« 価格競争の行く着くところは・・・ | トップページ | 嫌煙権と喫煙権、どちらに重みがあるかは自明の理 »

戦術は臨機応変を旨とする

<連載コラム(66)>

 戦略達成のための手段・方法、あるいは道具のことを戦術と呼びます。変動、流動する外部条件に対しては、柔軟な対応や対処が必要です。

 
 そうしなければ、すぐに行き詰まってしまうことでしょう。戦術は柔軟であることが求められますが、さりとて右往左往していてはいけません。

 
 戦略と戦術、これを「固定軸部」と「流動部」と言い換えてみますと、そのどちらもが欠かせないことが分かります。

 
 つまり前者は余り柔軟であっては困るのであり、しっかりと軸を整える訳ですが、さりとて永遠に固定しておくべきというわけもありません。

 
 また後者の方は、すべてコロコロと変えていけば良いというものでもありません。あくまで戦術は戦略の「軸」を取り巻く範囲内であり、そこから逸脱してはいけないのです。

 
 そこで決断(意思決定)です。決断は戦略レベルの決定であり、戦術レベルの決定は決断とはいいません。

 
 戦術は臨機応変を旨としており、これは「意志の確定」というよりも、単なる外的条件に対する対応に過ぎません。あるいは単なる具体的な計算です。

 
 MG
の中では、青チップも赤チップも黄チップも、その他ゲーム盤に入っているツールは全て戦術です。よって臨機応変、相手次第で流れによって切り替えることが必要です。

 
 それなのに、「虚仮の一徹」の如く固定的にやってしまうのは、どんなものでしょうか。

 20180615_141542

« 価格競争の行く着くところは・・・ | トップページ | 嫌煙権と喫煙権、どちらに重みがあるかは自明の理 »

連載「MGと脳力開発」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦術は臨機応変を旨とする:

« 価格競争の行く着くところは・・・ | トップページ | 嫌煙権と喫煙権、どちらに重みがあるかは自明の理 »