« 互いの努力で幸せになろうという企業文化を | トップページ | 経営者よ、財務知識の『無さ』を解消しよう »

越後線が新潟駅起点でないのはなぜ?

今日は「旅日記」ではなく、ローカル線物語です。

 

我家の最寄り駅・小針駅は、JR東日本のローカル線である越後線の小駅です。新潟から数えて4駅目、所要時間は10数分です。越後線は単線ですが、小針は相対式2面2線の交換駅で日中も20分毎に運転されています。

 

業務委託駅でみどりの窓口もあり、朝の7時から19時半までは駅員が出札を行っています。南北両方に自動改札機(Suica対応)があり跨線橋連絡ですが、新潟側に新跨線橋とエレベータ設置工事が進んでいます。

 

越後線は海岸段丘砂丘の斜面を走っていて、小針駅もその南斜面に位置していて駅舎までは急な階段になっており、バリアフリー化を目指しているわけです。

 

さてその越後線は、新潟が起点駅ではなく柏崎駅が起点になっていて、新潟駅は終点になります。ですから時刻表でも、柏崎発(下り電車)が先のページに掲載されています。

 

越後線は最初は私鉄でした、1912年つまり大正元年の開業ですが、その時は白山駅と吉田駅間でした。白山駅も現在の駅とは異なる位置(現在駅の北側・鏡淵小学校の辺り)にありました。

 

その後柏崎駅側から建設が進み、翌年春に柏崎-白山間が全通しました。しかし、その先は信濃川に架橋しなければならず、資金不足で赤字が続く越後鉄道には実現は困難でした。

 

結局1927年に国有化され、戦前の1943年に信越本線の支線として貨物線が新潟から関屋まで建設され、この時に信濃川橋梁もできましたが、レールはつながったものの旅客営業は先送りされました。

 

ようやく戦後の1951年に、白山駅と関屋-白山間の線路が移設されて、新潟からの直通運転が開始されました。そんな経緯があったので柏崎が起点、新潟が終点になったわけです。

 

電化されたのは1984年、それまでは気動車列車(キハ17系、キハ20系、キハ30系)や通勤時には客車列車も運転されていました。

 

70年代に新潟大学の移転(五十嵐キャンパス)が始まり、また沿線の新潟寄りの住宅地化が進み、乗客が増えたこともあって電化が行われました。

 

ただ新潟から大学のある内野までと比べ、とくに中間の吉田より柏崎方面は過疎地を走りますので、その区間は簡易電化(低コストの直接吊架式)となり、最高時速も抑えられています。1151050_1702

 

実際、新潟から内野までは日中20分毎に比較的頻繁運転されていますが、内野から吉田までは1時間毎、吉田以遠は2~3時間運転されない時間帯もあります。

 

気動車時代は準急・急行列車が運転されたこともありましたが、現在は全て普通電車、2両でのワンマン運転も日中や夜間にありますが、通常は4両ないし6両運転で、朝のラッシュ時はけっこう混んでいます。

 

車両はE129系が増備されて主力になっていて、古参の115系は残り僅かになっています。湘南色や旧新潟色などが見られるのも、そう長くはないでしょう。E127系も数本運転されています。

 

なお、地図で見ると日本海沿いを走っているように見えますが、実際には海岸寄りの山の南側を走っていますので、海の見えるところはほとんどありません。

« 互いの努力で幸せになろうという企業文化を | トップページ | 経営者よ、財務知識の『無さ』を解消しよう »

VANちゃんの乗り鉄旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/66685647

この記事へのトラックバック一覧です: 越後線が新潟駅起点でないのはなぜ?:

« 互いの努力で幸せになろうという企業文化を | トップページ | 経営者よ、財務知識の『無さ』を解消しよう »