« 『私とMGと経営』こぼれ話(24) | トップページ | 脳力開発講座第2講 »

やわやわライフから一歩前へ

すっかり秋モードになりました、季節は人の心とは関わることなく進んでいきます。


さはさりながら、世の中も徐々にではありますが、姿を変えていこうとしています。


少し前のめりではないのかと危ぶむ気持ちもありますが、どこかで割り切らないと前には進めません。

Photo2_20200926074601
以前には「そこまでやるか」どころか、殆ど気にしていなかったところまで、


今ではしっかり気を配り、最善の準備を整えてなおかつ慎重に歩を進め始めています。


ただやはり、ちょっと拙速なのではないかと思えるところもあり、それをみると逆にブレーキをかけてしまいます。


事実を見れば、数字的には新型コロナウイルス感染が収束しているとは、お世辞にも言えない状況でしょう。


様々な条件の違いがあり単純に比較することはできませんが、収束していると断言はできません。


だからこそ、みんなが慎重に歩を進めようとしているわけです。


その背中を無闇に押すようなことをして、本当に大丈夫でしょうか。


やってみたが何も無かったよというのは、本当に「何も無かった」事実を表しているのでしょうか。


幸か不幸か「分からなかった」ままに過ぎてしまい、「ああ良かった」で済ませているのかも知れません。


そのくらい無症状感染(陽性)者が多いという事実があります。


無症状でも感染する、そういう専門家・学者もいますが、まだまだ分かっていないことが多すぎます。


秋冬のダブル感染が懸念される中で、より慎重にならざるを得ないのではありませんか。


2月の下旬以来、私のやわやわライフは200日をとうに超えてしまっていますが、


年内は少しずつ境界線を拡げながら、ペースは保っていこうと思っています。


でもその先、年が明けての2021年からのことについては、来月以降の状況を見極めながら判断します。


この間は決して巣籠もりだけではありませんでしたので、新たな展開を考えながら進めていきます。


意思決定は正しい情報により、(短期)戦略・方向を見据えた判断で。

« 『私とMGと経営』こぼれ話(24) | トップページ | 脳力開発講座第2講 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『私とMGと経営』こぼれ話(24) | トップページ | 脳力開発講座第2講 »