« MGでも環境や条件のせいにしてはいけない | トップページ | 「戦略を創る」のは経営者の仕事 »

反薩長史観・池田屋事件前夜の京都

尊王攘夷といいますが、これは本来別物であって一体ではありません。尊王ということについて考えてみれば、日本(人)は古代からずっと尊王であり、江戸幕府もまたその一線を守っています。

 

自ら天皇になろうとすることが「反尊王」であるとすれば、明らかなのは足利義満と、もしかしたら織田信長くらいでしょうか。弓削道鏡は自ら目指したかどうか、孝謙天皇がそれを望んだのか微妙なところです。

 

徳川将軍は、たしかに公家諸法度などで朝廷を圧迫はしましたが、政権自体は天皇から委嘱されたものでしたし、言うなれば公武合体に常に心を配っていたといえます。

 

一方攘夷は、外敵を排除しようという思想であり施策ですが、開国することと矛盾するものではありません。幕府の官僚たちは諸外国事情を誰よりもよく知っており、武力による攘夷が危険なことを知っていました。

 

それでも、相手(諸外国)が我が国を侵害しようとするならそれは排除する(戦う)、そのためには富国強兵や兵制の近代化をすぐにもやらなければならないと考えていました。

 

孝明天皇のお考えも、根底には夷狄(外国人)嫌いがありましたが、あくまで平和的にということであったと思います。また、外国との交渉を含めて政治向きは幕府に委任しているという根本発想です。

 

ところが、京都市中で「勤王の志士」と名乗る暗殺屋たちが跋扈し、次々に血祭りに上げていく様子をみて大半の公家たちは怖じ気づいてしまいます。

 

その中で声を大きくしていったのが攘夷派の公家たちです。その代表が三条実美(写真)であり、それを後押ししたのが久坂玄瑞をはじめとする長州藩士たちでした。

Photo

三条たちは次々に天皇に諮ることなく勅(偽勅)を乱発し、志士と名乗るテロシストたちはその偽勅をネタに過激行動を繰り返していきます。

 

何しろ当時の京都においては、京都守護職である会津藩士の武力が幕府側最大のものでしたが、一方の長州藩の勢力は他藩の過激派を含めるとそれを遙かに超えるものでした。

 

その武力を背景に、久坂たちはどっちつかずの公家たちを圧迫し続け、さらに過激な行動を繰り広げていったわけです。図に乗っていたといってもいいでしょう。

 

ところがこの長州藩士たちが、今日の町衆には意外と人気があったのです。それは彼らが花街でお金を落としてくれたからといわれています。それに比して会津藩士は堅物で、あまり遊び歩かない。

 

では島原などで遊ぶことの多かった新撰組の方はどうか、こちらも一部の乱暴狼藉者を除けば、決して嫌われてはいなかったようです。

 

話が横にそれました。いよいよ「池田屋事件」前夜です。

 

この事件の背景とされる事実を見れば、いかに長州藩士を主とした志士たちが無茶苦茶であり、尊王を標榜しながらその実は真逆であったことが証明されます。

 

明治新政府が、この事件を新撰組という暗殺集団による、有能で前途ある志士たちへの殺戮だった、と定義した理由がわかるというものです。

 

その中心人物は木戸孝允、すなわち事件当時の桂小五郎ですが、桂自身はうまく逃げおおせます。では、次回は池田屋事件の経緯を正しく見ていきましょう。

« MGでも環境や条件のせいにしてはいけない | トップページ | 「戦略を創る」のは経営者の仕事 »

歴史へのアプローチ(歴史私見)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/66357216

この記事へのトラックバック一覧です: 反薩長史観・池田屋事件前夜の京都:

« MGでも環境や条件のせいにしてはいけない | トップページ | 「戦略を創る」のは経営者の仕事 »