« オンラインサポート会員募集 | トップページ | 『私とMGと経営』こぼれ話(20) »

新潟のキハ40型よ永遠に

国鉄形気動車キハ40形(キハ40、キハ47、キハ48)は、1977年から全部で888両製造されました。


地域ごとにきめの細かい仕様で、全国のローカル幹線やローカル線で活躍をして、どこでも見られたものでした。


戦後の気動車発展の礎となったキハ10系を淘汰し、改良版のキハ20系も老朽化によって置き換えていきました。


基本は21mの大型車体で普通鋼、エンジンも従来型よりも高出力としましたが、重量があって加速力には難がありました。


このため、後にはさらに出力の大きなエンジンに換装された車両も登場しています。

1111093
また北日本の一部の地域を除いて冷房化も実施され、現在残っている車両はもちろん全て冷房車です。


中には急行用や特急用に改造されたものも現れて、各地で活躍している姿を見ることができます。


この内JR東日本では運用範囲がドンドン少なくなって、青森・秋田県の五能線や男鹿線、津軽線などのみとなり、


これも間もなく新型の電気式ディーゼルカーに置き換えられる予定で、まさしく最後の活躍です。


また、新潟・福島県の只見線(小出ー只見間)では暫定使用も最終局面で、キハ110形に置き換わります。


北海道や西日本、あるいは九州では今しばらく活躍する姿が見られますが、いずれ消えゆく運命です。


新潟地区(新津運輸区)は、数年前までキハ40形の牙城と言える地域でしたが、


急速に新型ディーゼルカーに置き換わってしまい、カラーバラエティに富んだ編成も見られなくなりました。


今日はその中から2種類のカラーバラエティ(新潟色と国鉄急行色)を載せることにいたします。

48523-20190531_20200909225501

« オンラインサポート会員募集 | トップページ | 『私とMGと経営』こぼれ話(20) »

VANちゃんの乗り鉄旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オンラインサポート会員募集 | トップページ | 『私とMGと経営』こぼれ話(20) »