無料ブログはココログ

« 長崎MG2日目のチャレンジ | トップページ | 11月仙台MGで1400期かなぁ »

2019年9月 6日 (金)

連載・『脳力開発と私』こぼれ話(28)

今日6日は、脳力開発講座神戸講座の最終講です。3回シリーズの3回目、3月からのスタートで早くも半年が経過しました。スポット参加も含めて12名の方がいらっしゃる予定で、9名の方に「修了証」をお渡しいたします。


また、福岡講座の第1回目で特別講話をいただいた鹿児島(薩摩川内市)の田上康朗さんをお迎えし、元気の出る講話をお願いしています。田上さんは私にとっては脳力開発の先輩であり、故城野宏先生に直接薫陶を受けられた方です。


第3回目のテーマは「自分もよし他人もよしの姿勢をつくろう」でう。対比する姿勢は「自分だけよしの姿勢」、これは平生の生活の中でも、もちろん企業間や会社ににおいても見られることではないでしょうか。


よくジコチュウ(自己中心主義)などとも言われますが、何だか昨今の日本はこの傾向が益々強くなってきているのではないかと懸念しているところです。


実は、自分だけよしの姿勢になっていると、他ならぬ自分自身が損をしてしまうことが少なくないのですが、どうもそういうことには頭が回らないようです。企業もまたそうです、自社だけが儲かれば良いという姿勢で経営していると、必ずしっぺ返しが来ます。


私自身も自分の現役社長時代に苦い経験があります。それも一つや二つではありません、今から思えばなぜあんなことをしてしまったのかと思うのですが、その時には「これしかない」と考えてしまっていたのでしょう。


冷静に周囲を見回してもう一度考えてみれば、違ったことができたはずでした。視野が狭くなっていたということになります、自分(自社)だけしか見えていなかった。自分が可愛かったのでしょう。


もしその時に違う方向で仕事を続けることができていたら、おそらくその時点ではかなりの損失を余儀なくされたでしょう。会社として赤字決算にはならなかったとしても、その年の利益が相当減っていたはずです。


それでも、思い切ってマイナスに舵が切れていたら、少なくとも同じだけのプラスがその後にあったはずです。そこまで思い至らなかった私が、まだまだ経営者としても人間としても未熟だったのでしょう。


間違いなく、かなり多くの方に迷惑を掛けてしまいました。それは巡り巡って、将来の自分や自社にマイナスとして降りかかってきました。こうやって私自身がまだ、残念なことをしてしまったと後悔しているわけですから。Photo_20190903173901
 

ようやく5年くらい前から坂本光司先生(当時法政大学大学院教授・写真)に出会い、人を大切にする経営学会を知って入会させていただきます。その中で『五方よし経営』に出会い、今は自分の仕事の中でそれを推奨・推進しています。


それまでは人間優先経営とか、従業員第一主義経営だとか言っていましたが、この五方よし経営がしっくりきます。かつての会社で、これができていたらなと思いますので、なおさら力を入れて伝えていきたい気持ちが強いのです。


今日も自分のまとめの講義の中で、「五方よし経営」について私なりの考え、あるいはMGとの関わりについて伝えていきます。MGで西先生が言われるところの「Y理論」経営とも、つながるところがあるかと思っています。


現役時代にはできなかっったことですが、それだけに想いを込めて、また志を込めてお話しいたします。

« 長崎MG2日目のチャレンジ | トップページ | 11月仙台MGで1400期かなぁ »

『脳力開発と私』こぼれ話」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28