« 「LINE@」にチャレンジします | トップページ | 反薩長史観・池田屋事件から見えること »

進歩発展を目指す姿勢の根本は戦略

<連載コラム㉛>

目的(目標)意識というのは、脳力開発の指針その2である「進歩発展を目指す姿勢」と、一体関係にあります。

 

進歩発展の成果をより積極的に、より確実に産んでいくためには、目的・目標をいつでもしっかり確立し、明確にしていく習慣が不可欠です。

 

この目的・目標を、厳密には少し違いますが「戦略」と言います。戦略を確立した際に、「そう決めたんだ!!」という決心(意志確定、覚悟)を、いちいち自らに確認していくことの繰り返しが要となります。何度も何度も、意識付けを繰り返すことが大事なことなのです。

201302

MGにおいても、最初に決心した今日の目標を、色んな場面で確認して意識付けを強めることをやっておられますか?

 

実際にゲームが始まると、状況の変化によって途中で諦めてしまい、まぁいいやと投げ出してしまってはいないでしょうか。「原点に返れ」とはこういうことを言うのかもしれません。

 

こんな時に大切なのは、実は自分自身の言葉やイメージです。うっかり口をついて出る嘆きの言葉、思い通りにいかずについてしまうため息、リスクカードを引いて思わずイヤだと叫んでしまっていたり。

 

ところが、そういう言葉やイメージが気分や体に影響を与えていることに、意外と気が付いていないものなのです。

« 「LINE@」にチャレンジします | トップページ | 反薩長史観・池田屋事件から見えること »

連載「MGと脳力開発」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 進歩発展を目指す姿勢の根本は戦略:

« 「LINE@」にチャレンジします | トップページ | 反薩長史観・池田屋事件から見えること »