無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

VAN研(ヴァンガード経営研究所)

フォト

« マシントラブルもプラス思考で乗り越え | トップページ | 嵐の中のフライト前に »

薩長同盟のウソと逃げの小五郎

さて、桂小五郎である。池田屋事件で、現場から早めに「消えていた」ために命を長らえることになったことは、前々回に書いた。それらを含めて『逃げの小五郎』という異名をとった。

 

維新の三傑の中ではただ一人、畳の上で死んでいる。京都三本木の芸妓幾松との出会い、そして彼女は桂の逃亡生活を助け、やがて妻(木戸松子)となり死を看取っている。

 

幼少の頃に名門桂家の養子になり、幕末の志士と言われる人物の中では比較的高い身分だ。藩校明倫館で学んだ時に吉田松陰と出会うが、松下村塾で学んだことはない。つまり松陰門下生ではない。

 

しかし、松陰の思想には大いに共鳴し、その後は久坂玄瑞や高杉晋作らと共に過激な攘夷派として行動している。確か映画の「鞍馬天狗」の中でも度々登場している、もちろん正義の志士としてだが。Photo

 

下関での外国船打ち払いに際しては、高杉と共に久坂に批判的だったが、積極的な反対行動はとっていない。このあたりが高杉とは違うところで、あくまで思想家という片鱗が見られる。

 

八月一八日の政変後も京都に潜入したまま、朝廷内の長州シンパの公家たちと連絡を取り合い復権を目指すも、禁門の変で水泡に帰す。

 

もっともこの頃にはすでに京都を脱出し、但馬の出石に逃亡していた。第一次長州征伐後、保守政権を倒した高杉らが長州藩の主流になると、呼び返されて政権の中枢につくことになった。

 

そういう意味では幸運な男である。剣術の達人というが、彼自身が剣を抜いたことはほとんどないらしい。しかしおそらく、過激派の天誅の裏には桂の影がチラチラしている。

 

藩に戻った桂は、武備恭順の姿勢を貫くと共に、新式兵器を購入して兵制改革を進めていく。実際の推進に当たったのは村田蔵六、のちの大村益次郎らしい。

 

そして有名な「薩長同盟」を結ぶのだが、この同盟は果たしてきちんとした同盟であったのかは、多くの史家が疑問を投げかけている。

 

私は専門家ではないので分からないが、少なくとも口約束に毛が生えたくらいのものではないかと思っている。坂本龍馬の活躍も有名だが、龍馬がそれほど重要な役目だったとは思えない。

 

龍馬は、長州と薩摩すなわち桂と西郷の間の口約束を「確認書」の形にしたものに、第三者として署名しただけだろう。それも龍馬という重要人物ではなく、イギリスあるいはグラバーの代理人としての役割ではないか。

 

ただ、これを機に薩長が合同して倒幕に向かったことは間違いなく、まぁ同盟らしきものは同意されていたのだろう。これ以降は、いよいよ西郷の出番である。

 

つまりは理論派の桂ではなく、行動派の西郷が表舞台に出てくるのだ。行動派というが、西郷はあくまで暴力革命いや政権奪取を目指したのだ。

 

これは史実だ。どうきれいに飾ろうとも、西郷は「敬天愛人」などという高邁な思想があったとは思えない。

« マシントラブルもプラス思考で乗り越え | トップページ | 嵐の中のフライト前に »

歴史へのアプローチ(歴史私見)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/66446283

この記事へのトラックバック一覧です: 薩長同盟のウソと逃げの小五郎:

« マシントラブルもプラス思考で乗り越え | トップページ | 嵐の中のフライト前に »