無料ブログはココログ

« 嵐の中のフライト前に | トップページ | 自社の資金繰りが正しく見えていますか »

2018年3月 3日 (土)

「グロスキャッシュフロー」をご存じですか?

今日33日は上巳の節句、桃の節句あるいは雛祭りともいいますね。

 

55日は端午の節句なので、間にある44日を「ハーフの節句」なんて呼んでいるそうです。

 

それはそれとして、今年の神戸でのキャッシュフローMGCFMG幕開けです。東京はすでに1月にスタートしていますが、神戸でも3ヶ月おきに年4回の開催を予定しています。

 

その他関西では6月に大阪での開催、さらに他にもやってみたいという声があがっていますので、皆さんに学んでいただけるチャンスもさらに増えそうです。

 

CFMGは、通常のMGMQ戦略ゲーム)に売掛・買掛という信用取引の要素を加味したものです。使用する用紙やルールなど基本は同じです。

 

CFMGは私のオリジナルではなく、30年前の1988年に名古屋の横田真さんが考案された、CF-STRAC(キャッシュフロー戦略会計)を学ぶためのものです。

 

西研MGの一つの形として広がり、MGフェスティバル等でも公開開催されました。90年代半ば以後は諸事情もあり、しばらく公開MGとしては開催されていませんでした。

 

それをとっても残念に思いましたので、2010年頃に西先生(MG開発者)に「復活」を打診し、私が言い出しっぺで再開することになったわけです。

 

上場企業では財務諸表の中にキャッシュフロー計算書を含むことが義務づけされていますが、中小企業でも作成が当たり前になっています。Photo

 

ところが、正しく読める人はほとんどいません。それは、財務諸表で作られているキャッシュフロー計算書では、経営(判断と意思決定)の役には立たないからです。

 

おそらく多くの経営者がキャッシュフロー計算書を見ても、それがどういう意味を持っていて、今後の経営に中でどうしたらよいかという答を出せないからでしょう。つまり役に立たないのです。

 

CFMGでは、分かりやすいCF-STRACという形に置き換えて、その意味するところ、すなわち本質を学んでいただきます。なにしろ、通常のMGと同様に自分で作成するのですから。

 

その中で、例えばグロスCFです。経常利益あるいは当期利益に減価償却費をプラスしただけのものですが、これが何を意味しているかおわかりですか?

 

銀行があなたの会社にお金を貸すかどうか、その第一関門がこのグロスCFです。赤字会社でも、グロスCFがプラスなら・・・といったことを学び取っていくのです。

 

そのほかにもCFMGから学んで実務の中に活かすことは、たくさんあります。すでにCFMGの中からヒントを得て、経営に活かされた事例がいくつも出てきています。

 

あなたもぜひ、各地のCFMGの中で学んで「良い会社」を実現していきませんか。

« 嵐の中のフライト前に | トップページ | 自社の資金繰りが正しく見えていますか »

MG 脳力開発 戦略経営」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「グロスキャッシュフロー」をご存じですか?:

« 嵐の中のフライト前に | トップページ | 自社の資金繰りが正しく見えていますか »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28