無料ブログはココログ

« 落ち着けばどうってことはない | トップページ | ゴールデンウィークだそうだけど »

2018年4月28日 (土)

企業理念・経営理念は誰のものですか?

企業理念(経営理念・創業理念)は、企業の戦略であると書いてきました。正しくはイコールではなく、ニアリーイコールですが、実務としては同じ次元で捉えても支障はありませんでしょう。

 

要は、企業理念がないということは企業としての戦略がないということなのだと、知ってほしいわけです。戦略は方向性(脳力開発では「打撃の方向」といいます)ですから、無戦略はどこへ向かうかが決まっていないことです。

 

一人会社なら、経営者本人が迷ってウロウロするだけで済むかも知れませんが、それでも家族という存在がある場合が多いでしょう。ましてやパートナーや社員さんが一人でもいたら。

 

いずれにしても方向を明示しないと、たとえ自分だけが分かっていても周りはどちらに向かっていいのか分からず、力の集中ということからは大きなマイナスになってしまいます。

 

また、経営者自身も周りの人たちが自分の思いと違う方向に動いてしまったら困るでしょう。怒鳴ったり怒ったり、嘆いてみたりと、マイナスの行動しか生まれてきません。

 

というわけで、企業理念が必要であり大切であることは、理解していただいたと思います。

 

さて、企業理念ができた、あるいはすでにあるよという企業の経営者の方に質問です。その企業理念・経営理念は、誰のものですか?

 

企業理念は企業のもの、そりゃあそうでしょうね。経営者のもの、確かに。社員さんのもの、そうかも知れない。他には? そうだ、会社を取り巻くみんなのものだ。じゃぁ、みんなって誰なの?Photo

 

まぁ、いいでしょう。捉え方によって、いろいろに考えられますので。

 

では、実際に会社の中で仕事をしているのは経営者と経営幹部、社員さんだとして、経営者のものであることは間違いないですね、だって、社長さん、あなた自身が創ったか前任者たちから引き継いだのですから。

 

だとして、社員さんのものになっているかってことなんですよ。大丈夫だよ、うちの会社では毎日朝礼で理念を唱和しているし、社員もみんなソラで言えるから。

 

中には、社員さんも参画して「理念づくり」を推進し、企業理念を作った会社もあることでしょう。みんなで作ったのだから「みんなのもの」だ、、、と思っているのは、もしかしたら経営者・社長一人なのかも。

 

もしそうだとしたら、どうします? 大丈夫、当社ではみんなで企業理念を作ったし、その後の細かい行動指針作りにも部課長に参加してもらった。部署別にミーティングや説明会をやって徹底に努めた。

 

そういう会社もありますね、でも第三者である私が訪問して(密かに)聞いてみると、社長が考えているほどには分かっていない、つまり社員さんのものになってはいないということが分かるのです。

 

ありゃぁ、困りましたね、どうします? で、ここからの回答は『有料』ですから。私も経営コンサルタントを業としているのですからね(笑)。それではまた。

« 落ち着けばどうってことはない | トップページ | ゴールデンウィークだそうだけど »

小さな会社のマネジメント」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 企業理念・経営理念は誰のものですか?:

« 落ち着けばどうってことはない | トップページ | ゴールデンウィークだそうだけど »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28