無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

VAN研(ヴァンガード経営研究所)

フォト

« 脳力開発講座とキャッシュフローMGセミナー | トップページ | あなたの会社の危機管理は機能したか? »

MG研修実施のお問い合わせについて

友だち追加 ←ヴァンガード経営研究所・LINE@フォロワー募集中

昨今、ホームページをご覧になってからのMG研修」依頼・問い合わせが増えてきています。先月来6HPからの問い合わせ、及び直接お電話をいただき、内2件はワンデー研修ですが日程も決定しました。

 

お問い合わせの先は企業様の他、公的機関あり、サークル・グループありと様々で、人数も10名くらいから30名くらいとこちらも色々です。

 

お問い合わせやオファーをいただくことは嬉しいことですが、私としては2日間のフルプログラムでの実施をぜひお勧めしています。

 

この2日間プログラム(西研MGジュニアコース)は、1976年以来40数年のMG史の中で、多くの人の手で体験と共に磨き上げられてきたものです。人間の脳力成長にも沿った素晴らしいプログラムです。20180707_132104

 

MGの概要や趣旨説明から始まって、第1期のシミュレーションでは、ゲームキットのツールを実際に動かしながら、仕入・製造・販売など一覧の企業活動を疑似体験し、その都度資金繰り表に記帳します。

 

そこから2種類の原価計算(全部原価と直接原価)での決算を自分の手で行い、そこに差が出ることを自分の目で確かめます。その過程で。BS/PLさらにはキャッシュフロー計算書(C/S)も作成します。

 

2期以降は同様にゲームと決算(直接原価)を行い、初日は第3期までで終了し、翌日は第4期と5期を行います。その間、経営計画や中間決算と損益分岐点の学びなどを行います。

 

時間に余裕があれば、戦略MQ会計をより深く掘り下げたり実際の企業事例を紹介できます。また利益感度分析やビジネスパワー分析など、オプションプログラムもやることが可能です。

 

ワンデーはその2日間で行うプログラムの一部を切り取るものですから、どうしても学ぶ側により大きな負担がかかります。時間的に無理があることもあり、要素を割愛しなければならいこともあります。

 

とくに初心者の方には負荷がきつく、とくに自力で計算して決算をしますので(だからこそ会計を徐々に体得できるのですが)、それがキツいということでMGもキツいというイメージになります。

 

講義にしても、ワンデーでは戦略MQ会計についての基本をざっと解説するのがやっとで、その応用などはほとんどお伝えすることができないでしょう。

 

そのために、面白さや大切な要素を肌で感じていただく前に終わってしまうことにもなります。それゆえに、これからMG研修を企画される皆さまには、ぜひ2日間の研修をご検討いただきたいのです。

 
また研修の日程ですが、土日については当ヴァンガード経営研究所(VAN研)主催・共催のMGが毎月12回全国のどこかで開講されており、私自身の西研MG受講参加もあって、今年はほとんど空きなしです。

 

来年も前半については、とくに土日はかなり埋まり始めています。幸いに平日は比較的宇日程をとることができますので、企業研修には平日がお勧めです。

 

私としてはMGが多くの企業や、学ぼうとする皆さんに広がっていくことは大いに嬉しいことですので、ご要望には積極的に協力をさせていただきます。

 

そのためにも、日程については36ヶ月の余裕をもってお尋ねをいただければ幸いです。

 

なお、研修料金につきましては規定料金をホームページに掲載していますが、それを目安に、あと開催地や人数によって改めて見積もりさせていただきます。お気軽にお尋ね下さい。

 

直通電話は、090-3333-4211です。また、ホームページの「問い合わせ」ページからもお尋ねいただけます。

« 脳力開発講座とキャッシュフローMGセミナー | トップページ | あなたの会社の危機管理は機能したか? »

MG&脳力開発・VAN研セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/66914615

この記事へのトラックバック一覧です: MG研修実施のお問い合わせについて:

« 脳力開発講座とキャッシュフローMGセミナー | トップページ | あなたの会社の危機管理は機能したか? »