« 進歩発展を目指す姿勢の根本は戦略 | トップページ | 明元素の「素直に」を実践する »

反薩長史観・池田屋事件から見えること

池田屋事件というと、新撰組が「起こした」テロ事件だと教科書的には教えられましたが、その真相は真逆に近いものであったことは、すでに正しい歴史として語られています。

 

この事件には伏線がありました。池田屋事件は元治元年(1864年)6月(旧暦)のことですが、その1年前の文久3年に「八月十八日の政変」が起きています。

 

八月十八日の政変は、京都在住の会津藩と薩摩藩を中心とした公武合体派が、尊王攘夷の核となっていた長州藩と朝廷内の急進派公家たちを、京都から武威を持って追放した事件です。

 

政変の前には、長州藩による攘夷の実行(アメリカ商船などへの発砲)があり、外国からの報復攻撃を受けた長州藩が他の藩にも攘夷実行を迫り、尊攘派公家たちが天皇の大和行幸を企画します。

 

これを良しとしない会津藩と薩摩藩が諸藩にも呼びかけ、孝明天皇の了承を得て政変を実行したわけです。これにより長州藩士の多くは帰郷を余儀なくされます。

 

さらに過激派の公家たちも朝廷、さらに京都を追われ「七卿落ち」として長州へ下ります。この事態に長州藩の急進派は激高し、京都奪回を目指すことに血道を上げます。

Photo

久坂玄瑞も、もちろんその中の中心人物として動くことになります。

 

ところで、この政変によっても桂小五郎など一部の長州藩士や、尊攘・過激派の志士たちはまだ京都に潜伏し、巻き返しの機会を狙って「地下での動き」を強めます。

 

そしてついに、とんでもない計画を立て実行しようとするのです。なんと、祇園祭前の風の強い日に御所を焼き打ちし、混乱に乗じて孝明天皇を拉致して長州に連れて行くというものです。

 

この計画を見ても、「勤王の志士たち」が尊王だとまだ唱えることができますか?すでに武器や火薬などは、潜伏先に蓄えられ始めていました。

 

その潜伏先の住人であった古高俊太郎を新撰組が捕獲し、激しい拷問を加えてこのとんでもない計画の自白に追い込みます。その実行打ち合わせが行われる日も特定します。

 

しかし、どこで打ち合わせが行われるかがはっきりせず、新撰組の近藤勇(局長)は隊士を二つに分け、近藤自身が率いた10名ほどが池田屋に踏み込みます。

 

2階にいた過激派志士たち20余名に向かって斬り込んだのは、近藤たち4名とされています。逃げ出す者が多かったようですが、当然ながら激しい斬り合いになったのは言うまでもありません。

 

松陰門下の四傑の一人だった吉田稔麿も命を落とします。この時斬られた志士たちは後に新政府から「殉難七士」と呼ばれますが、とんでもないテロを実行しようとした彼らをですか!?

 

これをもってしても、薩長史観の欺瞞性が分かるでしょう。どうみても新撰組の方が正義であり、志士たちの方が悪者であるとしか思えませんがいかが。

 

なお、桂小五郎は事件が起こる前にさっさと逃げ出しており、その後京都にしばらく潜伏して後、芸者幾松とともに但馬の出石に逃亡していきます。

 

この事件に、久坂たちはさらに激しい怒りを爆発させますが、どちらに非があるのかハッキリしていますから、久坂もまた尊皇ではないと断言できるのです。

 

次はいよいよ禁門の変(蛤御門の変)です。

« 進歩発展を目指す姿勢の根本は戦略 | トップページ | 明元素の「素直に」を実践する »

歴史へのアプローチ(歴史私見)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/66394246

この記事へのトラックバック一覧です: 反薩長史観・池田屋事件から見えること:

« 進歩発展を目指す姿勢の根本は戦略 | トップページ | 明元素の「素直に」を実践する »