« 本当であれば | トップページ | 『私とMGと経営』こぼれ話(17) »

1年の2/3が終わる

8月も今日で終わります、2020年の2/3が終わるというわけです。


順調にスタートした2020年(令和2年)でしたが、1月に新型コロナウイルスの国内初感染確認で風が変わりました。


それまでは中国の武漢周辺、湖南省あたりの局地的な出来事とみていたのが、そうではないことが明らかになってきました。


武漢からチャーター機で日本人の帰国が現実化し始めると、もしかしたらと思う人も増えてきたはずです。


私は正直なところまだのんびりと構えていたようで、少なくとも2月の下旬までは当初の予定を変えてはいませんでした。


もっともこちらの思惑を超えて事態は次第に悪化方向に向かい、さすがに私も腹を括り始めました。


4月を迎える段階で、今年いっぱいは全てのことを白紙に戻した方が良いと考えるようになり、


いくらか様子見のところも残しながら次々に予定をキャンセル、5月末には結局何もかにも白紙としました。


もちろん、その時間を無にするのは望むところではありませんので、できることの模索をGW明けから始めました。


腹を括ると、それまでは見えていなかったことが色々と見えてきます。


その結果としてオンライン・ネット活用、リモートで可能なところを変えていくという試みです。


もちろんプラスの部分とマイナスの部部が必ずあります、物事には両面があるのが当たり前ですので。


ですからプラス面をよりプラスにしていく方策を考え、マイナスについては目をつむることとプラスに変えられること、


必ず両方を考えてからムリをしない中での「新たな戦術」作りにシフトしました。


それはそれとして、2月の下旬からステイホーム、今は言いかえて「やわやわライフ」を継続しています。

Photo_20200830225601
最初の頃は出て行けないことにイライラすることもありましたが、これも腹を括ればどうってことはありません。


周囲の仲間たちの中には、もちろん用意周到の上で万全の注意を払って、元に近い行動に踏み切る方もおられます。


それはそれでいいと思います、ただご安全にと見守っているだけで、私がすぐに動くことはないでしょう。


このやわやわライフでもプラスとマイナスがありますが、総じてプラスの方が勝っているようです。


やや運動不足は否めませんが、健康的には大いにプラス、年齢的にも無理が効かない年代ですからいいことです。


ついでに着る物の断捨離も年末に掛けて、つまり冬物との入れ替えを機にもっとやろうと思っています。


今年の残り1/3は、自分のムダと周囲のムダ、両方をキチッと見極めて不要なモノをそぎ落としていくことにします。


さらにじっくり前を向いて、自分の目指すものを改めて確認しながら進んでいきましょう。

« 本当であれば | トップページ | 『私とMGと経営』こぼれ話(17) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本当であれば | トップページ | 『私とMGと経営』こぼれ話(17) »