« 表象だけの維新賛美はどんなものか | トップページ | 悩みや困惑に振り回されないように »

1日ズレておれば大変なことだった

大きな被害が出た今回の台風21号、まともに大阪湾を直撃していったために、強風と高潮の被害が予測を超えて大きかったようだ。

 

私自身も8月の30日から神戸に来ていて、2日のセミナー終了の夕方まで滞在していた。神戸に来る前から台風情報は日に何度も確認していた。

 

当初の予定は2日に名古屋に移動し、3日はゆっくりと信州を縦断して新潟に戻るスケジュールを組んでいた。ただ、台風の動き次第で2日中に帰ることも視野に入れていた。

 

2日午後の時点での確認で、少なくとも4日の未明までは大丈夫で、3日夜までに戻ることができれば安全であると判断することができた。

 

となると予定通りに動くことを決断した。青春18切符の残りがまだあり、2日夕方からの神戸から名古屋への移動、そして3日の乗り鉄旅も可能だと思ったわけだ。

 

後から振り返ると、かなりスレスレだったことが分かる。3日朝の名古屋は夜半の雨が上がって晴れてきていたが、翌朝はかなりヒヤヒヤの天候だったようだ。

 

台風の進路右は雨風が強いということは知っていたが、今回のケースは正にそれに当てはまっていたようだ。だからもし、1日ズレておれば乗り鉄旅どころではなかったわけだ。20180903_160532

 

実際、4日は前日に乗った飯山線はほぼ運休になっていた。前日の3日は、晴れた空の下をのんびりと旅ができたのが、ホントに幸いだったということだ。

 

これまでも天候の変化で、旅程を変えざるを得ないことや足止めを食ったこともあったが、状況の急変に備える準備はしておかねばならないことを、改めて痛感した。

 

末筆だが被害に遭われた皆さんには、心からお見舞いを申し上げたいと書いたところで、北海道の大きな地震をニュースが伝えている。

 
次々に大きな自然災害が起こるものだ。この冬の豪雪や夏の猛暑といい、日本列島がおかしくなっているのを感じてしまう。被害が広がらないことを、ただ祈るばかりだ。

« 表象だけの維新賛美はどんなものか | トップページ | 悩みや困惑に振り回されないように »

VANちゃんの乗り鉄旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/67135200

この記事へのトラックバック一覧です: 1日ズレておれば大変なことだった:

« 表象だけの維新賛美はどんなものか | トップページ | 悩みや困惑に振り回されないように »