« 楽しく・美しく・効果を出す | トップページ | 連載・『脳力開発と私』こぼれ話(68) »

岡山は何番目の故郷?

高松(さぬきMG)からの帰り道、大阪までまっすぐに行ってもよかったのですが、ちょっと岡山に寄り道泊です。


特別な理由はありません、ただ立ち寄ってみたかったいうことだけでしょうか。


実はこの岡山には、大学時代の後半の2年間、そして就職して1年半後の1976年から新潟(長岡)に赴任する1990年まで住んでいました。
Photo_20200216222801

さらに2006年秋から2008年春までの1年半、逆単身赴任をしていましたので、けっこう縁があることになります。


結婚したのもこの岡山の地ででした。最初に自分の家を建てたのもこちらでした。


ついでに付け加えれば、亡くなった母は岡山県の西部の広島の県境に近い町で生まれ育ちました。


私が最初に当地にやってきたのは1972年、新幹線の岡山開業の年でした。まだ大学時代で、本拠地(下宿)は大学のある神戸市内にありました。


その辺りのことは話せば長いことになりますので省略しますが、当時あった市内のユースホステル(YH)に居候ヘルパーをするようになったのは、その夏からのことでした。


そのYHも老朽化が進んで取り壊され、今では跡形もなくなってしまっているのですが。



大学の授業もありましたから、その年は神戸と岡山を適当に往復しながらでしたが、翌年73年の春先からは殆ど住み着くようになりました。


74年春に就職をして名古屋(会社の独身寮)に住むことになりましたが、やがて体を壊して退職し、また岡山に戻ってきました。


そこで縁あって、独立開業まで30数年お世話になる会社(親会社)に就職し、最初は市内の西の方に、しばらくして県南の玉野市に住みました。


で、上記のように再び岡山市内の東の方に家を建てて、その家には5年ほど住みました。


それからもう30年が経ち、駅前も駅の東西も大きく変化しましたが、その変化を感じようと今夜は少し歩き回りました。


本当に大きく変わっていますね、いくつか当時からある店の名前も見つけましたが、当然当時の主人やスタッフさんはいないのでしょう。


いつもこの辺りを歩き回ったなとか、この近所にあった縄のれんをくぐってお酒を呑んだなとか、思い出すことも多々ありました。


でも新しい道や建物・施設ができており、迷ってしまうようなことも。変わりましたねぇ、初めて住んでからは50年近いですから。


この雪の殆ど降らない町から、雪国へ赴任・引越をすることになり、やがてそこが終の棲家になりそうなのはどういう縁なのでしょうか。


人生とは不思議なものですね、何よりこの町にも縁があるといっても、私が本来生まれ育ったのは大阪なんですからね。


大阪(神戸も含め)、岡山、そして新潟。それぞれが色んな意味で私の故郷です。


強いていえば、この岡山の地は「青春という時代の故郷」なのでしょうね。ある意味では輝いていた時代なのかなと感じています。


それでは今日は最初の故郷である大阪へ足を向け、両親の墓参りをしてくることにしましょう。

« 楽しく・美しく・効果を出す | トップページ | 連載・『脳力開発と私』こぼれ話(68) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽しく・美しく・効果を出す | トップページ | 連載・『脳力開発と私』こぼれ話(68) »