« 岡山は何番目の故郷? | トップページ | 損益分岐点売上高は間違いを招く(!) »

連載・『脳力開発と私』こぼれ話(68)

前回まで両面思考ということについて述べてきましたが、さらに一歩進めて多角度思考ということを考えてみましょう。


あなたもこういうことを言われたことがないでしょう、「頼むからオレの立場にもなってくれよ」と。


あるいは仕事をしている時に、「経営者の立場になって考えてみてほしい」という言葉に腕組みしたことはありませんか。


自分自身を見ても、会社の中では一人の社員であり、例えば課長とか係長という肩書きを持っていたりしますね。

Photo_20200218060701
家に帰るとどうでしょうか、奥さんがおられれば夫という立場であり、子供さんがいれば父親という立場が加わります。


近所ではどうでしょうか、地域社会の一員であり、もしかしたら町内会やPTAでも役割を担われているかも知れませんね。


普段はそういうことを余り意識していないでしょう、この時はどういう立場で接するかなどと改めて考えないと思います。


立場という言葉は余りに当たり前のことであって、それがどうしたということかも。


でも例えば重要な場面で、「私(の立場)としましては」とか「個人的には」と断りの言葉を挟んで発言していませんか。


小さい頃に「あなたももうお兄ちゃんなんだから(小さい子をいじめてはダメですよ)」と言われて、戸惑いませんでしたでしょうか。


この『立場』という言葉を、当たり前の決まり文句として捉えないで、具体的な思考の元になる言葉として捉えてみませんか。


考え方の整理をするためには、実は立場ということがとっても重要な要素になっているのです。


しかも立場というものは、それだけが単独に存在しているわけではありません。夫という立場は妻が対極にいるからですし、一つだけ切り離しても意味がないのです。


脳力開発では、立場というのは「複数の要素の間の相互関係」を整理して考えることが大切だと言っています。


これが分かっていると一方から考えて答を出すのではなく、関連するいくつかの立場からのアプローチをして考え行動するという、土台習慣ができるのです。


そうでないと、一方からだけ考えて行動してしまい、周りとぶつかってしまう、対立してしまうということになりかねませんから。


商売でも売り手の立場だけでなく、買い手(お客様)の立場からも考えないといけないと言われるでしょう。さらにそこを掘り下げていきましょう。

« 岡山は何番目の故郷? | トップページ | 損益分岐点売上高は間違いを招く(!) »

『脳力開発と私』こぼれ話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 岡山は何番目の故郷? | トップページ | 損益分岐点売上高は間違いを招く(!) »