいないので、林真理子の底も浅いのかどうかは知るところではないのだが。

 

さて、いよいよ京都では西郷と大久保の独走が始まっていくわけだ。もちろん仕掛け人がいる、それが岩倉具視だ。色分けするとすれば「謀略の人」であろう。まずはこの3人が手を結ぶことになる。

 

前回までに述べた王政復古の大号令、そして小御所会議の主役は岩倉だ。大久保はそれを表から支え、西郷が裏から支えたことになろう。何しろ「短刀一本」の御仁だから。

 

ついに慶喜は追い込まれる。しかし、まだ足りない、そこで西郷が手を打つことになる。それが幕府のお膝元である江戸市中を混乱に陥れることに他ならない。

 

混乱させることが目的ではない。堪忍袋の緒が切れた幕府あるいは親幕藩のどこかに、引き金をひかせることが目的なのだ。それに引っかかったのが庄内藩だった。

幕末薩摩のキーマンは小松帯刀だった

歴史の教科書ほどいい加減なものはない、と断言できるほど私は研究者でも物知りでもないが、それにしても随所に間違い記述、あるいは一方的見解による記述が目立つことは事実だろう。

 

ヘンな言い方になるかも知れないが、それならばいっそ隣国のような「国家的偏見」に基づいた記述の方が、筋が通っていると思ってしまう。事実を曲げるということに関しては同床異夢だろうが。

 

幕府の崩壊が進行する幕末という時期のスタートを、ペリーの来航に基点をおくことに何の疑問を感じない記述から始まって、薩長が偉い、幕府がアホやといった根本的な考え方は誤っている。

 

遡って恐縮だが、江戸幕府は一度も「鎖国法」などは制定していないし、幅広く解釈すれば江戸開府以来一度も鎖国をしていない。限られた枠の中ではあるが、外国との交易も続いていた。

 

鎖国は祖法ではない証拠に、家康は盛んに交易を進めていたわけだし、ヤン・ヨーステンやウィリアム・アダムスを側近としていたではないか。キリスト教の布教は禁じたが、国を閉ざしてはいない。

 

名実ともに開国をしたのは間違いなく江戸幕府という政権であったし、そのあとでも薩長、とりわけ長州藩は攘夷を標榜し実行までやっていたではないか。その賠償金まで幕府に払わせ、あとは頬被りだった。

 

昔私が学んだ頃の教科書には、ペリーが日本に初めてやってきたアメリカ人(の外交使節)だと書いてあったが、もちろんこれは誤りである。その以前からオランダ国旗を掲げて、長崎に入港してきてもいた。

 

江戸の市民はびっくり仰天して恐れおののいたともあったが、それは江戸湾深くに進入した最初だけで、あとは極めて平静そのものだったことは、いくつもの文献に書かれているとおりだ。

 

話を進めよう、教科書には書かれていない事実のことだ。

 

小御所会議が殆ど空中分解してしまったことで、西郷たち(大久保と岩倉など)は焦った。徳川慶喜への辞官納地、とくに納地命令が直ちに実行されなければ、カネのない朝廷政府は瓦解してしまうのだから。

 

しかし、薩摩藩全体が西郷たちの思うとおりに動く状況ではなかった。いや、むしろこの時期は西郷たちの思惑とは異なる考え方の方が主流だったと思える。国父の島津久光自身がそうであったようだ。Photo

 

この後も久光と西郷たちは対立を深めていくことになるのだが、すでにこの頃から溝は深くなっていきつつあったらしい。その狭間で調整役を担っていたのが、家老の小松帯刀だった。

 

帯刀の存在を忘れて、幕末の薩摩を語ることはできない。いやむしろ、もっと中心に帯刀をおいて論じるべきではないのかと思うほどだ。身分が違う、帯刀と西郷や大久保とでは月とすっぽんだと言って良い。

 

藩主や国父に直接もの申せるのは帯刀であって、西郷たちではない。岩倉は久光にもの申せる立場だが、久光は国元に帰ってしまっている。よってこれまた帯刀を介するしかない状況だった。

 

だから、西郷は全く別の次元での行動を開始したのだ。もし万が一のことがあっても、薩摩藩とは無関係であると弁明できるところで暗闘を開始したのだった。

西郷の汚点その1は教科書には載らない

友だち追加 ←ヴァンガード経営研究所・LINE@フォロワー募集中

大河ドラマの『西郷(せご)どん』は、いよいよ場面が幕末の京都すなわち「維新」とやらのまっただ中に展開していくようです。そんな中で、私が『西郷の汚点』としている部分がどう描かれるか、興味津々です。

 

おそらくさらりと流していくのでしょう、あるいはことさらに必要悪だったことを強調するのでしょうか。原作者(林真理子)の思想信条からいうと、後者に近いのかも知れませんが。

 

その、私が言うところの西郷の汚点とは次の二つです。

1) 暴力をもって江戸の街を混乱させ、さらにその首謀者を冷酷に切って捨てたこと

2) 西南戦争であたら若い命を無駄に死なせたこと、その以前に江藤新平を見捨てたこと

2)の方についてはまた別の機会に譲るとして、どちらにしても敬天愛人などということを標榜している人物とはとても思えません。


さて、小御所会議は殆どなにも決められないまま、いや正確には決めたことは決めたけれども、実効性は乏しいままに空中分解してしまいます。首謀者たる岩倉具視は、おそらくかなり弱気になっていたことでしょう。

 

それを励まし、奮い立たせたのが西郷吉之助であり大久保一蔵であったと推察されます。それこそ「短刀一本で片がつく」という、西郷の考え方がここから実際に実行されていくのです。

 

ところが、教科書で教えられる維新史では、そこのところは殆ど触れられていません。教科書では、王政復古の大号令が機能して幕府の実権は停止し、新政府が機能し始めたとあります。

 

それに抵抗した幕府側が、鳥羽伏見の戦いを起点とした戊辰の役なるものに突入し、新政府軍は勝利を重ねていって維新を成功させたと。

 

事実はどうだったか、小御所会議では徳川慶喜に辞官納地を命ずるというところまでは提起されましたが、議定とくに諸侯の反対で完全に骨抜きにされてしまい、辞官納地を迫るには戦うしかないところに至ったのです。Photo

 

つまりこの時点で、初めて「討幕(倒幕)」ということが現実味を帯びてくるわけです。世の中の大勢は、この時点では決して倒幕ではなく、朝廷内の急先鋒岩倉にしてもまだ弱気であったのです。

 

島津藩つまり島津久光は元来が親幕であり、朝廷の意向は大事に奉るが決して幕府を倒そうなどとは思っていなかったはずです。むしろ西郷や大久保の動きを、苦々しく見ていたことでしょう。

 

第一、幕府は大政奉還を行ったのですから、政権は朝廷に戻っているのであり、倒幕する大義名分などどこにもないわけですから。だから西郷は、ここで秘策を繰り出さざるを得なくなってしまいます。


それは、旧幕府側を挑発することでした。これは「けんか」の発想です。相手の方から先に手を出させて、それを名分にして戦いの渦の中に引き込んでいく。やくざまがいといっても言い過ぎではないでしょう。


西郷は江戸にいた益満休之助伊牟田尚平に命じ、相楽総三たちあぶれ者の浪士たちを集めて、江戸の街中で凶悪犯罪を行わせたのです。殺人、放火、押し込み掠奪、強姦など、幕末史の汚点というべきものです。

小御所会議を決した「短刀」の真実

友だち追加 ←ヴァンガード経営研究所・LINE@フォロワー募集中

慶応3年(旧暦1867年)の12月に、「王政復古の大号令」というものが出される。王政復古の勅は、本来それ以前に準備されていたが、徳川慶喜の大政奉還にタッチの差で躱される。

 

その後は、確かに慶喜の思惑通りに進んでいた。当時の朝廷には政権担当能力はなく、とくに外交に関しては幕府に依存せざるを得ない。海外勢力も、外交権が将軍(慶喜)にあることを認めている。

 

第一に、朝廷にはその政権を支える戦力が確立していないばかりか、何よりもカネがなかった。戦力は辛うじて薩摩や芸州軍などが集結しつつあったが、会津や桑名の在京軍にはまだ太刀打ちできない。

 

当初出される予定だった王政復古の勅、もっともこの詔勅はどうも偽造くさいのだが、いずれにしても引っ込めざるを得なかった。

 

そこで一発逆転を狙って出されたのが、12月の「王政復古の大号令」なるものだった。いわば宮中クーデターというべきもので、その中心にいたのが岩倉具視、支えたのが大久保一蔵と西郷吉之助だったといわれている。

 

果たして事実はどうだったかというのはわからないが、この号令の意図するところを実現するためにもたれた会議が、いわゆる小御所会議であった。Photo

 

号令の意図するところは、幕府の廃止と慶喜将軍辞職の承認、合わせて摂政・関白の廃止、それに代わる総裁・議定・参与の設置などである。そして徳川家に、その膨大な領土を朝廷に返納(納地)させることであった。

 

会議の冒頭にかみついたのは山内容堂であった。前将軍の慶喜が会議に参加していないのはおかしいのではないかと。慶喜は将軍を辞したが、徳川宗家のトップであるわけで、その納地を謀るなら出席は当然だろうと。

 

その容堂を、岩倉は言葉尻を捉えて沈黙させる。このあたりが岩倉の面目躍如だろう。それで黙ってしまう容堂も容堂だが、それでも会議は紛糾して、何も決まっていかない。

 

それを解決したのが西郷だと言われる。西郷は議定メンバーに入っているが、小御所会議自体には参加せず、建物周辺の警備に当たっていたそうだ。

 

そして休息の時間に、「短刀一本あれば解決することではないか」と、岩下方平を通して大久保と岩倉に伝えたそうだ。これが土佐の後藤象二郎を通じて容堂にも伝わる。

 

この時代の西郷が何を目指していたかが分かるエピソードだ。もっとも真偽のほどは不明で、そんなことは言わなかったとも。しかし、会議所の周囲を取り巻く警備の軍のリーダーが、そういう意識でいたわけだ。

 

これで会議の雰囲気が変わり、ついに慶喜への辞官納地命令が決定される。ただし、決定事項が実行されたわけではなく、次第に骨抜きにされたほか、大名メンバー(参与)は次々に帰国してしまう。

 

そこで西郷はついに牙をむき出しにしていく、「短刀一本」と同じ発想だ。徳川を戦いの前面に引きずり出してくることだ、とくに先に手を出させるのが一番だ。西郷の『汚い部分』が始まるのだ。

「維新」という言葉の胡散臭さに物申す

明治「維新」という言葉がいつ頃から使われ出したのか、これについても実は諸説がある。明治10年前後の文書に記載があるとも言われるが、大正デモクラシーの頃、あるいは昭和に入ってすぐくらいとも。

 

少なくとも、幕末にこの言葉が使われたということはない。「御一新」というような言葉は使われていたようだが、勤王の志士と呼ばれたテロリストたちが維新という言葉を使った記録は皆無のようだ。

 

そもそも維新という言葉はうさんくさい臭いがする。それを名乗る中央政党や地方政党があるが、とくに前者の方はつかみどころがない。支持が広がらないのもさもありなんだ。

 

とくに忘れてはならないのは「昭和維新」とやらだろう。かれら、すなわち軍部や右翼たちが何をやって、どういう結果を招いたかを思い浮かべてみるがいい。

 

テロを多として次々に反対派や重臣を暗殺したことも、また天皇の名を語り利用したことも、何だか幕末の薩長どもの動きに通じるところがある。もしかしたら、それを真似していたのかも知れない。

 

維新という名に酔いしれて、その表面事象だけを自分たちに都合良く脚色し、理由付けしてやっていたとしか思えない。その結果がどうなったのかは、ここに書き連ねるまでもないだろう。

 

そんな明治「維新」を150年記念とか称して、改めて絶賛しようというのか、とんでもない話だ。いや、もう各地でいろんなイベントが始まっている。先日訪れた土佐高知でも、様々な幟や看板が林立していた。

 

江戸幕府(徳川政権)や幕藩体制、あるいは幕政が良かったなどという積もりはない。そろそろ時代に合わなくなってきた事は認めざるを得ないし、世界の流れからいえば変わるべきところではあった。

 

だが、幕政の進んだ部分まで全面否定することはなかったし、活用すべきことは活用すべきであった。それを無視して、がむしゃらに討幕に走ったのはいかがなものか。

 

こうしたことが、薩長史観をベースにしている歴史教育が全く無視して、あたかも幕末の志士と言われる連中が維新という意識を持ち、それが西欧を追いかけていく新しい体制を作り得たとするのは言語道断だ。Photo

 

その代わりに200数十年の平和という、世界にも稀な江戸時代そのものを否定してしまい、あまつさえ幕末の徳川官僚たちの世界観や外交努力まで全否定しているのは許せない。

 

一方、最後の将軍慶喜も策を弄しすぎた感がある。おそらくこちら側から積極的に動くことで、主導権を握ろうと考えたのであろう。確かに、当時の朝廷側には外交も内政もできるテクノラートがほとんどいなかった。

 

自ら大政を奉還して、右往左往する朝廷側から妥協を引き出し、再び新政権のリーダーになろうとしたのであろうが、逆にその自信満々が故にスキが生まれたようにも思える。

 

討幕側は一発逆転の秘策に出た。大政奉還と同じタイミングで出そうとした王政復古の勅(もちろん偽勅)は失敗したが、慶喜の主導権を渡さない状況で新たな勅「王政復古の大号令」を出したのだ。

 

これも偽勅に類するものだろうことは論を待たない、と私は思っている。

坂本龍馬と司馬さんの「竜馬」とは違う存在だ

土佐の高知に来ている。前回来たのが5年前の2013年2月だったから、5年ぶりの訪問ということになる。一昨夜は夜遅くに着いたので、そのままホテルに直行した。

 

高知と言えば坂本龍馬である。いや、歴史的には山内容堂や後藤象二郎、乾(板垣)退助の方が重要な役割をしたと思うのだが、やはり龍馬に注目が集まる。

 

今年は明治維新150年ということで、高知もまた龍馬を中心としたイベントが始まっているようだ。今回は時間がなくて記念館などにも行けないが、町の雰囲気は感じられる。

 

龍馬に注目が集まるのは、司馬遼太郎さんの影響が大きいのだろう。経営者のみならず、若い人にも司馬遼太郎さんの『竜馬が行く』を愛読書とする人が少なくない。

 

だがしかし、ホンモノは龍馬であり「竜馬」ではない。竜馬はあくまで、司馬さんが小説の中で作り出した主人公である。Photo

 

しかし、小説の中の竜馬のようにホンモノの龍馬も同様のことをやったのだと、思っている人も少なくないはずだ。

 

竜馬は英雄であり、歴史の中の傑物である。歴史を動かしたと言ってもいい、明治維新は竜馬が企画し多くの人たちが実行した、というようにもとられている。

 

完全に否定しようとは思わないけれど、とくに土佐の高知ではそういう話をしてはいけないのかも知れないけれど、フィクションはあくまでフィクションだ。

 

確かに、坂本龍馬は当時としてはかなり先進的な意識や世界観を持つに至ったが、現実にそれほど大きな役割を果たしたとは思えない。

 

薩長同盟(とやら)の立会人ではあったが、それ以上でも以下でもない。ましてや、日本最初の商社を経営して世界に乗り出そうとしていた、などというのは司馬さんの創作である。

 

もちろん若くして暗殺されてしまったので、天寿を全うしていたらもしかして小説に描かれたような夢を、実現していったのかも知れない。

 

だがそれはあくまで歴史のイフであって、事実ではない。さりとて、維新史に全く影響を与えていないとも言えないはずだ。龍馬は間違いなくコーディネーターであった。

 

いや、コーディネーターを目指していたのではないか。あらゆる考え方を取り入れて、そこから新たな組み合わせを創案し、提示していく能力はあったのだと思う。

 

だが、明治の初めしばらくは坂本龍馬は全く無名の存在だった。明治の中頃になって、ようやく「姿を現した」のだ。それは、時の政府にとって必要だったからではないか。

 

そういう背景を理解した上で、龍馬が生きた時代を振り返ってみることが必要だと思う。

西郷の「敬天愛人」性を否定する

前週は薩長同盟(と呼ばれているもの)について、諸説を引っ張り出してみた。そこに関わったのが、薩摩側が西郷と小松(帯刀)、長州が桂小五郎(木戸寛一)、そして坂本龍馬や中岡慎太郎が絡んでいたようだ。

 

だが実際のところは、つまり「確定的な事実」という部分はやや霞んで見えない。上のような人物が見え隠れしていることは事実のようだが、密約の部分もいささか不透明だということを書いた。

 

何しろ、龍馬が裏書きしたという桂(木戸)の「覚え」(書き取り)しかないわけで、正式に取り交わした書面はない。しかもその内容は、まだ「倒幕」までには及んでいない。

 

しかし、この後西郷は次第に倒幕にシフトしていく。というよりも、周囲の誰よりも倒幕意識を強めると共に、実際行動を重ねていく。

 

私は、決して西郷の功績を否定する気は無いが、さりとて明治維新の最大功労者として手放しで評価することには否定的だ。少なくとも、偉人であるとか英雄であるとか、さらには清廉高潔な人であったとかにはダメ出ししたい。

 

ましてや「敬天愛人」を理念として行動した、などとはとてもとても。

 

西郷の「敬天愛人」性を否定する3つのことを上げていこう。一つは、慶喜が大政奉還した後の小御所会議で、幕府側を「短刀一本でどうにでもなる」と恫喝したこと。あれは本気だったと思う。

 

第二は、幕府側に先に引き金を引かせるために江戸で騒動を起こさせたこと。乱暴狼藉、略奪を命じたのは西郷であることは明白だが、しかもその首謀者を後に「薩摩とは無関係」と処刑したこと。

 

そして第三に、奥羽越列藩同盟に対する東軍の卑劣な軍事行動に対し、全くそれを止める行動をとらなかったということ。西郷自身は庄内藩を攻めたが、恭順を勧めて戦いを収めているのだが。Photo

 

なぜ、それを長岡藩や二本松藩、会津藩に対しても行わなかったのか。方面担当が違っていたといってしまえばそれまでなのだが、つまりは教科書歴史が言うほど、彼には力がなかったのではないか。

 

いずれにしても以上の3つで、私は西郷の評価を下げてしまう。もっと言えば、佐賀の乱でなぜに江藤新平を助けなかったのか。江藤ほど新政府内で清廉潔白な人物はいなかったのにだ。

 

さらには西南戦争、なぜに兵を挙げたのか。しかも、稚拙な戦略と戦術で多くの若者を死地に追いやった。以上を上げてみてなお、西郷を超一級人物として評価しうるのか。龍馬暗殺の黒幕説もあるが、これは疑問だ。

 

返す返すも残念なのは、小松清廉(帯刀)=写真=の若すぎる死だろう、35歳だった。小松であれば、西郷や大久保を十分にコントロールし得たであろうし、島津久光をもっと上手に活用したと思えるのだ。

 

まぁ、死んだ子の年を数えてもしょうが無いし、歴史のイフを繰り言してもしかたがない。

 

では、そろそろ西郷の卑劣な倒幕戦術にメスを入れていくことにしよう。

西郷の陰謀に引っかかった江戸幕府

私は、江戸時代末から明治初期における変革を、何もかも否定しようというのではない。ただ、『明治維新』とかと名付けて異常に持ち上げるのはどうかと、疑問を投げかけているわけだ。

 

明治の変革が正しくて、その以前の江戸幕府のやり方は全て間違っていて、あのままでは欧米列強の侵略を受けて大変なことになっていた。だから明治維新は正しいことだった、という論には与しないと言っている。

 

もちろん、幕府のやっていたことが正しかったなどとは言わないし、あのまま進んでは問題が噴出したであろうということには異論はない。しかし対応能力(を持つ幕僚がいたという事実)があったことは確かだ。

 

実際のところ、明治新政府はそのスタートに際して実務官僚がほとんどいなくて、かつての幕府官僚・役人を雇わざるを得なかった。そして、彼らが現場の実務をうまくこなしたことで、維新とやらを実現したのだ。

 

その功績のほとんどは、維新とやらを推進したらしい薩長アンド土肥の藩士たちのものとされたが、事実誰がやったかということはキチッと伝えるべきであろう。

 

もっとも、為政者によって歴史がねじ曲げられることは慶応から明治の歴史に始まったことではない。古代もそうだったし、中世も近代もそうであった。例えば徳川家康がそうだった。

 

家康の事績は確かに群を抜いていたが、東照神君をあがめ奉るための「歴史」も多々あった。例えば、織田徳川連合軍が、浅井朝倉連合軍を破った姉川の戦いもその一つだ。

 

歴史にはこうある。織田軍は向かい合った浅井軍に攻め込まれ、先鋒から中軍さらに奥まで攻め込まれて危機的状況だった。それを見た徳川軍が朝倉軍と戦いながら、一部を割いて浅井軍を攻め切り崩して織田軍を救った。

 

確かに、織田軍が浅井軍に押し込まれたことはあったが、切り崩されたことは事実ではない。結局、これは家康の戦を素晴らしいものだった、さすがに神君であると言いたかったのであろう。

 

歴史は繰り返される。幕末の薩長軍も、結果としては幕府軍を鳥羽伏見の戦いで打ち破り、江戸まで攻め込んだことは事実だとしても、これは幕府軍の拙攻や指揮系統の乱れ、何より総大将の慶喜の責任であった。

 

鳥羽伏見の戦いそのものも、圧倒的に幕府軍の方が数は多かった。装備の近代化が薩長軍より遅れていたことは事実だとしても、全体としては(数を含めて)決して劣るものではなかった。

 

その戦いの火を付けたのは西郷隆盛だ。薩長軍は、どうしても幕府軍に先に大砲や鉄砲を撃たせたかった。それを朝廷すなわち天皇への発砲とすることで、大義名分を作りたかったのだ。Photo_3

 

そこで西郷は、遠く離れた江戸の街で騒乱を起こした。騒乱というが、内実は乱暴狼藉、略奪だった。騒動を起こした連中は薩摩藩邸に逃げ込んだ。そこで業を煮やした庄内藩(江戸市中取締役)が薩摩藩邸を攻撃した。

 

西郷はその報せを聞いて「やった!」と叫んだことだろう。指を鳴らしたかも知れない。名分はできた、あとは相手に先に撃たせればさらに良い。その仕掛けに、幕府軍は見事に引っかかってしまった。

 

許せないのは、その乱暴狼藉を起こした連中を、西郷は生かすことなく抹殺したことだ。彼らは使い捨ての道具に過ぎなかったのだ。そんな西郷に「敬天愛人」はふさわしくないと思うのだが、いかが。

西郷隆盛は「敬天愛人」ではなかった

昨日は、とある倫理法人会のモーニングセミナーで「歴史から学ぶ」というテーマの講話を、聴く機会に恵まれた。ここにも、私と同じ考え方をされる方がいるのだと思うと嬉しかった。

 

語られた内容については、いくつか異論を呈したいところもあったがそれはそれ、いずれにしても「正しい歴史」を学ぶことの大切さという観点は共通であった。

 

いずれにしても、かねてから私は「歴史は人間(の行動)が創る」と、いつのセミナーや講演でも申し上げてきた。あくまで行動の結果としての歴史を学ぶことであって、作られた歴史ではない。

 

つまり、時の為政者によって作り上げられた(都合良くねじ曲げられた)歴史ではない、ということだ。それは真実ではないのだから、学ぶ価値はないとまではいわないが、異論にも耳を傾けるべきであろう。

 

そんなわけで、私自身もこのブログのコラムで、明治維新と言われる「官製歴史」について異論を書き連ねているわけだ。150年経ってようやく、様々な異論が出て問題提起がなされていることはいいことだと思う。

 

例えば大河ドラマで今年は西郷隆盛が主人公だが、その描き方が今後どういう形になっていくのかについては、甚だ心配をしているわけだ。

 

というのも、いつの頃からか大河ドラマの「質」が下がったように思えるからだ。視聴率が20%前後だと言われるから、単純計算で2500万人が観ていることになる。その多くは歴史と大河ドラマの区別がつかない。

 

大河ドラマで描かれている世界が、「歴史(史実)そのものだ」と思ってもらっては困るのだ。かなり以前は、それでもドラマとしての『質』が高かったので安心していたのだが、ここのところはひどすぎる。

 

特にひどかったのは、何作か前の「花燃ゆ」だった。それこそ、時の総理大臣の心を忖度したとしか思えない内容であった。第一、あの作品の主人公はいったい誰だったのだろう?

 

それはともかくとして、いよいよ西郷が幕末史の表に登場してくる。彼の座右の銘とされるのは「敬天愛人」だが、この中の「天」とは天の下すなわち日本世界だとかではなく、尊敬していた島津斉彬だと言われる。Photo

 

文字通り「天を敬い、人を愛す」人間であれば、幕末に西郷がやったこととは大いに矛盾する。天を敬うのであれば、あの時代なら天皇(のお考え)を敬うことであるはずだが、彼にとっての天皇は「玉(ぎょく)」だった。

 

孝明天皇の真意は親幕であり、公武合体であったことは前回のコラムに書いたが、間違いなく朝敵長州を討伐することを望まれていた。が、西郷はそれを徹底しなかったし、第2回征伐には薩摩藩を出兵させなかった。

 

人を愛すの方についていえば、彼自身は尊皇攘夷の『人斬り』はやらなかったが、反対派に容赦なかったことはいうまでもない。田中(人斬り)新兵衛や中村半次郎(後の桐野利秋)が、西郷の代わりを実行した。

 

鳥羽伏見の開戦において、幕府側から「まず撃たせる」ことを意図して行ったのは、江戸での乱暴狼藉だった。平和な江戸で争乱を起こし、幕府側が感情的に立ち上がらざるを得ないようにもっていった。

 

だがその実際の首謀者は、事が終わると抹殺されている、指示したのは西郷だ。己の手を血まみれにはしなかったが、彼によって血まみれになったのはだれだったろうか? いよいよ踏み込んで語ろうか。

より以前の記事一覧