「教えない」研修なのにまたやりたい!?

先週の遠征から、昨日の夜自宅に戻りました。少し道が濡れていましたが、幸いに雨はもう止んでいたようでした。梅雨時の遠征でしたが、傘を差したのはホンの僅かの時間だけでした。

 

実質4日間の遠征の前半はMGセミナーの講師、翻って後半の2日間はMG研修の受講生、真反対の立場での学びの週となりました。こういうのを、脳力開発的にいえば「対比的に学ぶ」となるのでしょうね。

 

前半の講師の2日間では、参加者の半数以上がMG初心者、その他の方も4月に始めたばかりの方々でした。時間配分も余裕を持ちながら、大切なポイントではできるだけゆっくり丁寧を心がけます。

 

ただ、MGはあくまで行入の「身体で感じて身につける」研修ですので、手取り足取りということは全くありません。受講経験のある方は分かるはずですが、通常の一般的な研修講座とは大きな違いがあります。

 

T_20170623_mg7

MGでは、導入部の講義の中で真っ先に「教えない、教え合う、紙は自分で」ということを、受講者に伝えます。初めて来られた方は、「教えない」という言葉にいきなり戸惑います。えっ!?どういうこと?

 
つまりこういうことです。MGは300(万)円の資本金で会社を設立し、製造販売業を行う、すなわち材料を買って工場で作り、できた製品を販売する疑似体験ゲームです。一般の経営研修であれば、どうやったら売上を上げられるかをまず教えるでしょう。

 
どうやったら、原料(材料)を安く買えるのか、どうやったら効率的に製造できるか、どうやったら他社より高く売って利益が取れるのか。どうやって自己資本を伸ばしていくのかまで、懇切丁寧に教えてくれることでしょう。

 
ところがMGでは、インストラクターは一切教えてくれません。何もかも自分で考え、自分でやって下さいといきなり突き放されるのです。

 
諸表への記帳の仕方は、一応順を追ってキチッと教えますが、それは基本的に最初の1回だけで、次(2年目の経営)からはそれも自分でやりなさいと言われます。もちろん質問にはキチンと答えます。立ち往生すれば、手を差し伸べます。

 
ゲームですから、ルールや進行については説明をいたします。しかし、初参加の方には,余りに情報が多くてとても全てを理解するなど不可能です。でもそれでいいのです。ゲームをやってみれば、分かりますから、それが行入なのです。

 
というわけで、今回もMG初心者の方は大変だっただろうと思いますが、2日間終わって振り返ってみれば、なるほど苦労はしたけれどそれなりにやれたなと気付きます。時間がかかっても、ちゃんと決算まで完了し、なぜこうなったかを考えていたはずです。

 
最後に感想文をとりますが、その中にはほぼ全ての方が「大変だったけど」、「またやりたい」と記されていました。講師へのリップサービスではないはずです、間違いなくそう感じられたと確信しています。

 
あなたも、ぜひ次のチャンスに参加してみられませんか。

第1回もりおか開運MGが開催されました

今週の8日と9日の2日間、盛岡市郊外の緑豊かな高原で、西研MGのセミナーが開催されました。盛岡での開催は、私の記憶している限りでは2007年の7月以来であったと思いますので、ちょうど10年ぶりということになります。

その10年前のセミナーにも参加していましたが、確か台風の接近のために早く帰るために最後まで参加することができず、心残りでした。しかも、長岡市まで戻った翌日に柏崎を震源とした中越沖地震が起こったことで、さらに記憶が鮮明でした。

それから10年の間、盛岡あるいは岩手県での西研MG開催の声は何度か上がりましたが、実現には至らず、仙台市や八戸市での定期開催が続く中で、何とかしようよという声も次第に高くなってきました。

よしやろうと、盛岡市在住のSさんが声を上げてくれ、平日開催の日程も決まり会場も今回のところに決まりました。岩手山と、反対側に姫神山を望むロケーションは素晴らしく、初日は雨でしたが、昨日は見事な晴天に恵まれました。ゆっくり温泉にも入れるということもあって、充実の2日間になりました。T__20170608_10_48_08

1回の復活MGということもあって、各地からMG仲間が集まってくれ、東北や地元の方も初MGを含めて参加があって、とっても素敵な時間を送ることができました。

何とか来年以降も継続ができますように、そしてもっともっと地元の人たちもたくさん参加してくれますように、心から願っています。また参加するよという声も、多く聞かれました。そして、仙台-盛岡-八戸とつながっていけば、東北の人たちの参加機会も広がっていきます。

また、この地域には以前にMGを熱心にやられていた企業も少なくありませんので、そういったところが目を向けてくれ、若いメンバーへの教育として取り上げていただけるように、働きかけも大事ですね。

まずは、来年以降の継続開催を祈りながら、二つの山(岩手山が男山、姫神山さんが女山だそうですね)に再会を誓って、盛岡を後にしました。

脳力開発シニア講座を開講しました

昨日、神戸市であたらに企画した脳力開発シニア講座の第1回を開講しました。この講座は隔月開催の3回シリーズで、東京では来月からの開講です。

 

第1回目のテーマは、「自分で主体的に動く姿勢をつくろう」ですが、この3回シリーズでは脳力開発の11指針の中から、精神的姿勢の確立3項目(重要3指針)に絞って開講いたします。

 

午前中はテーマ講義で、昨日は脳力開発についてと、提唱者である城野宏さんについてのお話もさせていただきました。一方的な講義ではなく、できるだけ受講者の皆さんとやりとりをしながら、時にはテキストの読み合わせも行っていきます。

 
昼食をはさんで午後は、FMC(フィンランドメソッドカルタ)を使った自己紹介。このFMCを活用すると、スピーチが苦手だという方も、けっこう伝えたいことを話せるのです。

 
その後はケーススタディのバスセッション、バズとは小鳥のさえずりといった意味で、要するにワイワイガヤガヤの自由ディスカッションです。ブレーンストーミングの少人数版といったところで、今回もかなり盛り上がりました。T__20170519_15_57_54

 
私はごくたまにアドバイスをする程度で、少々方向が違ってこようが、余り口出しはしません。時には実例とは全く違った内容に向かうこともありますが、それもまた良しです。方法(戦術)は一つとは限りませんから。

 
しっかりと現状の事実をつかみ、なぜそうなっているかの要因を表面だけでなく、一歩先までつかんでいただくと、的確な戦術が生み出せるのです。そして今日のテーマである、人任せにしない、自ら動くことをセッションの場で実践していただくのです。

 
最後は私の脳力開発講座オリジナルの、歴史と人間学講座でまとめです。その後、参加いただいた皆さんから今日の感想をスピーチいただき、無事終了しました。

 
今回のシリーズ講座は、11指針の中から最も土台となる3つに絞って、その習慣化を実際に目指していただくのが目的です。つまり行動が基本、学んだことはすぐに使うという実践トレーニングです。

 
また3回シリーズですが、毎回が一つのテーマで完結するようなプログラムですので、2回目、3回目のスポット受講も可能です。東京での開講講座は、まだ全受講のエントリーを受け付けています。

 
自分を変えたい、行動習慣を変えたいと試行錯誤されている方、夢を実現しようとがんばっておられる方も、ぜひこの講座で学び実践していきませんか。

MGは成績より期数、期数より交流、交流から向上へ

一昨日降り立った佐久平の駅周辺では、桜が満開でした。そこからマイクロバスに揺られて蓼科山麓に向かうと、途中の桜は五分咲きから三分咲き、そして着いた春日温泉の桜はまだつぼみでした。

 

その桜が今朝にはもうほころびてチラホラ咲き、夕方帰る頃にはかなり咲き始めていることでしょう。桜並木の上に少し噴煙を上げる浅間山が、青空に映えると良いのですが。

 

さて一昨日の夜から軽井沢MGに参加、前泊組での前夜祭(MGではこれを0.5期と呼んでいます)から始まり、充実の時間を送っています。

 

軽井沢でもないのに軽井沢MG? かつては軽井沢町の浅間山麓にある研修所で始まり、現在の会場に移ってからも16年間ずっと続けられています。今回が第31回目。

 

セミナー名を変えないのも、軽井沢MGを始めた2人の思いがこもっているからです。その120170422_mg1_2 人、山崎進さんは帰らぬ人になってしまって久しいですが、今回も会場のどこかで私たちを見守っていてくれています。

 

笑顔がとっても似合う人でした。豪快でありながら、どこか繊細で気遣いの人でした。私も何度も励まされ、なぜかくじけそうになっているタイミングで電話がかかってきたりしていました。

 

そんな「山ちゃん」に逢うために、可能な限りこのセミナーには通ってきていますし、これからもそうです。ここにくると、「MGは成績より期数、期数より交流、交流から向上へ」という言葉を強く実感します。

 
今日2日目、山ちゃんに「何やってんだ」と言われないように、エンジン全開でいくことにしましょう。

MG研修に消極的な社員さんをどうしますか

先週(福井MG)に引き続いて、今週も西研MGセミナーに参加しています。今回は、顧問先の会社が主催されている「うみねこMG」です。

 

第4期が終わり、残すところ午後からの第5期です。ここまでは、青(研究開発)チップなしでやってきましたが、予定通りには自己資本が上がらず、5期は戦術変更も視野に入れました。特別損失リスクもありましたが、それは言い訳にはなりません。

 

ところで、この「うみねこMG」は顧問先会社にとっては、社員教育の場です。社長の思いとしては、社員さん(バイトさんも含めて)全員が参加してほしいのですが、どうしても家庭の事情や体調不良での欠席が目立ちます。

 

心の優しい社長ですので、無理に出てこいとは言われません。それはそれでいいのですが、そのことに社員さんが甘えてしまっていては困ります。また、2ヶ月に1度のワンデーMGも含めていつも参加してくれている社員さんと、そうでない社員さんの差がついてきています。

 

それはMGの成績と言うことだけではなく、例えば笑顔や明るい挨拶一つをとっても、大きT__20170401_10_17_46 な差が感じられるのです。こういった差がつくというのが、ちょっと困りものなのです。

 

かつて、一時期ですが社員数が50名くらいのショップの経営指導をさせていただき、やはり同じような状況に直面したことがありました。50名を2つのグループに分けて、隔月交代でMGを受講していただきました。

 

ところが、どうしても「参加したくない」という社員さんが数人出てきました。しかも1人は店長クラスの幹部社員です。口に出しては言わないものの、研修が近づくとお腹の調子が悪くなる社員も出ていきました。

 

社長も色々と工夫をしたり、朝礼の場を通じて研修の大切さを語ったり、個別の面接などでフォローをされましたが、状況は余り変わりません。

 

サポートしている立場としても見逃せません。ポイントは、一所懸命に研修に取り組んでいる社員はいいのですが、どっちつけずの気持ちを持っている社員もいて、彼らの足(心)をひっぱるようなことになってはと心配になりました。

 

しかし、心配は杞憂でした。MGの体験期数を重ねていった社員が、どんどん明るく元気になり、しかも周りを思いやる社員に育ってきたのです。彼ら自身が、どうしてもMG研修に消極的な社員のお尻を押してくれ始めたのです。

 

おかげで、丸2年のサポート期間の終わり頃には研修効果が出始め、会社の業績も少しずつ上がってきました。何よりもお店が元気になり、一人一人が公的になり、また相互に助け合う雰囲気ができました。

 

ちなみに反対していた店長は、その後自ら退職していかれました。その際に社長は、最初は引き留めようと思ったものの、思い直して退職願を受け取ったそうです。その店長についてやめた社員は、ひとりもいなかったそうです。

 

さぁ、あなたの会社では、社員さんがニコニコして研修に出てきておられますか?

MGは究極のアクティブラーニング

MGフェスティバル2日目は、終日講義の時間です。

 

午前中は、菅原智さん(関西学院大学商学部教授)のお話。世界の、あるいは日本における会計教育についての講演ですが面白い。

 

昨夏のMG学会でもお話を聞きましたが、今回は夜は同室という幸運に恵まれて、大学にT_20170226_mgf4 おける色々なエピソードも聴くことができました。

 

先生によれば、MGは「アクティブラーニング」の最たるものだとおっしゃいます。確かに楽しく学べて、しかも実務にも効果をもたらすということを、私自身も常に実感しています。

 

しかも単に会計教育にとどまらず、人間教育あるいは人間学にも自然に踏み込めるというところが素晴らしいです。

 

私自身も公開セミナーを通じて、またクライアント企業での社員さん対象のMG研修を、さらに充実させていきます。

 

もっともっと積極的に、自社の教育プログラムに加えていただけるよう、自信をもって進めていきましょう。

 

さて、午後からは二人のMGシーガルたちの体験講話です。それぞれに素晴らしい体験をされていますので、こちらも大いに楽しみです。

我が命ある限りここに来ます

T__20170225_14_44_19 今年も始まりました、西研MGのお誕生日お祝い・MGフェスティバル。今日の三浦海岸は青空が広がり、海も穏やかです。

 

全国からMGシーガルたちが集まり、初日は10卓60名のMGです。第2期が終り、今日は次の第3期まででしょうか。明日は関学の菅原先生講演、そして午後はわれらの仲間たちの体験講話。

 

私が西研MGに出会ったのが1987年ですが、MGフェスティバルへの初参加は翌々年の89年、以来1度か2度を除いてほぼすべて参加しています。

 

初参加の時には、周りの方々の半数以上が初めてお目にかかる方、また私よりも以前にMGを始められた方が多数でした。企業での体験講話に、ただただ「すごいなぁ」と聞いていたものでした。

 

それから28年、ついに私も「長老」あるいは「レジェンド」と呼ばれる年齢になり、若い方々も増えたのはうれしい限りです。

 

そして、今もって同じ心でこの場におられることが、さらに嬉しいことです。大げさではなく、命ある限り参加していきますよ。

強い意識を持てる方だけ対象のセミナー

城野宏さんが生きておられたらなぁ、と思うことがあります。今の世を、今の日本をどう感じてどう断じられることでしょうか。

 

きっと、何を迷っているんだ、カンタンなことじゃないかって叱られるのでしょうかね。難しく考えてもいい知恵は浮かんでくるはずがない、思い付きでもいいから体を動かせ、すぐに行動せよと。

 

そうですね、ためらっている時間はありません。自分ができる最良のことを、やってやってやり抜くことしかありません。

 

いささか手前味噌になりますが、5月からスタートさせる新しい脳力開発講座は、私自身が201705 切り札として打ち出すセミナーです。よって、あえて「シニア講座」と銘打ちました。

 

シニア講座ですので、対象も限定します。とはいえ、世の中の立場とか役職とかを絞るわけではありません。むしろそういったものは邪魔なのかもしれませんから。

 

この講座で学んでいただきたい方は、自分がリーダーだという自覚を持っているか、もしくはリーダーにすぐにでもなりたいと強く思われている方です。

 

遠慮も謙虚さなど全く不要です。いやいや自分なんて(リーダーには遠い)と思われる方は、入り口からUターンをお願いします。

 

リーダーには何が必要な要素なのか、リーダーになるためにはどんな行動が不可欠であるのか。ハウツウではありません、こうやればいいと教える講習でもありません。

 

自ら学び、気づいて実践する、その最初の一歩を踏み出すトレーニングです。

 

神戸講座は5月より、東京講座は6月よりスタートします。いずれも隔月の3回シリーズ、詳細についてはホームページ案内をご覧ください。参加お申込も下記案内からできます。

今週末は柏崎MG・佐々木杯

大寒の季節ですが、この週末は少し寒さも緩んでいるようです。いつもなら雪に見舞われることの多い柏崎MGですが、今年は曇り空で時おり小雨です。

今日と明日は、この季節の例年通り柏崎MGに参加して自分磨きです。

柏崎MGは「佐々木杯」という冠がついていますが、これは新潟をMGの聖地にしてくれた伝説のMGシーガル、佐々木隆さん(1987年12月に39歳で逝去)を記念したものです。最優秀経営者には、記念のクリスタルが贈られます(1年間預かり)。

新潟県にMGの開発者・西順一郎さんをお迎えして開催するMGセミナーは、現在はこの柏崎と夏の長岡(米百俵MG)のだけですが、この柏崎には1985年夏の『伝説のMG』が開催Img_3622_2


されました。

当時はもちろん佐々木隆さんも健在でした。新潟は、全国のMGシーガル憧れの地でもあったわけです。今もその伝統が連綿と受け継がれているのです。

今回はやや少ない人数の参加者ですが、初めてMGを学ぶという方もいらっしゃいますので、2日間の佳い学びになると思います。

これからも毎年この季節に柏崎MGは開催されますので、ぜひ一度この地をお訪ねください。何しろMG会場からは、冬の日本海が眺められます。今日は波も例年より穏やかですが、時には荒々しい風景が繰り広げられます。

大雪の年、吹雪の年もありました。強風と猛吹雪で列車も道路も不通になり、開催を見送った年もありました。それでもずっと継続されています。

継続は力と言いますが、実は継続していると力がつくのです。ちょうどMGも同じで、愚直に続けることで気が付かないうちに力がついていくのです。

私は、MGに参加することをためらっている方に、いつもこのように言います。「私に騙されたと思って1回だけ、可能であればぜひ3回参加してみてください」と。

おかげさまで、私の「騙されて」MGをやり続け、素晴らしい会社を作り上げた方もいらっしゃいます。私のおかげではなく、その方が素直だったのです。

あなたもぜひMGを始めてみませんか。そして一度、冬の柏崎にお訪ねください。もちろん、夏の長岡にも。

MG研修に出るといつでも初心に戻れる

昨日から、石川県金沢市にある北研エンジニアリングさんの、MG研修に参加させていただいています。今回が第4回目のセミナーで、中心は社員さんたちですが、毎回社外からも参加されています。

今回は私も含めて9名の社外参加、そして社内が社長を含めて12名です。社内MGをやられるところも、全国にはたくさんありますが、やはりこんな風に社外からの刺激を得ることも大切なことです。

今回も社内外から初めてMGを体験される方、そしてこれが2回目という方もたくさんいらっしゃり、中には1年数か月ぶりという社員さんも。おそらく前回のことは殆ど忘れてしまってImg_3595 おられるでしょう。でも微かに残った記憶も蘇っていることでしょう。

MGは行入と言われるように、体験型学習でとにかく体で覚え込むのです。水泳の練習と似ているわけで、とにかく経営ゲームという水の中に放り込まれるところから、学びがスタートするわけです。

そして何だか細かいところは分からなくても、周りの見よう見まねで体(手足口)を動かしている内に、自然に体に刷り込まれていくのです。

私自身30年前に初めてMG研修に出た時には、訳もわからずベテランと呼ばれる人たちの真似をしてやろうと、ただただ無我夢中でやった記憶があります。

もちろん、最初からそんなにうまくいくわけではありませんから、成績は散々でした。それでもインストラクターから「成績より期数だよ」と言われ、やっている内に分かってくるものかなとボンヤリ思ったものでした。

爾来30年、あちらこちらのMGに出かけ、その都度初めて体験をされる方を見ていると、初心を思い出しながら「学びの原点」に触れています。分からざるを知る、その積み重ねですね。

というわけで、初めてお訪ねしての研修から、私自身も学びと交流を楽しませていただきたいと願いつつ、じっくり期数を積み重ねていきます。

より以前の記事一覧