« 連載・『脳力開発と私』こぼれ話(63) | トップページ | この目で見たマスク騒動 »

学びは自分の過不足確認

2月に入り、冬らしい西高東低の気圧配置が天気図に現れました。


先日は新潟県内の気象観測地点の全てで積雪ゼロという、前代未聞の気象状況になりましたが、昨日からは山沿い地方では降雪・積雪が記録されています。


2月の上旬は予報に雪マークが付き、スキー場などはホッとしているところでしょう。


冬場に雪が少ないと、この先春以降の米作などにも影響が出ないかと懸念されているところです。


さて、昨日は「人を大切にする経営学会」関東支部の設立記念フォーラムに参加してきました。内容などについては、後日『小さな会社のマネジメント』で紹介するつもりです。


そんな中でいくつか琴線に響いた言葉を紹介します。


まずトップバッターで登壇された、福島県いわき市を中心にスーパーマーケットやドラッグストアを展開されている、(株)マルトさんの社是。


「商売とは 心からありがとうを言ってくださる お客様という名の友人をつくること」


さらにTOTOグループの企業理念の中から。


「良き品物を作る前に良き人を作る」(2代目社長の提唱)
20200131-164637

最後に坂本光司先生のお話の中から。


「正しい経営は潰れない」


他にも色んなことが突き刺さりましたが、ある意味ではセミナーやコンサルティングの中でやってきていることが、間違いの無いことだったことを確認できました。


3月からの脳力開発講座、そしてMG/CFMG研修の中でお伝えして参ります。

« 連載・『脳力開発と私』こぼれ話(63) | トップページ | この目で見たマスク騒動 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 連載・『脳力開発と私』こぼれ話(63) | トップページ | この目で見たマスク騒動 »