無料ブログはココログ

« 2020年11月 | トップページ | 2021年12月 »

2020年12月 2日 (水)

2021年に向けてのポリシー

新型コロナウイルス感染で明け暮れる状況の中で、2020年も最後の月を迎えています。


第三波とも言われる感染再拡大は、抑え込みに成功するのかどうかの瀬戸際状態にあります。


寒さが一段と厳しくなる年末、そして年明けに向けて封じ込めが成功するか、正直に言って不安マックスです。


様々な対策が小出しに、しかも場当たり的に出されているような感じが拭えなくて、大丈夫かなと思ってしまいます。


そんな中、夏前頃から各地のMG仲間たちが少しずつセミナー開催を再開してきています。


本家本元の東京MG(西研究所)も、人数を減らしたり感染対策をしっかりとしながら再開しています。


ありがたいことに、私などのところにもMG/CFMG、あるいは脳力開発セミナーの開催リクエストをいただいています。


ぜひやろうという気持ち、やりたいという意欲は満ち満ちています。


緊急事態宣言が終了し、その後感染拡大も下火になった時期には、もしかしたら秋口には再開可能かとも考えました。


正直な気持ちで言えば、周りで仲間がセミナーを開催している姿は羨ましくも感じたこともあります。


その気持ちを抑えて、「まだそのタイミングではない」と自分に言い聞かせてきました。


それは、秋から冬に向かって「感染は再拡大する」という自分なりの確信的判断があったからです。


その通りになっているじゃないかなどと言うつもりはありませんし、怖れすぎることはないとも思っています。


ただ、私にはどうしても「リスクを冒す」気持ちにはならないのです。


もちろん、どんな場合にも「リスク回避100%」とか「危険度ゼロ」などということはありません。


これまで20年以上に亘って様々なセミナーをやってきましたが、常に何らかのリスクは承知しながらやってきました。


ただ、今回の新型コロナウイルス感染という事態は、平時ではなくある意味で『非常時(戦時)』であると理解しています。


非常時には非常時なりの対応が必要で、平時の意識で臨んではいけないということです。


私は、期待していただいている方々には申し訳ありませんが、新たな「平時」ステージを待つことにします。


もしかしたら新たな「平時」ステージ は永遠に来ないのかも知れませんが、そうだとしたら世の中が私を必要とはしないということだということでしょう。


幸いなことに、この非常時にはオンライン・リモートという新しいステージ戦術があります。


オンラインには制約もありますが、逆にこれまで気付かなかった効果要因も多々あることに気付かされています。


制約という壁を越える知恵も、私を支えてくれる仲間たちの熱い想いも後押ししてくれます。


もちろん、「やれる」時がやってきたらまた違うステージに向けて、全身全霊を込めて向かっていきます。


それまで待って下さいとは申しません。でも、待っていただけると嬉しいです。


いつになるのか、少なくとも来春以降になると考えていますので、その時に慌てない準備は今からしっかりしていきます。

202101
その思いを込めた「新年セミナー」を、オンライン&YouTubeで開催します。


もし、参加して視聴していただければ幸いに存じます。


詳細はフェイスブックなどのSNSや、ヴァンガード経営研究所のホームページに間もなく公開します。


2021年も、皆さんとお目にかかれることを願ってやみません。


健康で、そしてご安全に2020年の有終を迎えられ、新たな2021年に飛び出していきましょう。

« 2020年11月 | トップページ | 2021年12月 »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28