« 支払遅延への対処はどうする | トップページ | 『私とMGと経営』こぼれ話(21) »

行動を変えるということ

9月もそろそろ半ば、来週はもう秋の彼岸がやってきて「今年もあと100日」が近づきます。


全体の傾向としては新型コロナウイルス感染も減少傾向だということですが、目に見えて減ってはいません。


GoToキャンペーンに東京が加わる(10/1以降)としたら、新たな拡がりが懸念されないのか。


あるいはインフルエンザの流行期と重なり始めると、医療現場だけでなく色んなところで混乱が起こるのではないか。


自分が心配性(心配症?)だとは思わないけれど、ごく常識的に考えて私の懸念は間違ってはいないと思うわけです。


むやみに、そして必要以上に怖れることはないというのが私の考えで、


その上で必要最低限に少しプラスアルファの用意周到をし、実際行動すれば良いのではないだろうか。


いずれにしても、以前とは違うライフスタイルと行動に変えざるを得ないし、仕事についても切り口を変えること。


そのスタートへの助走をしばらく続けてきて、いよいよ昨日から「脳力開発オンライン講座」が始まりました。


北は青森から南は熊本まで、27名の方にエントリーをいただき第1講は23名が顔を揃えました。


これから12月の末まで全8回のコース、講義だけでなくミニセッションや感想スピーチなどもあります。202001-02


宿題ではないですが演習シートも用意するほかに、YouTubeに動画をアップします。


これは欠席された方が自習されるのに、そして参加者もあとから復習されるのに活用していただきます。


私も編集を兼ねて通して視聴してみると、ここでこうやったら良かったということに気付かされます。


Do(行動)のあとには必ずSee(検証)すること、これも脳力開発の学びや実践の一つです。


まだ第1講がすんだところですが、少し自信を得ることもできました。


やればできる、案ずるより産むが易しです。


検証したことを次に活かせるように、2週間後の準備を進めていきます。

« 支払遅延への対処はどうする | トップページ | 『私とMGと経営』こぼれ話(21) »

MG&脳開/VAN研セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 支払遅延への対処はどうする | トップページ | 『私とMGと経営』こぼれ話(21) »