« 世の中変わったのですから | トップページ | 『私とMGと経営』こぼれ話(10) »

強みが弱みになる時代

企業の行き詰まりが後を絶たない、あるいはこれからまた加速していくかも知れない。


新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための緊急事態宣言が功を奏したのか、一時は収束への期待も高まった。


実際のところ、東京でさえも感染者数が激減していたし、我が新潟県でも感染者ゼロの日が1ヶ月以上続いた。

Photo_20200803062001
様々な自粛が緩和され始めた時も、この状況なら大丈夫だろうという期待もあったし、うまくいくような気持ちも持った。


だが、それは余りに甘い見通しであったことを、さほど時間もかからず目の当たりにすることになった。


若干感染者がそれまでよりも増え始めても、自粛や制限緩和の小さな結果に過ぎず、収束への方向は揺るがないと。


しかしすぐにそれは誤りだと気付いた時には、既に遅かったのかも知れない。


緩んだ気は、そうはカンタンに戻らないのが人間の弱さだろうか。


見る見る間に、感染自粛前の数字を追い越し始めた。


検査数が当時の何倍も増えたのだからという理由で、すこし安心させられたのもいけなかった。


第二波なのか何なのかは分からないが、陽性率を始めとして悪化の傾向がハッキリと目に見えてきた。


そういう状況だこれからも続いていくだろうし、以前と同じ緊急事態宣言は出ないとしても再び自粛や制限が出てくる。


そうなると、様々な事業体が再び大きな影響を受けることになる。


とりわけ直撃を受けるのは「現金商売」が主体のところだろう。


実は現金商売は、かつては強い商売だといわれてきた。確かにそうだろう、日銭が確実に入ることは強みに違いない。


さらに仕入などは後払い、締め日に請求書をもらっての月末や翌月払いが多いはずだ。


中には支払には手形を切って、キャッシュフローを有利にやっている「つもり」になっているところも少なくなかった。


しかしコロナ時代にはこれは完全に裏目と出てしまう、なぜなら肝心の日銭が思うように入ってこないのである。


つまり現金商売というのは、日々の売上が立たなければ成り立たないということだ。


しかもこれまでは日銭が入るからということで、手元資金はかなり絞り込んでいた。


設備資金はともかくとしても運転資金は借り入れに頼ることなく、現金商売の強みを活かしていた。


この強みが弱みに変わった今、企業倒産の引き金になることが明らかになってきた。


目先はコロナ対策としての給付金や補助金、あるいは事実上無利子の特別借入でしのげよう。


だが、こんなに早く第二波が来ることは想定の外だったし、コロナの影響がさらに長引くということも予測外だった。


さて、あなたの会社、お店は現状どうなんだろう。まさにキャッシュ不足の危機に直面していないか?


さらに運転資金の借入も考えられるが、借りたものは必ず返さなければならない。


今は良くても、いずれは据え置き期間も終わって返済が始まる。


先の見通しがあれば、経営計画書を提出して返済猶予などのいわゆるリスケの道を開くことも可能だろう。


だが、見通しが立つのか、コロナの終息どころか収束も見えない中でどうなのだ。


待ったなしだ、一瞬たりとも時間は無駄にできない。先ずは弱みを脱する工夫をやることだ。


座しては死を待つばかりということを、ハッキリと自覚してほしい。ホントに待ったなしなのだ。

« 世の中変わったのですから | トップページ | 『私とMGと経営』こぼれ話(10) »

小さな会社のマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世の中変わったのですから | トップページ | 『私とMGと経営』こぼれ話(10) »