« 林大臣の日中ヨガ通いは完全にアウト | トップページ | 互いの努力で幸せになろうという企業文化を »

経営も多角度から考えることが大切


<連載コラム(53)>

「立場」ということについてもう少し。MGをやる目的の一つに、全員経営というものがありますが、それはみんなが経営者意識をもって考え実行していこうということと言われます。

 
 
 つまり、社員も経営者の立場に立ってということだろうと思いますが、実際にそれは可能なのでしょうか。実は脳力開発では、このように言っています。

 

 一つのある立場に立つという際には、その立場に関連している複数の立場にも立ってみて考えよということですよと。

 

 すなわち、販売やサービスを考える時にはいわゆる売り手だけでなく、買い手の立場も考えるのが良いといいますが、経営者の立場で考える時にも、それと同様に関連する色んな立場を考えるのが良いというのです。

 

 要は、1つの角度からだけ(例えば経営者の視点だけ)ではなく、色んな複数の角度や視点・観点から考える、具体的に意識するということです。

 

 一方向からだけ考えて、それだけで終ってしまうと間違いや誤りをしてしまうこともある、ぜひ多角度から考えることを身につけたいものです。

 

また、「具体的な」ということも非常に大切な視点です。中身が抽象的では、実際行動に結びついていきません。次回はこのことについて今少し深くアプローチして参ります。

Photo_3

« 林大臣の日中ヨガ通いは完全にアウト | トップページ | 互いの努力で幸せになろうという企業文化を »

連載「MGと脳力開発」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経営も多角度から考えることが大切:

« 林大臣の日中ヨガ通いは完全にアウト | トップページ | 互いの努力で幸せになろうという企業文化を »