« 採用は市場で自由競争 | トップページ | 倫理法人会も新年度スタート »

不正と詐欺を絶賛した金融庁長官って?

秋雨前線が停滞しているそうだ。そのせいで、行く先々で雨に遭いそうだ。雨は降ってくれても佳いのだが、大雨になって列車が動かなくなるというのは願い下げだ。





今日は久しぶりに新潟から北陸路を西下する。金沢までは特急「しらゆき」と新幹線「はくたか」を乗り継ぎ、昼ご飯を済ませた後、金沢からは普通電車と新快速電車の乗り継ぎで神戸(三宮)までの予定。





先日の大雨、さらに台風21号による大雨でも、北陸本線は運休が相次いだ。今回の雨はそこまでひどくないと思うが、出たとこ勝負という感もある。無事にたどり着きますようにと、祈るしかないな。





というわけで、新潟始発の特急に乗り込んだ。温かい珈琲をポットマグに詰めてスタートする。目下のところは、不通になっているところはなさそうだ。





ところで、昨今は「第三者委員会」なるものがあちこちに見られる。不祥事を起こした企業だけかと思いきや、スポーツの世界でも日大にプロボクシング界、そしてさらに体操界とつづく。





第三者というと、基本的に利害関係が無いことが条件になると思うのだが、さりとてその世界のことを全く知らないでは話にならない。それでは単なる傍観者の懇談会になってしまうだろう。





スポーツ界のことはいざ知らず、企業における第三者委員会はけっこう厳しい報告を出してくるようだ。もっとも、そういうことが日々の業務の中で、企業内で分からなかったのかと暗澹たる思いにもなる。Photo






とりわけ今回のスルガ銀行における第三者委員会の報告には、戦慄するというか、あきれてものが言えない内容が次から次にと語られていた。この報告書、何と300ページをはるかに超すボリュームだ。





目次を見ているだけで「おなかいっぱいになる」くらい、よくもこれだけのことをやっていたなという感じ。とても本文まで読んでいる時間はないので、あとはニュースからの受け売り情報で間に合わせるが。





興味ある方はネットで検索できるので見てほしい。それとは別に、このスルガ銀行を「地銀の優等生」として絶賛していた方もいらっしゃるのだ。あろうことか、それが金融庁の森信親長官。





森長官は、「特異なビジネスモデルで継続して高収益を上げている」と、スルガ銀行のビジネスモデルを高く評価していたのだ。その真実が違法行為の積み重ねだったことを、一体どう言い訳するのだろうか。





不正と詐欺行為を見抜けなかったと言えば済む問題ではない。そのお粗末もまた問題だが、ただ表面の数字ずらだけを眺めて評価を下すという、余りに安易な脳みそにもレッドカードだ。





何でも地方銀行に対して、スルガ銀行を見習えとまで言ったのだそうだ。これだから、高級官僚とやらは信用ならんわけだ。もちろん、責任の取り方などもご存じないのだろうよ。





数字ずらの表面だけを眺めて云々というのは、現政権やその配下の連中にも言えそうだな。失業率や有効求人倍率の『好転』なども、言ってみればその類だろう。





どうつじつま合わせをするのか、お手並み拝見とするか。

« 採用は市場で自由競争 | トップページ | 倫理法人会も新年度スタート »

VANちゃん怒ってます」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/67143742

この記事へのトラックバック一覧です: 不正と詐欺を絶賛した金融庁長官って?:

« 採用は市場で自由競争 | トップページ | 倫理法人会も新年度スタート »