« 無借金経営は決して万全ではない | トップページ | 西先生との初対面 »

資金繰り表は作れますか?

昨日から今年最初の遠征は、東京そして川崎(溝口)です。

 

いつもセミナーでお世話になっている、神田のウィズアクトさんに伺って新年の挨拶。そして長谷川さん、和田さんとミニ新年会。

 

今年1年もウィズアクトさんで、脳力開発講座とキャッシュフローMGセミナーを開催します。4月がスタートですが、すでにエントリーが入り始めています。

 

セミナーの他にも、色んな形でのコラボができるのではないかなということで、相互協力・共生を目指していこうと前向きなお話でした。

 

さて、今日明日はキャッシュフローMGセミナー、公開セミナー1年のスタートは今年もLR小川会計さんからです。

 

「小さな会社のマネジメント」でも書きましたが、キャッシュフロー(CF)で大切な要点は経営者が本当にCFを理解し、会社のために行動できているかです。

 

経営者が会社のために行動するのは当たり前じゃないかと言われますが、ではあなたは本当にできていますか?

 

たとえば、資金繰り計画表は作っていますか。イザという際に、銀行からいつでも融資してもらえる状態を作っていますか。

 

意外とできていないのが現実ではないでしょうか。Photo

 

一例を挙げましょうか。資金繰り(計画)表の作成などはイロハのイです。次に、銀行からの融資についてですが、今現在の融資はプロパー融資ですか?

 

プロパー融資100%ならいいのですが、保証協会の保証付あるいは政府系金融機関からの融資が大半、とかいう状態は甚だ危険です。

 

その方が良いじゃないか、金利も得だしと思った経営者の方、それは大変危険ですよ。という理由がもしお分かりにならないとしたら、それこそ「大変ですよ」ということに。

 

今日明日は会計事務所さん主催ですので、あんまり税理士や会計士の「悪口」はいわないようにしようと思います(笑)が、でも顧問税理士さんに頼り切る経営者ではねぇ。

 

というくらいのお話はしようと思います。すなわち、本当に信頼できる税理士や会計士、あるいは会計事務所になっていただきたいからです。

 

経営者の見方であるべきが本当の姿だと思っていますので。かつて私も経営者の端くれでしたが、その時にはいい税理士さんに恵まれました。

 

私自身ももちろん勉強しましたよ、社長1年目から資金繰り表は年度計画表も含めて自分で作っていましたから。銀行との平生の付き合いも私の役割として。

 

そんなことをキャッシュフローMGセミナーでは、講義の中でお話ししようと思います。

« 無借金経営は決して万全ではない | トップページ | 西先生との初対面 »

小さな会社のマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/67575639

この記事へのトラックバック一覧です: 資金繰り表は作れますか?:

« 無借金経営は決して万全ではない | トップページ | 西先生との初対面 »