無料ブログはココログ

« 上越MGの第2回開催が決まりました | トップページ | 本日は仕事もブログもお休みです »

2018年3月20日 (火)

価値追求に向かうことの意味

<連載コラム㊵>

さて、脳力開発の本論に戻ります。社会的価値追求ということについて、書いていくところで少々脱線してしまいました。

 
 
 人間にとって、書物の中の理屈や言葉の上の理論よりも、本来の素直な基本感情において、そして他人の言に振り回されることなく自分自身の本心において、最も納得のいく「境地」の裏付けがこの社会的価値追求という土台です。

 
 
 満足感が高く、また安定感のある価値追求であり、人間が最も普遍的に本来的に備えている、根源の生命感情であると言ってよいでしょう。

 
 
 この価値追求に向かう時にこそ、毎日毎日の自分の活動に、充実した情熱や高度の信念に裏打ちされた「生きがい」を感ずることができます。

 

そしてこの時にこそ、脳力は最高に発揮されることになり、深く大きい知恵がわいてくるという結果になります。

 
 
 MGを会社に導入し、社員と共に「良い会社」に発展させていくということも、その究極の目標が正しいものであれば、まさにこの価値追求であるということができるはずです。

 

 それは単なる利益の増大だとかで終わるものではなく、例えば「社員を大切にする会社になる」といった、本質的目標であるべきでしょう。

20180316_132543

« 上越MGの第2回開催が決まりました | トップページ | 本日は仕事もブログもお休みです »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 価値追求に向かうことの意味:

« 上越MGの第2回開催が決まりました | トップページ | 本日は仕事もブログもお休みです »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28