« 本当の一流は専門外にも強い | トップページ | P/Lは読めてもB/Sはねぇ(2) »

MGの原点に遡るということ

関東から東北沿岸をかすめて北上した台風13号が、東の海上に遠ざかったのも束の間、早くも次の14号が九州の南にやってきている。

 

今度の台風はいくらかまともな動きのようで、まずは北西に向かい、それから日本海に入ると偏西風に乗って、一気に東へ向かうらしい。

 

来週のお盆休みは、それほどの心配はなさそうだが、南の海上には「台風の赤ちゃん」が目白押しらしく、盆明け以降はその動きに気が抜けない。

 

何しろ20日からの週には大小の主催イベントが並んでいるので、台風などに襲われないことを祈るのみだ。遠方から来られる方も多いので、気懸かりなところ。

 

さて、先月の熊本セミナーなどから戻ってきて半月あまりは、おかげさまで充電の日々を過ごすことができた。その間に、MGの目指すところなどを改めて見直せたのはありがたかった。20171203_cfmg8


 

たまたま、地元の中堅企業から社員教育での相談をいただき、早速その資料を使ってMGに取り組んでいただく提案を行った。

 

MG(研修)が目指すところだけでなく、「教えない、教え合う、紙は自分で」の真の意味などについても、私なりに伝えることをマンダラを活用してまとめることができた。

 

これまでも、自分自身が主催・共催している研修の中では、概略的な講義をやってきているが、これからは今まで以上にしっかりと伝えていくことにしよう。

 

また、MG研修と脳力開発講座を車の両輪として解説してきたが、脳力開発が意識改革のきっかけづくり、MG研修がその実践訓練の場として位置づけようと考えている。

 

もちろん、本当の実践現場は仕事そのものだ。経営者は経営という現場で、社員さんはそれぞれの役割・職責の中で学んだことを活かし、実践していくことが大切だ。

 

さて、来週はお盆休みだが、週の後半からまたしばらくは仕事の遠征が続く。その前に、今週末は自分の学び、それも『NEWドン』をすることにしよう。

 

どこまで虚心坦懐に自分を見つめられるか、周りを見られるか、素直にを超えた「愚直」の心持ちを保てるかを確認しよう。

 

そこが本当に「原点」と呼べるところなのかも含めて、しっかりと肌体験してみるか。

« 本当の一流は専門外にも強い | トップページ | P/Lは読めてもB/Sはねぇ(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/67041797

この記事へのトラックバック一覧です: MGの原点に遡るということ:

« 本当の一流は専門外にも強い | トップページ | P/Lは読めてもB/Sはねぇ(2) »