無料ブログはココログ

« 晋作はいわゆるやんちゃ坊主 | トップページ | 落ち着けばどうってことはない »

2018年4月26日 (木)

あなたの会社には戦略があるか!?

あなたの会社には戦略があるか!

 

いきなり、唐突で申し訳ないのだけれど、最近は新しいサポート申込先・相談先の会社に伺うと、上のような質問を投げかけることにしている。

 

面談するお相手は、たいていの場合社長あるいは専務・常務といった経営幹部の方なのだが、瞬時に答を口にされるところはほとんど皆無と言って良い。

 

そこで、戦略って経営理念のことですよと申し上げると、何人かは少しホッとした顔をされる。完全にはイコールではないが、経営理念を作成しておられるなら「まずは及第」といったところだ。

 

この際、経営理念あるいは企業理念の中身はあまり問わないことにしよう。

 

社長と面談の後で、チャンスがあれば社員の方にも同じ問いかけをする。つまり、社員の方も経営理念をちゃんと頭に入れているかどうかを、チェックしてみるわけだ。

 

すぐに答が返ってくるとしたら、たいていの場合は毎朝朝礼をやっている。朝礼の場で理念の唱和をやっているから、新人社員でも頭に入ってくる。Photo

 

そこでちょっと意地悪な質問をしてみる。

 

理念を実現するために普段はどんなことをやっていますか?

 

これに対してもさっと答が返ってくる会社は、なかなかの会社だといえる。社員教育レベルも高いなと納得するわけだ。日常レベルで、無意識のレベルで理念実現の行動ができているということになる。

 

そうでない場合はどうか。たとえば、経営理念があるにもかかわらず答えられない場合は、まずは朝礼をやっていないのかなと考える。朝礼は社員教育の第一歩なので、教育レベルは低いなと感じるわけだ。

 

それから、理念については答えたが平生の行動が曖昧な場合は、二つのことを考える。一つは、理念が徹底されていないこと、そしてもう一つは具体性に乏しくて行動に結びついていないかということだ。

 

経営理念が抽象的な言葉だけだと、社員おのおのがそれぞれにイメージで動いてしまう可能性がある。動けばまだしも、具体的な行動に結びついていかないこともある。

 

そういったところまでキチンと思いをはせて、経営者は理念を策定しなければならない。誰もが納得し、その目標実現に向かうことができる、心が合わせられる、そこまで練り上げられて初めて「企業戦略」と胸が張れる。

 

改めてあなたの会社に問う、あなたの会社には戦略があるか、と。

« 晋作はいわゆるやんちゃ坊主 | トップページ | 落ち着けばどうってことはない »

小さな会社のマネジメント」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あなたの会社には戦略があるか!?:

« 晋作はいわゆるやんちゃ坊主 | トップページ | 落ち着けばどうってことはない »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28