« 素敵な来春に向かって | トップページ | これからは週3~4回のペースで »

『私とMGと経営』こぼれ話(31)

1989年(昭和64年)1月7日午前6時33分 昭和天皇崩御、この日が「昭和」最後の日となりました。


昭和天皇(1月31日に追号)、神代の時代を除けば歴代の天皇でもっともご長寿で したね。


私は前日からの長い列車旅を終えて、その日の午後札幌駅のホームに降り立ちました。


土曜日でしたが、正月明けの販売小会社に顔を出して新年の挨拶を済ませました、「おめでとう」は封印でしたが。Photo2_20201019140701


当時(竹下内閣)の小渕内閣官房長官(平成おじさん)から、「新しい元号は、『平成』であります。 」と発表された様子は記憶されている方も多いことでしょう。


その平成最初の日、1月8日は日曜日で、この日に札幌市内でワンデーMGセミナーが開催されたのです。



その第1期目が私にとって記念すべき「100期」目であったのです。


その時のインストラクターは、クリエイティブ・マネージメントの野崎(晴行)さんでした。


第1回目の兵庫MG会・神戸MGから数えて477日目、1年と3ヶ月半といったところでした。


最近は1年も経たない内に100期を達成される方も珍しくないですが、


当時は西研MGを開催されているところも今のように多くはなく、情報も少ない中なので早いほうだったでしょう。


しかも私にとっては、101期目(当日の第2期)は「青チップの解禁」日でもありました。


大倒産のあとで「100期まで青チップを使わない」という誓いが、満了する時でもあったわけです。


もっとも、その日はついに青チップは使わずに終わり、その次のMGに持ち越しました。


100期達成のお祝いも、天皇崩御の翌日でしたから、札幌市内の居酒屋でホンのささやかに身内メンバーだけでした。


ところで、札幌へは「100期達成」の為にやってきたのではなく、あくまで本業の仕事の為でした、念のため。

« 素敵な来春に向かって | トップページ | これからは週3~4回のペースで »

『私とMGと経営』こぼれ話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 素敵な来春に向かって | トップページ | これからは週3~4回のペースで »