無料ブログはココログ

« 来年の大河ドラマはどうなる | トップページ | 連載・『脳力開発と私』こぼれ話(47) »

2019年11月18日 (月)

MGは芋洗い研修

土日の仙台MG、ももさんたちの主催で今回が23回目。1400期




今回は前夜祭(0.5期)から終了後ぬ打ち上げ(5.5期)までのフル参加で、学びと交流を深めてきました。


私にとっても大事な節目でした、1987年9月に初めてMGを体験してから32年、1400期(1401期)に到達しました。標準の研修では1回が5期ですから、ざっと計算して280回受講したことになります。


実際にはワンデーセミナーやゲームは4期のシニア研修などもありますので、多分300回以上参加したはずです。
75402178_10221143596044382_7586625322506

そんなに研修参加していたら、もう大概のことは免除なんでしょうねといわれます。普通の研修・講習はそういう仕組みになっているものが多いようですね。基礎の基礎のようなことはやらなくても、頭の中に入っていますから。


ところがMG(だけ)は違うんですね。基礎の基礎、すなわち第1期の経営練習(シミュレーション)から必ずスタートします。ですから私は、毎回同じことを300回近くは繰り返したことになるでしょう。


それでもそこから新たに学ぶことや気付くことがあるのが、MGの素晴らしいところです。


しかも、多くの研修・講習では何度も受講しているベテランと、初受講を含む初心者はクラスやグループを分けて学びます。しかし、MGでは全員が同じ土俵でスタートして学び合います。


これを称して「芋洗い(研修)」といっています。玉石も混淆ですし、年齢や職業も多様、職場の上下関係なども無関係。企業内で研修の時にも、少なくとも私がインストであればその基本原則を守ってやります。


新人や初心者にはキツいと思われるでしょう、そう確かにキツいはずです。私も初めての頃はそうでしたから。


それを体験してきているから、そして今でも初心者の方と一緒にやるから、気持ちの部分も含めてそこからたくさんの学びと気付きを得ることができるのです。


2019年のMG研修受講は、これでいったん終了。来年は1月下旬の九州・大分でのセミナーから受講をスタートします。次の目標は1500期、70歳つまり古稀を迎える前、あるいは古稀の年に無理なく到達することを目指します。


もっとも今年もまだインストラクターとしては、残り2つのセミナーをしっかりとやっていきます。

« 来年の大河ドラマはどうなる | トップページ | 連載・『脳力開発と私』こぼれ話(47) »

MG&脳開/VAN研セミナー」カテゴリの記事

コメント

小竹さん、ありがとうございます。
来年3月の上越MGも、お待ちしていますよ。

1400期おめでとうございます!なにげにいつもブログ見てます♪いつもおもしろい・・・

この記事へのコメントは終了しました。

« 来年の大河ドラマはどうなる | トップページ | 連載・『脳力開発と私』こぼれ話(47) »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28