« 『私とMGと経営』こぼれ話(9) | トップページ | 強みが弱みになる時代 »

世の中変わったのですから

新型コロナウイルス感染が拡がる中で、世の中の環境が大きく変わりました。


世の中が変わったということは人の意識が変わり、人の行動が変わったということです。


経済の動きとは人の動きそのものですから、経済環境あるいは経営環境も変わったわけです。


それは否応もなしに、好むと好まざるとに関わらずあなたの会社にも当てはまっています。


もちろんプラスに働く場合もあるでしょうが、今のところ多くはマイナスに働いているようです。


プラスに働いているといっても、同じ業種業態の企業がどこでも同じように享受できているわけではありません。


どんなことにもプラスの要素とマイナスの要素、その両方がいつも存在しているということなのでしょう。


平等に提示されている、本来見えているはずなのですが、いち早く見つけられる人・企業とそうでないところがあります。


これもまたやむを得ないところですが、あなたの会社がどちらの立場に立てるか、それは大きな問題です。


ハッキリと言えることは「変わった」ということです。


パラダイム転換などと大仰なことを言うつもりはありません、言葉の問題ではないのですから。


でも「変わった」ことを現場第一線におられるのであれば、日々肌で感じられているはずです。


そこに如何なる手を打つのか、これまでと同じことをやっていて良いわけはない、当然のことです。


なのに、相変わらず同じやり方、手段/方法/道具を変えないまま立ち向かっているのではありませんか?


どうやったらいいのか? おやおやそれも分からないでウロウロしておられるのですか。

Photo2_20200801065701
分からなければ、これまでとは反対のことをやってみてはいかがですか。


物事には表と裏、上と下、右と左というように反対が必ずあるわけですから。


それがダメなら誰かがやっていることを徹底的に真似てみる。


いつまでも真似ていてはだけですよ、真似ている間にあなたのところのオリジナリティを見つけて加えねば。


立ち止まっているヒマなどありません、今からすぐに歩き出さねば、一歩を踏み出さねば。


失敗したらどうしよう、などと考えているヒマはありません。


止まっていても地獄なら、歩み進んでいっても地獄の方を選んでみては。


止まっていると地獄が続いているだけですが、進めば違った局面が現れない共限りません。


しっかり目を見開いてその瞬間をとらえるので、それが微かなプラスであってもそこに光明があるかもしれません。


求めよ、さらば与えられん。さぁ、一歩足を踏み出しましょう。

« 『私とMGと経営』こぼれ話(9) | トップページ | 強みが弱みになる時代 »

MG 脳力開発 戦略経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『私とMGと経営』こぼれ話(9) | トップページ | 強みが弱みになる時代 »