無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

VAN研(ヴァンガード経営研究所)

フォト

他のアカウント

« 悩みや困惑に振り回されないように | トップページ | 不正と詐欺を絶賛した金融庁長官って? »

採用は市場で自由競争

就活戦線(というのがあるのかな?)が揺れ動いている。経団連の中西会長が、新卒学生の採用選考についての現状指針について異論、明確に言えば廃止が妥当だと述べたのだ。

 

その発言要旨を引用してみることにしよう。Photo

 

『経団連が採用選考に関する指針を定め、日程の采配をしていることには違和感を覚える。また、現在の新卒一括採用についても問題意識を持っている。

ネットの利用で、一人の学生が何十社という数の企業に応募できるようになった。企業が人材をどう採用し、どう育成していくかということは極めて大事なことであるが、終身雇用、新卒一括採用をはじめとするこれまでのやり方では成り立たなくなっていると感じている。

各社の状況に応じた方法があるはずであり、企業ごとに違いがあってしかるべきだろう。優秀な人材をいかに採用するかは企業にとっての死活問題である。』

 

要するに、経団連加盟企業以外はこの指針を守っていない、とくに外資系企業は自分たちに先行して良い人材をかっさらっていく。自分たちも自由にやって当然ではないか、いうことなのか。

 

春に一括して採用するという習慣があるのは、どうやら日本などホンの一部の国らしい。それにはもちろん、メリットもデメリットもある。例えば「社員教育(集合教育)」という側面からは、非常に有利な採用法だ。

 

確かに現状を見ていると、指針・ガイドラインというものが空洞化しているという感じもある。例えば今の時期はいわゆる内定出し前ではあるが、すでにいくつもの内定を得ている学生がいるし、企業の囲い込みも盛んだ。

 

インターンシップなるものも、大学3年生を対象に公然と行われているし、もちろんそこに参加した学生がみんなその企業に入るわけではないが、そのことは学業の妨げにはならないのか。

 

もっとも、半数の大学生にとって大学生活は社会人生活前のバッファではないのかと、私などは思っているわけだ。無論、学業や研究、実験などに全身全霊をかけて取り組む学資も存在する、僅かだろうが。

 

大学生活に飽きたら、その時点でどんどん就職して仕事に就くべきだ、などと考えているわけではないが、企業の社員教育の仕組みを変えればそういうことにも対応していけるはずだ。

 

採用は市場で自由競争、それでいいと私などは思っている。そんなことをしたら、中小企業とくに小規模企業はなおのこと人材確保が困難になると言う方もいるだろう。

 

しかしそれこそ企業間の差別化であり、小さい会社だってオンリーワンの強さを持てば、負けることはない。今でも学生の応募が殺到するような、小さな会社もたくさん存在する。

 

そのレベルで言えば、日立などと威張っていても「有用な人材が採れていない」のではないかと、中西会長には言ってあげたいものだ。己の力の無さ、魅力の無さを制度のせいにするなどとはねぇ。

 

人材教育は人を育てるばかりではない、しかも新人を対象とするばかりのものではないわけだし、さらには企業自身をも育てていくものだと理解し取り組んでほしいものだ。小さいからこそできることがあると。

« 悩みや困惑に振り回されないように | トップページ | 不正と詐欺を絶賛した金融庁長官って? »

小さな会社のマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/67141441

この記事へのトラックバック一覧です: 採用は市場で自由競争:

« 悩みや困惑に振り回されないように | トップページ | 不正と詐欺を絶賛した金融庁長官って? »