無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

VAN研(ヴァンガード経営研究所)

フォト

他のアカウント

« MGの交流会は単なる呑み会ではない | トップページ | いつまでも価格競争で良いわけがない »

戦国随一の名軍師の子孫だったが

徳川慶喜についても私感を書いてみる。その前に鳥羽伏見の戦いだ。

 

幕末の戊辰の戦い、鳥羽伏見の戦いから後の慶喜の行動だけを見ていると、この人は果たして将軍の器だったのだろうかと首をかしげたくなる。

 

大坂から京都に向かった幕府軍は、そもそも討幕軍(薩摩を中心とした部隊)と正面戦になると考えていたのか。朝廷(新政府と呼んで良いかはやや疑問)に物申すだけの目的だったのか。

 

それでも、朝廷側よりも多い人数であったことは事実だし、おそらくそれほど大きな戦いにはならず都に入れると踏んでいたのではないかと推察する。

 

装備(兵の武器)の差がいろんな本に書かれているが、確かに小銃や大砲の類は若干劣っていたことは否めない。さりとて、薩摩軍がそれほど優秀な武器を揃えていたという事実はない。少なくとも差は僅かだったようだ。

 

大きな差があったのは、目的意識とさらに大きな問題点は将校の質と量だったと言える。つまり、前線指揮官の目的意識と、現場指揮官(中隊長や小隊長クラス)の質量が、圧倒的に負けていたのではないか。

 

先に述べたように、上京部隊の指揮官はあくまで京の都に入って、有力な兵力を背景に慶喜の意思(書状)を朝廷に届け、要求を呑ませることにあった。

 

もちろん、前線部隊は戦闘準備もしっかり整えていたことであろう。しかし、例えば斥候を出して相手の配備・展開状況をしっかりと確認していたであろうか。まさか、自分たちが進軍すれば、相手は道を譲るとでも考えたか。

 

前線部隊を率いていた指揮官は若年寄の竹中重固であった。部隊は密集隊形で進軍していったようだが、結果としてこれが大きな誤りであった。散開して(コの字形に)待ち構えている薩摩軍の真ん中に入り込んだのだった。

 

まさしく飛んで火に入る夏の虫、相手の3倍の兵力があったとしてもこれではひとたまりも無い。最初の一個中隊が撃破され、その後から突っ込んだ中隊も同じ憂き目に遭っている。

 

ちなみに竹中重固は、戦国随一の軍師と称された竹中半兵衛の子孫であるのだが。しかも兵をおいて前線の兵を置いたままで敗走するというていたらくであった。

 

なお、幕府軍の進軍のきっかけとなったのは、前回までに書いた江戸における薩摩藩が操った暴徒の乱暴狼藉であり、当初朝廷側もこの戦いは「薩摩と徳川との私闘」として傍観していたようだ。Photo

 

しかし、ここで黒幕の岩倉具視が倒幕とともに「錦の御旗」を強行に要求する。そしてついに錦旗が登場するのである。もっともこの錦旗は、長州の品川弥二郎が西陣の業者に作らせた間に合わせだったという。

 

それでもこの錦旗の影響は絶大だった。2日目の戦いは幕軍が数にものをいわせてやや押し気味だったのが、錦旗の登場で離脱する藩が続出、慶喜自身も朝敵になったことに大きな衝撃を受けた。

 

慶喜は水戸藩の出身(徳川斉昭の八男)、当然ながら幼少時より尊皇教育を受けてきた。朝廷に逆らうこと、逆賊になることなどとんでもないことだった。この時点で勝敗の行方は決したのだった。

« MGの交流会は単なる呑み会ではない | トップページ | いつまでも価格競争で良いわけがない »

「歴史と人間」ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/67080878

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国随一の名軍師の子孫だったが:

« MGの交流会は単なる呑み会ではない | トップページ | いつまでも価格競争で良いわけがない »