« 台風から逃れるように帰ります。 | トップページ | 表象だけの維新賛美はどんなものか »

学びのチャンスなのにもったいない

友だち追加 ←ヴァンガード経営研究所・LINE@フォロワー募集中

<連載コラム(86)>
 
 この思いやりや誠意というのも、「これ見よがし」のベタベタしたものはニセモノと言うべきでしょう。

 
 本当に相手の立場に立ち、相手の気持ちに添って気持ちをくみ取り、その上で相手の真の幸福を願うところまでいってホンモノだと言えましょう。

 
 そこまで奥の深いものだということを分かって、自然な振る舞いの中でほのかに感じるものが、思いやりあるいは誠意というものではないかと思うわけです。

 
 逆に、周りの相手が低く見えたり、バカに見えてしかたがないようでは、とてもとてもその境地からはほど遠いわけです。

 
 思いやりとか誠意を論ずる以前の問題、言ってみれば貧しい心境が根底に沈殿しているとしか思えないわけです。

 
 この心境は、単につまらない思い上がりに過ぎないというだけではなく、実はまだ土台の境地が極めて低いということを示しています。とりもなおさず、自身の脳力水準が低いのだとしっかり自覚していただきたいのです。

 
 MG
でも、初心者や期数の浅い人を前に、自分は何度も体験していて何でも知っている、といったような態度を示す方がいらっしゃいます。

 
 典型的な例は、初心者が隣にいても「
置いてきぼり」にして、さっさと記帳を進めていかれるようなことです。

 
 せっかくの深い学びのチャンスなのに、もったいないなと感じてしまうところです。

20180825_140540

« 台風から逃れるように帰ります。 | トップページ | 表象だけの維新賛美はどんなものか »

連載「MGと脳力開発」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学びのチャンスなのにもったいない:

« 台風から逃れるように帰ります。 | トップページ | 表象だけの維新賛美はどんなものか »