« 連載・『脳力開発と私』こぼれ話(76) | トップページ | 会社の中に潜在するキケン »

コロナが五輪を押し出した

春爛漫の季節、各地から桜(ソメイヨシノ)の開花が伝えられています。


新潟市の開花は早ければ今週末くらい、遅くとも週明けには美しい花が見られることでしょう。


もっとも今春は「花より団子(美酒)」とはいかないようですが、かえって花をゆっくり眺められそうです。


そんな中で東京オリンピックが来年夏までに開催ということが決まり、延期されることが確定しました。

Photo_20200325072201
年内の開催はないと断言がありましたから、丸々1年延期なのか、あるいはもう少し季節が前倒しになるのかはこれからです。


現状の世界状況を見れば、いやいや世界を見るまでもなく日本の現状を見ても、とても今夏開催は無理でしょうとは自明の理。


私自身もこの問題の最初の頃はそこまで深刻に考えていませんでしたので、反省をしているところです。


春頃には落ち着いてきて、というのはかなり希望的な観測だったなと感じています。


ここまできますと、あと4ヶ月での開催などはとても困難だということは誰でも頷けることでしょう。


たとえ日本が収束状況に向かったとしても、他の国はどうなんだろうと思いをいたせば、今回の延期決定は決して早い決定とは言えないなとも。


直接の関係者、とくにアスリートの方々は大変だろうなと思いますが、延期が決まればリセットも可能でしょう。


問題は自分だけではどうにもならない部分でしょうが、たとえば会場や多くの施設の問題だとか様々なネックが洗い出されますね。


あるいはすでに発売された入場券は? 旅行業者や宿泊業者が予約を受け付けている観戦ツアーなどは?


どんなことにもプラスとマイナスがありますから、大変でしょうがそこは知恵の見せ所で乗り切っていかねばなりません。


さて問題は、現状が今後どのように推移していくのかです。


こちらは自分の問題でもあり、しっかりと事実情報を見極めながら戦術を決めていきます。


いずれにしても心がめげないこと、必ず道は開けてくることを信じて、常に最大努力を傾けていきましょう。


もちろん健康第一で。

« 連載・『脳力開発と私』こぼれ話(76) | トップページ | 会社の中に潜在するキケン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 連載・『脳力開発と私』こぼれ話(76) | トップページ | 会社の中に潜在するキケン »