« 社員を大切にする正念場 | トップページ | 『私とMGと経営』こぼれ話(4) »

古都の路面電車

京都市というと、日本で最初の営業路面電車が走った街です。


それは1895年(明治28年)のことで、京都電気鉄道により七条停車場(京都駅)-伏見・下油掛(後の京橋)間を開業しました。


琵琶湖疎水の水力を利用した電力(蹴上の水力発電所)が用いられました。


先導役の少年(告知人)が電車の前を走りながら、「電車、来まっせ。電車、来まっせ。危のおっせ」と声を張り上げたそうです。


京都市も1912年(明治45年)から独自に建設開業(市電)し、京電との競合が問題になりました。


ところで線路の幅(軌間)が市電が標準軌の1435mmに対し、京電は1067mmで狭軌線と呼ばれました。


両者は1918年(大正7年)に合併しましたので、やがて京電路線は標準軌に改軌されていきました。


ただ一部だけ狭軌(堀川線 京都駅前-北野)が残り、4線軌道になっているところもありました。


堀川線は京都駅前の片隅から発車していて、小学校低学年の時に見た記憶がありますが、写真は撮っていなかったのが残念です。


大学に入った1970年頃から京都に行く機会も増えて市電も利用しましたが、この頃から廃止も始まりました。
1028_71

京都に行く目的は、他の大学の授業に潜り込んで受講したり、河原町新京極界隈のジャズ喫茶に遊ぶことでした。


また歌声喫茶「炎」や円山公園の野外ステージなどにもよく出かけ、京都駅や河原町から市電に乗りました。


市電の全面廃止は1978年(昭和53年)秋のことでした。


これで京都市内から路面電車が全く消えてしまったのかというとそうではありません。


嵐電(らんでん)、正確には京福電気鉄道嵐山線が現在も健在である。


京福電車京都支社には鉄道線の叡山線と鞍馬線もありましたが、分社独立して叡山電鉄と社名を変えました。


嵐電は嵐山本線(四条大宮-帷子ノ辻(かたびらのつじ)-嵐山)と北野線(帷子ノ辻-北野白梅町)の2つの路線からなっています。


嵐山線には路面軌道区間も数カ所ありますが、大半は専用軌道であり、北野線は全線専用軌道です。


そこを1両ないし2両編成の電車が頻繁運転されていて、通勤通学客も多いが名所旧跡を巡る観光客も多い。


起終点の四条大宮、嵐山、帷子ノ辻、北野白梅町はドーム状の屋根を持つ堂々たる駅舎も構えています。


市電の旧路線を復活して、嵐電や叡山電車(叡電)が乗り入れ京都駅などを結ぼうという構想もあります。


実現は難しいが、意外に道が狭く交通渋滞が悩みの種の京都市内には、むしろ必要な構想かも知れません。


そんなわけで本日は、昔懐かしい京都市電と新しい嵐電を載せておくことにしましょう。

1303026

« 社員を大切にする正念場 | トップページ | 『私とMGと経営』こぼれ話(4) »

VANちゃんの乗り鉄旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 社員を大切にする正念場 | トップページ | 『私とMGと経営』こぼれ話(4) »