無料ブログはココログ

« DSPAさらにDSAR | トップページ | 潮流に抗うことなかれ »

2022年1月 9日 (日)

TikTokを始めちゃいました

男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり。

皆さんもよく知っておられる、紀貫之「土佐日記」の書き出しですが、同様の気分です。
若者もすなるTikTokといふものを、老体もしてみむとてするなり。
Photo4_20220109143801
気軽にできて良いんだよと言われて久しいのですが、どうも最初はなかなか馴染まなそうに思えて躊躇していました。こういうのは多分「食わず嫌い」であって、ということは自分でもよく分かっていたのですが。

これまでも、InstagramとかLINEのオープンチャットなどがそうだったように、頭の中では「まずやる、やりながら直していく」のがいいと分かりつつ、踏み切るのを躊躇していました。

しかしながら、昨年秋頃からClubhouseのROOMで色んな方から「これからはTikTokだ」という話を聞き、これはまずやってみるしかないと足を踏み出すことにしたのです。

すでに早くからiPhoneにはアプリを入れていましたので、年末にテスト的に(誰にも内緒で)お試ししてみました。でも、当然のように誰からも反応がないので、正月明けから即本番でやってみるかと決心。

もっとも正月の挨拶をやったところで、次に何をやるかという構想もなく、どうしようかと考えていたところ、MGシーガル仲間の西よおこさんから素晴らしいアドバイスをもらいました。Photo5

すなわち、「脳力開発のポイントをカンタンにお話ししたら」という言葉に、それだ!と飛びついたのです。実は昨年8月末から毎日、脳力開発的なメッセージをVAN-KEIEI掲示板として、Facebookグループ(コミュニティ)とInstagramに上げていたのです。

こいつを動画化すればいい、60秒動画ならぴったりやれると思いつきました。やってみますと正にちょうど時間内に納められます。そこで名前も『VAN-KEIEI・脳力開発掲示板』と改めて、TikTok配信を開始しました。

初日はiPhoneのインカメラ撮影では文字が逆になることが分かり、既存アプリでの編集などを試みましたがうまく修正できず、とりあえずは看板を左右逆に印刷することでしのぐことにしました。編集アプリがうまく使えるようになればそれもクリアします(何しろ顔もバックも反対ですから)。

これから先、セミナーのお知らせ(赤チップ)なども含めて、効果のある使い方を少しずつやっていきますので、先達の皆さんからアドバイスや教えをいただければありがたいです。

とにもかくにも、まずやる・やりながら直すです。
私のTikTokはこちらから → www.tiktok.com/@oniyanma12

« DSPAさらにDSAR | トップページ | 潮流に抗うことなかれ »

おにやんま・VAN-KEIEI」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28