« コミュニケーション新時代 | トップページ | 『私とMGと経営』こぼれ話(8) »

クライアント社募集だったり

このブログでも何度か書いてきましたが、本業は「経営コンサルタント」です。


コンサルタントという呼び方が好きでないので、経営者へのサポーターと名乗っています。


ちなみに国が認める資格、税理士とか公認会計士、中小企業診断士などは持っておりません。


税理士は税務の専門家、会計士は企業会計の専門家、そして診断士は経営診断・相談の専門家です。


彼らはそれぞれの道のプロフェッショナルですが、惜しいかな「経営のプロ」あるいは「プロ経営者」ではありません。


私は、社員15名くらいの年商7億円前後の小さいながらも、会社を16年半に亘って経営しました。


その後も上記のように経営者へのサポーターとして、今年で13年目に入っています。


個人事業主ではありますがずっと経営を続けており、決算業務も自分で行い、幸いにずっと黒字経営です。


また社員教育・人財づくりという分野であれば、「二足のわらじ」時代を含めると20年以上の経験を有しています。


そんなわけでプロ経営者であり、かつ人財づくりのプロだという自負を持っています。


ただ狭く深くという意味での専門家ではありません、その代わりにどんな業種業態のことでも対応しています。


現在のクライアント会社も製造業あり、サービス業あり、卸小売業ありなど様々です。


大丈夫なんですかと聞かれることもありますが、経営や人財づくりのキーポイントには共通性(普遍性)がありますから。


ただこれまでは必ず条件があって、年に数回(可能なら毎月か隔月)直接顔を合わせることと現場を見ることでした。


ですから、サポートさせていただくクライアントの数も少なく限らせていただきました。


何しろここ数年前からセミナー業の方が多くなり、その多くが遠征を伴いますので会社訪問頻度を維持しようとすると、サポート社数を減らさざるを得なかったのです。


ところがこのコロナ騒動で事情が一変、セミナーの全てを中止にしたために遠征もなし。


クライアント訪問もリモート、ZOOM等による面談・ミーティングに切り替えました。

Photo_20200726201001
そうすると、各社の経営者との面談は各社とも毎月にできるようになり、現場もスマホ等で巡回ビデオをリアルタイムで見ることがきます。


そこで、もしこんな私のサポートでもいいと思われる企業がありましたら、ご縁を結びたいと思っています。


また、社員研修もZOOMを活用してのオンライン研修が駆使できるようになりました。


実際に複数社でオンライン社員研修をキックオフしています。


いかがでしょうか、詳細はご連絡をいただければオンライン面談でお話をさせていただきます。


新しい時代の企業サポート、社員研修、ぜひ体験・お試ししてみられませんか。

« コミュニケーション新時代 | トップページ | 『私とMGと経営』こぼれ話(8) »

MG 脳力開発 戦略経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コミュニケーション新時代 | トップページ | 『私とMGと経営』こぼれ話(8) »