« ガイドラインに沿って戦術を徹底 | トップページ | ノンアルコール »

1971年九州の旅より

たまには少し昔を振り返ってみようかなということで、かなり以前の乗り鉄アルバムから。


小中学生の頃は大阪市内といっても、淀川を渡った北側に住んでいました。


この頃は夏休みとかに、岡山県の西の外れにある母の実家に行く時に山陽本線の普通列車に乗れるのが楽しみでした。


60年代は電化も姫路付近までで、姫路駅で電気機関車から蒸気機関車への付け替えを見ることができました。


姫路を出てしばらく行くと県境の長めのトンネル(帆坂トンネル)があり、煙が一気に入るので開けていた窓を閉めさせられました。


その内に電化が伸びて、EF58形電気機関車で母の実家の最寄り駅まで行けて、煙からは解放されました。


その駅からは、母の故郷の町まで軽便鉄道(井笠鉄道)が出ていたのですが、バスが家の前に停まるのでキシャには乗せてもらえませんでした。


中学生になると1人で列車に乗って出かけるようになり、これが遠くへの乗り鉄の最初だったわけです。


さらに中学3年生の春に東京への修学旅行、大阪駅から修学旅行専用電車(155系「きぼう」)に揺られました。


一番後ろの車両と記憶しています。父親から借りたカメラを抱えて撮り鉄をやったのですが、フィルム(モノクロ)交換を失敗してもったいないことをしました。

88622__71
本格的に1人で旅程を決め旅鉄(乗り鉄&撮り鉄)をしたのは、大学2年(1971年)の夏の九州一周でした。もちろん均一周遊券を握りしめての旅。


それまでも近畿一円や北海道にも出かけましたが、これは大学の鉄道研究会の仲間との旅が主でした。


九州旅は全くの独り旅、この後は殆ど1人だけの乗り鉄旅が続いて今に至っています。


大阪から夜行列車で九州入りして、日中はあちらこちらを乗り回り、夜は門司港駅に戻ってまた夜行列車。時々YH(ユースホステル)に泊まるという2週間の旅でした。
_103_81

さすがに2週間では全線を踏破できませんでしたが、それでも現在は廃止されている路線を含めてかなり乗り潰しました。


当時は国鉄乗りつぶしやSL写真が主で、私鉄は車窓からや短い途中下車の際での駅構内撮影、振り返れば勿体ないことでした。


それでも時刻表やたまに読む趣味誌だけでは知り得ない鉄道や車両に偶然であったり、フィルム消費枚数を絶えず気にかけながらの旅でした。


夏の暑い日々でしたが、20才前の若さは猛暑などものともしなかったようです。


新型コロナ問題が収束に向かい、またのんびりと乗り鉄できる日を楽しみに待っています。

« ガイドラインに沿って戦術を徹底 | トップページ | ノンアルコール »

VANちゃんの乗り鉄旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ガイドラインに沿って戦術を徹底 | トップページ | ノンアルコール »