無料ブログはココログ

« 連載・『脳力開発と私』こぼれ話(28) | トップページ | キャッシュフローMGやりませんか »

2019年9月 7日 (土)

11月仙台MGで1400期かなぁ

木曜日の内に、長崎から神戸に飛んできました。

昨日から3日間は、今回遠征の第3ミッションである神戸でのセミナーです。まずは脳力開発講座・神戸での最終講で、まとめは田上康朗さんに特別講演をお願いしました。

さらに今日から、土日はキャッシュフロー経営セミナー(CFMG)、今回は参加人数が少ないのですが、その分時間をかけてプラスアルファのことができると期待しています。

さて、一昨日まで2日間の長崎MGでは、いくつかの目標を作っていましたが、さすがに全部の達成は無理だったものの、ほぼクリアできたと自分を評価しています。

まず一つ目はA卓にこだわること。次の第6期まで維持すること(すなわち4A)はできませんでしたが、これはここのところの常です。少なくとも3Aまでは維持できていますから、良しとしましょう。

今回の特長は、毎回違った態勢(人員、機械、そして戦略チップ)でのゲーム展開であったことです。
 ・第2期 2人体制/小型機械/黄チップ1枚のみ
 ・第3期 3人体制/中型機械/チップは黄1枚+赤特急1枚
 ・第4期 3人体制(ただし後半に1人退職)/大型機械/チップは黄1枚+青3枚(内特急2枚)
 ・第5期 3人体制/大型機械/チップは黄1枚+青1枚

第3期は終了寸前の「得意先倒産」リスクで僅かな伸びに留まりましたが、それも含めて毎期自己資本を伸ばすことができて、最終的には分社まであと一歩の574(第5位)でした。Photo_20190906071601

毎期態勢を変えたのは周囲のメンバーの状況に対応してということでしたが、トップは狙わないので第5期も製造6個・販売5個体制を維持していきました。しかもただ1人青1枚なので狙うは名古屋市場のみ。

優勝あるいは上位を狙うのであれば、ここは機械の増備と残した次繰り青2枚を出してさらに特急1~2枚増、赤特急チップも必要で、せめて7個売り体制をとる必要があったでしょう。

ただ、そこまでやろうという気は全くなかったので、マイペースを貫きました。反省するとすれば、4期でのチップ次繰りに赤を加えるべきでした。ザンネンながら行数が足りませんでした。


今回の長崎MGでは第2期から5行カット、3期は30行、4期35行、そして5期も40行でした。そんな中でPQ2000前後を売る方はすごいなぁと感じます。


ところで今回のMGで通算期数は1382期になりました。つまり残り18期で1400期の節目を迎えます。次の受講は今月末の三浦MGシニア、ここでは多分4期のMGとなるでしょうから1386期。

その後は10月末の軽井沢MG、11月の地元新潟・柏崎MGですのでこれで1396期になる予定。となると、節目はその次のMGで迎えることになるでしょう。

予定通り順調に期数を重ねることができれば、11月の仙台MGにて到達します。ということで、体調に気を付けながら1つの目標を目指していきます。

« 連載・『脳力開発と私』こぼれ話(28) | トップページ | キャッシュフローMGやりませんか »

MG 脳力開発 戦略経営」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28