« 人財づくりが仕事の土台です | トップページ | 今年も時々の乗り鉄旅で »

戦略達成に向けて

友だち追加 ←ヴァンガード経営研究所・LINE@
 

正月2日、「小さな会社のマネジメント」より、明けましておめでとうございます。Photo

 

今年も色々な視点から、小さな会社の経営についてのポイントを取り上げて、私の意見や私感をMGの視点から、あるいは脳力開発の視点からアプローチして参ります。

 

その中にあって特に強調しておきたいことは、「戦略」というテーマです。戦略と戦術、様々なところで使われる言葉ですが、正しく理解し使われているとは思えません。

 

これは何度もこのブログのコラムでも書いてきたことですが、端的に言えば、あちこちで戦略と戦術が混戦して使われているということです。

 
私のセミナーでいつも言っていることですが、戦略と戦術をキチンと区別できるようになるだけで、会社が良くなりますよと。

 
そしてまずは、明確な戦略を立ち上げて下さい。すでに、経営理念という立派な戦略をお持ちであれば、それに基づく「今年の戦略」を具体的に明示しましょう。

 
戦略を達成するための同志である社員さんがおられるのなら、みんなの心を合わせるための旗印になるのが戦略です。向かうべき方向を一致させることが必要なのです。

 
その戦略を達成するための、いくつかの戦術を組み立てていく。戦術とは、戦略を達成するための手段であり方法であり、あるいはその為に使う道具のことです。

 
現場で実際に行動する社員さんが、自ら戦術を組み立てて達成行動に邁進してくれれば、それは本当に素晴らしいことです。そういう会社を実現していってほしいのです。

 
2019年の総括をする段階で、今年は単年度の戦略を達成することができ、会社としての経営理念実現に一歩も二歩も近づくことができた、と胸を張れますように。

 
皆さんの会社が佳い結果を勝ちとられることを祈りながら、今年1年も繰り返し戦略と戦術について、具体的な事例を混じえながらお話ししていきます。

 
どうぞ、今年もよろしくお願いします。

« 人財づくりが仕事の土台です | トップページ | 今年も時々の乗り鉄旅で »

小さな会社のマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/67538634

この記事へのトラックバック一覧です: 戦略達成に向けて:

« 人財づくりが仕事の土台です | トップページ | 今年も時々の乗り鉄旅で »