« ウィズコロナが定着するまでは | トップページ | 連載・『脳力開発と私』こぼれ話(94) »

今日は創業記念日

6月が始まりました。


月が改まっても状況はそのまま、人間たちが「次のステップ」と定義していますが、さてどうなりましょうか。


そんな中で6月1日は、当社ヴァンガード経営研究所の創立(開業)の記念日です。


もっとも、あくまでこの日は開業届に書き込んだ日であって、事情は少し異なります。


実質的に独立した会計として「長岡MG研究会」としたのは2001年(1月)からです。


それを引き継いで「ヴァンガード経営研究所」という個人事務所に名前を変えたのが、2008年の4月1日。


ただ、長岡MG研究会としての会計事務は5月31日までやっていて、翌日に切換をしたことになります。
Photo_20200601063301

開業届を出したのが6月6日で、その際に区切りの佳い6月1日を開業の日として提出したわけです。


3月末に32年間在籍した(ただしその内16年半は販社に出向)会社を辞め、心機一転独立しました。


スケジュール表はほとんど真っ白という中でのスタートでしたが、縁あって長岡商工会議所で仕事をいただきました。


中小企業からの相談を受けて専門家につなぐという、応援コーディネーターという新事業にタッチすることになりました。


その年の秋に見舞われたリーマンショックで、仕事の出番も増えました。


本来の仕事に位置づけたクライアント企業へのサポートはまだなく、公開セミナーや企業研修もポツポツでした。


幸い応援コーディネーターとして3年間仕事をいただき、100社を超える様々な企業と関わることができました。


その仕事に区切りをつけていざという時に起きたのが東日本大震災、これで研修や講演の仕事の大半がキャンセルに。


また「ニュードン」を強いられることになったのですが、視点を変えていくというきっかけになりました。


おかげさまでサポートするクライアントも増え、企業研修、そしてとくに主催・共催セミナーが年々増えていきました。


昨年などはほとんど週末に家にいないというスケジュールが続きました。


それではいかんぞ!というのが、今回のコロナショックなのかも知れませんね。


3月以降、見事にスケジュール表が空白になっていきました、1月、5月、そしてこの6月も。


開業の年がそうだったのですから、一巡して元に戻ったと思えば気も楽です。


ところがここに来て、オンラインでの仕事スケジュールを書き込める状況に変わってきました。


月初めはクライアント企業とのコンタクト、リモートミーティング(MTG)が続きます。


土日は主としてオンライン研修日に当てることにしました。


間違いなく新しいフェーズに入ってきたわけで、これから新たに何ができるかを考え実行していきます。


創業の日の気持ち、つまり原点に還りつつ、新たな歩みを刻んでいきます。


一歩ずつ歩め、一口ずつ食べよ。脳力開発の基本に立ち返って。


今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

« ウィズコロナが定着するまでは | トップページ | 連載・『脳力開発と私』こぼれ話(94) »

MG&脳開/VAN研セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウィズコロナが定着するまでは | トップページ | 連載・『脳力開発と私』こぼれ話(94) »