« 寂しいダイヤ改正 | トップページ | 主体を取り戻そう »

「毎日が平日」の日々

WHOが「新型コロナ(COVID-19)はパンデミック」という声明を出した。


パンデミックとは「感染爆発」と和訳されているが、感染症や伝染病が世界的に大流行し、非常に多くの感染者や患者を発生することを指すそうだ。
Photo_20200313082801

今頃になって声明かよと言いたくもなるが、大きなイベント自粛がさらに延長されるくらいはまだしも、株価の暴落が今日も続きそうだ。


まさにコロナショックと言うべき景気動向だが、終息はおろか収束傾向もまだ見えないところに不安が増幅するようだ。


そんななかで私もいわゆる「毎日が日曜日」の状態を続けている。


もっとも、普段は週末の土曜に曜日の方が忙しく、前後の4~5日間がむしろ仕事(や遠征移動)なので、「毎日が平日」と言うべきなのだろうか。


3月及び4月の主催・共催セミナーはすべて中止にした。コンサルティング訪問も延期にしてもらったので、ずっと自宅事務所にいる。


新潟西倫理法人会のモーニングセミナーも今週まで自粛、その後も月末まで予定がないので外出の機会は日々の買い物くらいだ。


そういう生活が早くも半月以上になるが、これもまたそんなに悪くはない。


溜まっていた、あるいは積ん読していた本を片っ端から読み始めることができているし、新しいジャンルの本にも手を伸ばしている。


これという本は「M9ノート」を使って要旨を記録している。新しい発見や気付きもあって、今後のセミナーでの講話などに使えそうだ。


悪いこともあるけれど、そればかりではない。つまりは思いの方向なんだろうな。


サポートしているクライアントとは、電話やメールでやりとりができる。課題についてもゆっくり考えられる。


優先順位を決めるまでもなく、時間はタップリあるので逆に「いつまでに」を決めておかないと締まりがなくなる。


今日からはその課題に本格的に取り組む。


さらには5月以降のセミナーをどのようにグレードアップしていこうか、それについてもアイディアをまとめていきましょう。


後半に向けてのスケジュールも、延期したセミナーの他に少しずつ増えてきました。


もっとも、余り忙しさに振り回されないよう工夫をしていかなければならない。心してかかろう。

« 寂しいダイヤ改正 | トップページ | 主体を取り戻そう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寂しいダイヤ改正 | トップページ | 主体を取り戻そう »