« 損益分岐点売上高は間違いを招く(!) | トップページ | 連載・『脳力開発と私』こぼれ話(69) »

脳力開発的に考えると

毎日のように新型コロナウィルス(COVID-19)の話題が、トップニュースとして流れてきています。


情報は玉石混淆で、まだ正確なところはどうなのかということは分からない、というつかみ所のない状況が不安を助長します。


こういう時には脳力開発・情勢判断学の出番だなと思うわけで、私自身はとにかく確定的事実を追うように心がけています。


事実としてハッキリしていることは、日本が中国に次いで世界で2番目に感染者が多い(クルーズ船感染者含む)ということです。


それにしては対応が後手後手に回っていたり、危機管理が甘いのではないか、そういう状況もいくつか読み取られるところです。


ちょうど中国が春節に入って「国民大移動」が始まるタイミング、その時点ではまだ武漢(周辺)からの入国も制限無しでした。


他の国が制限を設けるようになって、慌てて実施したということは否めない事実です。国際線空便の休止なども数歩遅れた感じでした。


また既に武漢だけでなく、オール中国からの入国を(自国からの出国も)制限している国が増えているのに、日本は浙江省を加えたのみ。
Photo_20200220070801

もちろん、「正解は何か」ということがまだ明確ではありません。だが何ともお粗末な対応ではないかと色んな事実から評価できます。


そして気にかかっていたことが現実になりつつあります。それは「自粛モード」が広がりつつあること。


もちろん、必要なことはやるべきでしょう。自らやれる健康管理、予防の実行などは積極的にやることは当然です。


しかし必要以上に恐れて過剰に対応することは、いかがなものでしょう。正確な事実が少ないので対応は大変ですが、過剰な自粛は萎縮につながります。


東日本大震災の後にも自粛ムードが広がって、多くのイベントが中止になった事実があります。すでに多くの行事やスポーツ大会が影響を受けていますが、その二の舞にはならぬよう願いたいモノです。


とにもかくにも、しっかりと事実情報を自分で確かめて正しい判断をし、行動をすることを心がけて参りましょう。

« 損益分岐点売上高は間違いを招く(!) | トップページ | 連載・『脳力開発と私』こぼれ話(69) »

VANちゃん怒ってます」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 損益分岐点売上高は間違いを招く(!) | トップページ | 連載・『脳力開発と私』こぼれ話(69) »