« 会社の中に潜在するキケン | トップページ | 身も心も落ち着いてから »

連載・『脳力開発と私』こぼれ話(77)

東京圏のコロナ感染がここ一両日で一気に加速しています。


小池都知事が一昨日の夜に、急遽記者会見を開いていくつかの強い要請を行いましたが、果たしてどれだけの効果を生むでしょうか。


私は都民でも首都圏民でもありませんが、もしそうであったとしたらかなり戸惑いを覚えるのではないかと感じました。


例えば(週末は)不要不急の外出は控えて下さいと言っていますが、「不要不急」とはどういうことなんでしょうか。


あるいは「控えて」くださいというのは、どの程度のことをいうのでしょうか。


もちろん全てを網羅して、逐一事例を挙げるなどということ(例えば都市におけるゴミの分別のように細かく例示すること)は無理でしょう。


それにしても余りに抽象的で、つまるところ、あとは皆さんの常識や良識の範囲内でやって下さいって言われているように聞こえました。


要するに、もう少し具体的なガイドラインのようなことが同時に発表されておれば、良かったのではないかと思うわけです。

 

例えば大勢での会食は自粛して、少人数なら良いのではと言われても、大勢とは何人くらい、少人数とはとみんな見解が違いませんか。


大勢と聞くと私は100人とか200人を思い浮かべますが、中には500人や1000人くらいと考える人もいるでしょう。


少人数ということでも3~4人で多くても5人以内と考えるのか、それとも10人くらいいても少人数ではないかとか。


ある人は、恋人同士なら2人でも「濃厚接触だ」だ、「密」はダメだなどといちゃもんを付けるかも知れません。


そこまでいってしまうと極論になりますし、細かすぎる例示をされてもかえってウロウロしてしまいます。


それでもある程度具体的なガイドライン(線引き)がないと、困るなとは思われませんか。


会社の中の会議などでは、このことが問題となって議論が紛糾してしまうことがあります。


一方はAが正しいと言い、もう一方は対立するBの方が正しいと主張して意見がすれ違い、一向に結論が出てこない。


そのAとBが抽象的な事柄であればあるほど、まとまるわけがなく「会議は踊る」状態が続いてしまいます。
Photo_20200326173601

一つの例として仕事をする環境整備を取り上げ、美しい職場環境をと言ったとしましょうか。


ところが「美しい職場環境」と言う抽象的な言葉の解釈を巡って、堂々巡りが始まったりする。


美しくするということはどういう行動をとることなのか、その中身が一向に出てこないで美しいの解釈ばかりの空論になる。


脳力開発の指針、その8つめに『行動のつながりで、具体的に考える習慣をつくろう』とあります。


つまり具体的な行動を積み上げていくことが大事なのであって、その行動を一つ一つ点検していくディスカッションが必要なのです。


積み上がったら担当を決め、順番(優先順位)を決め、いつからいつまでに実行するかを決めていけば良いのです。

« 会社の中に潜在するキケン | トップページ | 身も心も落ち着いてから »

『脳力開発と私』こぼれ話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 会社の中に潜在するキケン | トップページ | 身も心も落ち着いてから »