« 目立たない側が圧倒的多数 | トップページ | あなたの会社には戦略があるか!? »

晋作はいわゆるやんちゃ坊主

<反・薩長史観>

『おもしろき こともなき世を おもしろく』は、高杉晋作の辞世の句とされている。晩年の高杉を看病し、その死を看取った野村望東尼が、「すみなすものは心なりけり」とつけたと言われています。

 

これが慶応3年(1867年)春のことだが、その少し前から労咳(肺結核)に冒されていたという。27歳の死であったが、まさに幕末の世を一気に駆け抜けた生涯であった。

 

この高杉を顕彰したのは明治新政府、とりわけ長州閥の面々でなかでも伊藤博文が熱心であった。

 

高杉は松下村塾に通ったが、塾生の中では最も高い身分であったと言われる。過激な思想を持つ松陰を師とすることには父親が猛反対であり、何度か引き離されている。

 

高杉自身も松陰のあまりの過激な発言を制することもあり、やや距離を置いていたようではあるが、安政の大獄による処刑には衝撃を受け、次第に松陰の思想に傾倒していくようになったようだ。

 

だが、禁門の変に突入していった久坂玄瑞とは一線を画し、一時は藩政からは自ら身を引いて逼塞している。だが、時代が高杉を必要とするようになる。

 

関門海峡における攘夷の実行に対し、4カ国連合艦隊が下関を砲撃、砲台占拠などを行った後の和議交渉で、高杉は全権の役を担っている。

 

上海への渡航体験で見聞したことが買われたわけだが、その態度は交渉相手のひんしゅくを買ったのではないかと思われる。もっとも強い態度が、逆に効果をもたらしたとも評されている。

 

たとえば、イギリスが「彦島租借」を持ち出した際には、日本の歴史を披瀝して煙に巻いたとか威風堂々と反論した結果、租借を免れたとも言われるが、これが史実かどうかはハッキリ言って分からない。Photo

 

この明確に分からない(事実でない)ことが、薩長史観の中では「高杉の手柄」として主張されていること自体がまやかしといえるのではないか。

 

他にも、品川御殿山に建設中のイギリス公使館を焼き討ちした事件にも高杉は参加しているが、これは上海密航留学の後である。渡航体験で「正しい認識を得ていた」などと、どうして言えるのか?

 

第一次長州征伐のおりには、「功山寺の挙兵」を実行して結果として藩政を握ることになるが、確かに行動の人であろうとは言える。だが、奇兵隊の創設、初代総督は確かに高杉だが、すぐに手放さざるを得なくなっている。

 

功山寺挙兵でも、奇兵隊は最後にやっと動いたのであり、危ういところでの挙兵成功だった。

 

第二次長州征伐では、幕府海軍を撃退したり小倉城攻撃を成功しているが、これも当初から幕府側の志気が上がっていなかったことや、将軍家茂の死去による組織壊滅によるところが大きい。

 

また、幕府側から薩摩すなわち西郷が外れていたことが「勝利」につながったであろう。しかし、結局高杉は西郷と出会うことなくこの世を去る。西郷は高杉の「功績」など、知らなかったのではないか?

« 目立たない側が圧倒的多数 | トップページ | あなたの会社には戦略があるか!? »

歴史へのアプローチ(歴史私見)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/66643825

この記事へのトラックバック一覧です: 晋作はいわゆるやんちゃ坊主:

« 目立たない側が圧倒的多数 | トップページ | あなたの会社には戦略があるか!? »