« 佐々木さんの心を継いで | トップページ | 連載・『脳力開発と私』こぼれ話(46) »

科学性と正規分布

今回開催された柏崎MG(佐々木杯)、3卓17名という人数は西先生のMGとしては最高に贅沢な時間となりました。


西先生の講義が第1期からバッチリ、私もマイツールのことや、(戦略)マンダラの話を少しだけさせていただきました。さらにはルール説明等が延命さんとあっては、参加された方はまさにラッキーカードでした。


MG思想の中に「科学的(科学性)」ということがありますが、今回もその真髄を耳にできました。


「知らない」あるいは「分からない」と、ハッキリ口にできるというのが科学的であると。なるほど、だから『教えない、教え合う』なのだと納得ができました。


また最近はワインバーグの『科学の発見』の話を基に、ガウスの言葉「その学問が科学的かどうかは、その中に数学はどのくらい含まれているかどうかだ」を引用されます。


今の会計、つまり600年も使われ続けている右左会計(財務会計・制度会計)は科学的ではない。戦略MQ会計の経営方程式(PQ=VQ+F+G)によって、初めて会計が数学化されたのだと。


それはホントによく分かります。なにより右左会計には、Q(数量)の概念が欠けていますからね。


さてゲームの展開ですが、4期と5期では青チップのサイコロ振りになりました。


いずれも3個を次繰りしていましたが、4期は成功ゼロとなって結局青なしを貫きました。5期は1枚だけの成功で、こちらは特急を1枚積み増ししました。


結果としては青なしの4期がP=28円(最後まで28円カードで売り抜き)、そして青2枚にした5期はP=27円(26.9円)でした。青の少ない方がPが高い、環境・条件は違います(メンバーは5人が同じ)がそういうこともあります。


最終的に自己資本はトップになりましたが、色んな反省が伴う途中経過でした。20191113-150216


久しぶりにリスクカードの洗礼に狼狽えかけました(笑)。得意先倒産に不良在庫が連続発生、そして終了少し前の縁故採用等々。幸い気持ちが萎えることはありませんから、すぐに立ち直りましたが。


グラフは美事に正規分布、他の2卓についてもほとんど同様の正規分布でした。MGの「理想形」と言えましょうか、インストラクターはこのような形になるように、ゲームを進行していくことが求められます。


もちろん参加メンバーにもよるのですが、その意味でも大いに学びの多かった2日間でした。


なお、佐々木杯のクリスタルについてはとっても重いので、2年連続で主催者の川口さんにお預けしました。ありがとうございます。

« 佐々木さんの心を継いで | トップページ | 連載・『脳力開発と私』こぼれ話(46) »

MG 脳力開発 戦略経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 佐々木さんの心を継いで | トップページ | 連載・『脳力開発と私』こぼれ話(46) »